異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

準備②

 その後俺たちは武器と防具のできる10時間もの間質問や雑談を繰り返した。それと昼寝。
 この10時間の間にいろいろなことが分かった。
 まずこの世界には死者を蘇生させる魔法がないということ。ゲームと一緒に考えていたら痛い目にあうだろう。この世界は紛れもない現実だ。
 次にこの世界には俺みたいにウィンドウを表示することはできないらしい。だが、アイテムのストレージは存在するらしくそれは念じればでてくるとのことだ。俺の場合も念じれば出てきたから同じものだろう。
 他にもこの世界の文字や大陸、交流などを教えてもらった。
 だが俺は……肝心なことを聞けずにいた…。

 俺たちは約束の時間になったので商品を取りに向かった。
 まずは武器屋。
 「シェラ〜できてるか〜?」
 「お、ベルとアオイじゃないか〜待ってたよ!」
 どうやらできたらしい。そそくさと店の奥に走って行き武器をそれぞれ抱えてきた。
 「注文は、え〜と、長剣と弓だったよね?」
 「おう」 「うん!」
 それぞれが返事をするとシェラはニッコリ笑って両手を大きく広げた。
 「まいどあり!これがうちの最高傑作さ!」
 テーブルには長剣と弓が置いてあった。
 「まずは長剣だね!こいつの名前は«牙狼丸がろうまる»だ!砥石不要!刃こぼれなしの業物だよ!」
 なりは正しく日本刀そのものだ。黒色のさやに黒光りの刃が収まっている。長さは竹刀より少し長めくらいだった。
 最高に気に入った!!!!!!!!
 「ありがとう!すげぇ気に入った!!!!!!!!」
 「へっへーだからゆったろ〜?最高傑作だって」
 自慢げに胸を張っている。
 「次は弓だね。こっちの方も結構な傑作だよ〜」
 ベルがドキドキしていた。……かわいい。
 「こいつの名前は«ハウメタル»だ!弓の割に高威力で属性適性値がなんと全種最大!」
 「属性適性値?」
   聞きなれない言葉に思わず聞き直してしまった。
 「属性適性値ってゆうのはね!」
 ベルが目を輝かせて応えてきた。
 「弓、杖とかの後衛武器にはそれぞれ魔法属性で強化した道具で攻撃することができるの!その分武器への負担が大きいんだよ!」
 「よ、要するに耐久値が最大ってことか?」
 「そう!」
 よっぽど嬉しかったのだろう。興奮している。
 弓の形状は結構シンプルな感じで綺麗な曲線をえがいている。持つ部分はグリップのようになっておりそこから両サイドに伸びてるといった形状だ。
 「気に入ったか?ベル」
 「うん!すっごく!」
 気に入ったようなのでシェラにお礼をいうと
 「お礼をいうのはこっちの方だよ!こんなレア素材を使わせてもらったんだからね!」
 俺は背中に剣をおさめた。ベルは腰にかけて武器屋をあとにして防具屋に向かった。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く