異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

旅立ち②

 俺達は一旦家に帰ってきていた。何やらベルが俺に話があるようだ。
 家に着くやいなやベルは洗面台の鏡に手を触れ自分の姿を確認した。
 この鏡は«鮮明鏡せんめいきょう»といっていわゆる魔法道具というやつだ。手で触れて魔力を流し込むと鏡のような役割を果たす道具だ。流す魔力の量によって鮮明度が変わる。ごく一般的な家具みたいなものだ。
 それを使っていろんな角度から自分の顔を見ては驚いたりニッコリと笑ったりしていた。
 「なんだか嬉しそうだな、ベル」
 そう聞くとベルが鏡を見ながら答えた。
 「嬉しいっていうか、驚きの方が大きいかなぁ…だってこれが元々本来の私なんでしょ?」
 「まぁそういう事だろうな」
 「だから17年間見慣れた顔から急にこの顔になったのがまだ信じられなくてね」
 「まぁまだ封印解いたばっかだからな…次期に実感湧いてくるだろ」
 「そうだね!」
 ベルがニッコリと笑いながらこっちに振り返り言ってきた。この笑顔は間違えようのないベルのものだった。

 しばらくして俺達はこれからの話を始めた。
 どうやらベルは昔からこの村を出ていろいろな街を転々としながら冒険をしてみたかったらしい。
 「でもそうなると精霊エルフ族と会う確率が上がるんじゃねぇか?お前はあくまでも狙われてるんだぞ?」
 「分かってるよ〜…でも私強くなったよ?たぶんアオイよりもね?」
 ニッコリ笑って言ってきた。
 「ベルが俺より?」
 「うん!アオイのステカ見せてよ」
 どーする…正直に言うか。これから一緒に旅をするから知らせといた方がいいのか。
 「わかったよ。見せてやるよ」
 俺はベルにステカを差し出した。


 <冒険者名:アオイ>
 冒険者ランク«S»
 レベル:82
 職業:森の主  冒険ジョブ:武闘家
 称号:怖い人/森の支配者/自重知らず/災悪/覗き魔
 攻撃:21410  防御:21180  魔力:15960
 魔攻撃:17060  魔防御:16860
 敏捷びんしょう:22180  力:16960
 クエスト受注数:1  クエスト達成数:0
 モンスター討伐数:1


 久しぶりに自分のステータスを見たけど結構上がってるな。
 ベルがステカを見て言葉を失った。
 「アオイ…って…何者?」
 「傷つくな〜…普通の人間だよ〜」
 そろそろ自分でも疑い始めそうになる…。

 その時頭の中に声が響いた。
 『これからの事で悩んでるようじゃの…ならばひとつ提案があるんじゃが聞いてみんか?』
 カメルの声だった。あの人は本当になんでもお見通しだな。
 俺も<テレパス>を使ってベルとカメルに聞こえるように言う。
 『提案?言ってみてください』
 「アオイすごい!村長と同じ事ができるの!」
 「まぁな…とにかく村長の話を聞いてみようぜ」
 『その提案というのはじゃの…エルフの村に行ってみてはどーかの…?というものじゃ』
 「「エルフの村!?」」
 あまりに予想外すぎる提案に声を上げる。
 『待ってください!ベルはエルフ族に狙われているんですよね!?わざわざ敵地に乗り込むとか正気の沙汰じゃない!』
 『まぁ待ちなさい。行く理由としてはわしの妻、ベルの祖母に会ってみる価値があるという事じゃ』
 『ベルの祖母に…?』
 『そうじゃ…自分の孫娘じゃ、いろいろベルの両親のことも快く話してくれるじゃろ』
 「行きたい…」
 ベルが声をもらした。
 「ベル…本当にいいのか?」
 「うん…だって知りたいもん!もっと!ママ達のこと!」
 『決まりじゃな』  『はい』
 返事をすると急に視界を強い光が包んだ。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く