異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

決意②

 とりあえず簡単な刺身を作ることにした。
 この世界の料理はあっちの世界と比べると難しくなっている。
 それぞれの素材の利点・欠点がしっかりとしていて組み合わせがひとつ違えば猛毒にもなり、はたまた絶品の料理にも変化する。
 「結構難しいな…」
 <料理>があるからといってもさすがに創作料理には結構な集中力を使う。
 今は冷蔵庫のようなものに入っていた小さい魚を捌いていた。魚といっても牙が普通に生えているモンスターだ。
 このモンスターの中身がどうなっているかは<料理>を習得した時に知識として頭の中に入ってきた。

 捌き終えたところでベルが寝室から出てきた。装備を外して家着に戻っていた。
 「おぉ、ベル。今日は俺がごちそうする番だぜ」
 明るく呼びかけた。しんみりした様子でいるとさらに思い出させてしまうからな。
 ベルが目を見開いて俺のもとにトコトコゆっくり近寄ってきた。

 ーーーーポフッ

 ベルが何も言わずに料理中の俺の背中に優しく抱きついて頭をうめてきた。
 ヤバいヤバいヤバいヤバいヤヴァイ!!!
 友達いない歴=年齢のこの俺にその行為はさすがにキツいです!ベルさん!!
 「べ…ベル…?」
 なんとか震える声でベルに呼びかけるが反応がない…!
 ホントにヤヴァイって!!理性が!理性が全部もってかれるぅぅぅう!!!
 「アオイは……」
 急なベルの声に俺の思考は一瞬にして全てシャットダウンされた。
 「アオイは…どこにも行かないよね…?」
 辛いだろうな…。こんな時、どう励ましてやればいいのか…友達いない歴=年齢の俺には到底理解できるわけがない…。
 「俺は…」
 でも、それだからこそ正直な気持ちをぶつけるしかなかった。
 「俺はずっとお前のそばにいる…絶対に…」
 「…………」
 何も言わないままのベルに俺は続けた。
 「どんなに嬉しい時でも、どんなに辛い時でも…俺はお前のそばにいる。例えお前が周りから命を狙われていても、俺は命をかけてお前を守り抜く…それが俺の決意だ」
 「…………」
 「だからお前は安心して自分の事と向き合えばいい…いつものように明るく笑顔を振りまいていてくれればいい」
 何も言わずにベルが頷くのが背中越しでも分かった。
 そして俺はベルに抱きつかれながらも料理を続行した。

 料理が完成した俺はベルを椅子に座らせて食事を始めた。
 しかし、ベルはいっこうに食べようとはしなかった。
 「ベル?食べないのか?」
 初めて見る料理に驚いているのだろうか…いや、そんな様子ではなかった。
 何やらしゅんとしていた。
 「ベル?どーした?具合でも悪いのか?」
 そう言いながらベルの横に座り込んで顔をのぞき込んだ。
 何やら口を開けていた。
 「……どーした…?」
 「………ん」
 料理と俺を交互に見ながら口を開けながら声をもらした。
 まさか………。
 「あーんを…しろと…?」

 ーーーーコク

 なんでやぁァァァァァァァァァ!!!
 こいつ本当にベルなのか!?いつものベルちゃんこんなこと言わないよ!??
 「……ん………ん…」
 顎をクイクイしながら指示してくる…。
 「いやいや、さすがに無理だろ…」
 そう言うと思いっきりしゅんとした顔になってしまった…。
 マジかよ………。
 結局、理性を必死に保ちながらあーんをしてあげました…。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く