異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

進化と神化①

 俺達は旅の資金集めのためにギルドに通いつめ、1日にクエストをいくつも受けていた。
 いつの間にか周りの冒険者から『黒のパーティー』などと呼ばれるようになっていた。
 俺はともかくベルのレベルも順調に上がっていっていた。

 旅立ちを決めてから約1ヶ月ほど経っていた。
 今日もいつものようにクエストを2つほど済ませてから家で晩飯を食べていた。
 「ベル、お前今ステ値どれくらいだ?」
 「まぁ結構上がったよ、ほら」
 そう言ってステカを差し出してきた。


 <冒険者名:ベル・アークス>
 冒険者ランク«B»
 レベル:38
 職業:主婦  冒険ジョブ:弓師
 称号:恋する乙女/裏切りの子
 攻撃:3950  防御:3200  魔力:33680
 魔攻撃:24500  魔防御:ーーー
 敏捷:3700  力:2600
 クエスト受注数:52  クエスト達成数:51
 モンスター討伐数:327


 魔法関係はともかく結構ほかのステ値も底上げされてるな。
 俺のステカもベルに見せるようにいわれたので久しぶりに俺もステータスを見てみることにした。
 あの脳内アナウンスが響いてもお金稼ぎメインだったからほとんどステータスを見ていなかった。
 どうせ元からバケモノステータスだからな…。


 名前:アオイ  種族:人間?  性別:男
 レベル:85
 職業:森の主/武闘剣士
 称号:怖い人/森の支配者/自重知らず/災悪/覗き魔/破壊人
 攻撃:56790  防御:52670  魔力:48680
 魔攻撃:35090  魔防御:ーーー
 敏捷:64580  力:25860  魅力:9500
 運:-500
 状態:呪い
 流派:自己流派
 スキル: 威圧/未来予知/ルート分析/罠捜索/文章理解/全記憶/透視/千里眼/幻惑/神速/索敵/咆哮/フレアドライブ/テレパス/みきり/隠密
 固有スキル:神眼
 耐性スキル:衝撃耐性/苦痛耐性/毒耐性/魔法超耐性
 魔法:火属性魔法«超級»/木属性魔法«超級»/土属性魔法«中級»/生活魔法:浮遊/空間魔法:転移
 装備:牙狼丸/狼王のコート/狼王のブーツ/炎火の指輪
 所持金:35460z


 わ〜チートやべぇ〜…。
 まぁ戦闘になった時毎回<神眼>発動させてたらそうなるか…。
 とにかく確認していこう。
 職業が武闘家から武闘家剣士になってんな。まぁ武士道スタイルで剣と拳なんでもありで戦ってたからな。
 次は称号だ。とっても失礼な事が書かれてるんだが…。

 称号<破壊人>…世界を破壊できるほどの強さを身につけたものに送られる称号。すみません、なんでもしますから…。

 やるわけねぇだろ。そろそろ世界が俺に恐怖してるようだからこれからは<神眼>はあまり使わないようにしよう。
 この俺にかけられた呪いはいつになったら解けるんだよ。教会みたいなところじゃないと無理なのか…?旅の途中でいろいろ探してみるか。
 次はスキルだ。

 スキル<隠密>…自分の気配を完璧に断ち、他人に気づかれることなく行動できる。

 これは盗賊退治のクエストの時に一人の盗賊からもらったスキルだ。
 てゆうか、スキルが多すぎて見にくくなったな…どうにか出来んか…?
 『ステータス欄の整理を開始します』
 脳内にいつもの声が響いた。それからほんの数秒後にもう一回。
 『ステータス欄の整理が完了しました』
 チートバンザイ!!!
 もう一度ステータス画面を見てみると<神眼>の付属スキルがスキル欄から消えていた。
 だいぶこれでも見やすくなった。
 魔法はベルのと後、モンスターのやつを習得しました。

 ベルが半分呆れていた。
 「アオイ…強すぎでしょ…」
 「ベルもなかなかだけどな…そのレベルでその魔力量ならなんでもできるじゃんか」
 「てゆうか、アオイのステータスどうなってるの?普通Lv85でも1万ちょっとのステ値のはずだけど…」
 「俺の固有スキルのおかげだからな」
 そして俺は<神眼>の効果の説明をベルにした。どうせこれからも長い付き合いになるだらうし次期にバレてたからな。

 ひと通り話し終えるとベルは言葉を失っていた。だろうな…。
 「神の眼…聞いた事もない……」
 「まぁそういうわけだから俺のステータスはバケモノなんだよ」
 そして無理やり話を終わらせてその日は就寝した。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く