異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

結果③

 時は戻って現在ーーー
 俺達と男達4人組は距離を取り、互いに睨み合っていた。
 そして大剣の男が口を開いた。
 「どーやってここが分かったか知らねぇが、こうなっちゃ二人同時にぶち殺してやる」
 それを聞いて思わず笑いがこぼれた。
 「な…なにがおかしい!?」
 慌てて大剣の男が叫ぶが俺はそれを軽く聞き流してベルに視線を向ける。
 ベルはビクッとさせて俺の方を向き返してきた。
 「???………ベル?」
 この時ふと男達のある言葉がベルの脳裏によぎった。
 (「ベルちゃん?…君…アオイ君の事、好きでしょ?」)
 シュ〜〜〜〜
 ベルが蒸気音と共に顔を赤くしてゆっくり視線を逸らした。
 「お、おい…ベル?どーした?」
 戸惑いながらも俺はベルが武器を持っていないのに気づいた。
 そして俺は男達の方に向き直り問う。
 「お前ら、ベルの武器を返してもらおうか」
 男達の中の一人がアイテムストレージからベルの弓を取りだして不気味な笑みを浮かべていた。
 「これが欲しかったらしっかり大人しくしてろ」
 有利にたったと思い不気味な笑みのまま挑発してきた。まるで優位になったかのように…。

 俺はひとつ大きな深呼吸をしてから男達の方に向き直り<神眼>を発動させた。そしてそれと同時に<威圧>を発動させた。
 発動したと同時に男達の動きが止まった。
 「な…なんだ!?」
 「体が…動かねぇ…!」
 男達の言葉を気にも止めずにベルの弓を取るためにゆっくりと近づいていった。
 男の前に来ると必死に抵抗する男を嘲笑うかのようにゆっくりと弓を取った。
 そのままベルを連れて洞穴を後にした。
 洞穴を出る時にベルが「ほっといていいの?」と何度も聞いてきたが「ほっといていいの」の一本張りで貫き通した。
 そのまま俺達は楽しく話しながら歩いて『コルベ村』へと向かった。

 時間でいうと1時間ちょっとかかって俺達は『コルベ村』に到着した。そして村の衛兵に事情を説明して捕らえてもらうように説得した。
 無事に説得が成功した時にベルが不思議そうに聞いてきた。
 「アオイ…<威圧>が解けて逃げ出すっていうことはないの?時間もそこそこ経ってるし」
 「それは心配ないよ。なんせ俺の補佐役がいるからね」
 首を傾げるベルを視界の隅に入れながら、今頃数百体の«クレーバーモンキー»が男達を囲んでいる様子を思い浮かべて笑みがこぼれる。
 «クレーバーモンキー»の平均レベルは約95だ。俺でも大軍で来られたらさすがにボコボコだ…。
 そんな奴らに監視を頼んだらこの上ない程頼もしい。

 その後俺達は冒険者ギルドへと報告をした。クエスト時の事件や乱入等は本部に報告しないといけないらしい。
 できるだけ正確にクエスト難易度を決める為だとか…。

 報告後そのまま本題である村長の家へと向かった。
 村長の家に着いて扉をノックしようと手を伸ばそうとした時に村長の声が聞こえた。
 『よく来たの…さぁ、入んなさい』
 村長の<テレパス>だ。
 いわれるがまま扉を開けて中に入るとそこには村長とオカマがいた。

 「よく来たの…アオイ、ベル。まぁ座んなさい」
 村長がオカマの座っている方のソファに腰を下ろしながら言った。
 俺とベルが2人の向かい側のソファに座るとオカマが口を開いた。
 「久しぶりね、ベルちゃん」
 「はい!ご無沙汰しております」
 「え、2人は知り合い!?」
 予想外すぎる組み合わせに驚いているとベルが説明してくれた。
 話をまとめると2人の関係は親子のようなものだった。小さい頃から親がいなかったベルをお世話し育てたのがこのオカマだったらしい。
 そしてひととおり説明を受けるとオカマが自己紹介を始めた。
 「私の名前はケイル・ゼルフォード。王国に仕えてる世間でいう国家騎士よ。よろしく」
 「国家騎士!?そんな人がなんで…!」
 「まぁ待て、ちゃんと全て話す」
 驚いて混乱している俺の言葉をカメルが遮った。
 「全て話すって村長…賭けは中断したはずじゃ…」
 他の冒険者の妨害が入った為、しっかりとクエストを行っていないのだ。
 だから俺はもう一度チャンスをもらおうと思って村長に会いに来たのだ。
 「ベルが自分から冒険者になりたいと言った時からもう決まっておったわい…その勇気があれば過去と十分戦えるはずじゃ」
 そう言ってカメルは過去の事を全てベルに話し始めた…。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く