異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

準備①

 俺たちは武器屋と防具屋に製作依頼をした後、万事屋で回復ポーションを15個ずつ買って家に帰ってきていた。
 武器と防具ができるまであと10時間ぐらいかかるため暇を潰すために帰ってきた。
 「全部揃うの待ってたら夕方になるから…近場の採取クエストとかでいいか」
 「うん!それまでなにしとく?」
 「んー、とりあえずいろいろまだ分からないことがあるから質問していいか?」
 この世界のことはまだ完全に理解できてない。情報収集は鉄板だからな。
 「うん!なんでも聞いてね!」
 「じゃあベルは人のステータスとかを見ることができるのか?」
 この世界の人はみんな俺みたいに人やモンスターのステータスを見ることができるのかずっと気になっていた。
 「うーん、詳しいステータス は見れないけどモンスターの名前とレベルくらいは分かるよ」
 「人のステータスは見れないのか?」
 「スキルで見れる人もいるみたいだけどあんまり人のステータスみるのは失礼だと思うんだ〜」
 「どーして?」
 「そりゃあ、ステータスも一種の個人情報だからね。勝手に見られたくないもん」
 「でも、もしスキル使われてもわからないんじゃないのか?」
 バレなきゃ犯罪じゃないの精神だ。この世界に来てから俺結構最低になってるよな…。
 「それを防止するために私達はみんな<みきり>を覚えてるんだよ」
 「<みきり>?」
 「うん!<みきり>は相手がスキルを使ったら分かるようになってるんだよ。もしかして…知らない?」
 「しらないな…持ってないとダメなんか?」
 「強制じゃないけど…相手に個人情報がバレるんだよ?嫌じゃない?」
 「嫌だな…」
 「じゃあ覚えようよ」
 「どーやって覚えるんだ?」
 まぁ俺は見ただけで覚えられるけどな…。
 「スキルはレアリティの低いものならスキルカードっていうのが市場とかで売ってるからすぐにでも覚えられるよ」
 「なるほど…いくらぐらいかかるんだ?俺あんまり金ないぞ?」
 武器と防具とポーションで結構減ったからな…ステータス画面を見てみると640zしか残っていなかった。少なッッ!!!
 「スキルカードなら50~100zで買えるよ」
 うーん、俺の場合タダで入手できるんだけどな………そうだ!
 「ベル、今からスキル使うから<みきり>使ってくれ」
 「うん、それはいいけど…どーするの?」
 よし!これでベルのスキルを見ることができるから俺も<みきり>が使えるようになる。
 「いいからいいから。じゃあ使うよ?」
 俺はベルに対して<神眼>を使った。
 するとベルのステータスが出てきた。


 名前:ベル・アークス   種族:半精霊族ハーフエルフ 性別:女
 レベル:21
 職業:弓師
 スリーサイズ
  B:ーーーーー


 「ダメだろぉぉぉぉぉお!!!!!!!!!!!!」
 思わず叫んでしまった…。だってダメだろ!!?女性のスリーサイズとか!!!!だからみんな見ようとするのか…納得…。
 「ど、どーしたの!?」
 どうやらベルを驚かせたみたいだ…。
 「ごめんごめん…」
 笑いながら誤魔化す。まぁスキル使ったのバレてるから意味無いんだけどね…。
 <みきり>をきちんと覚えられているか確認すると……
 ーーーーーない!!!!!!!!
 スキル欄に変化がなかったのだ。
 「ベル!お前<みきり>使ったか?」
 「いや、たぶん使ってないよ」
 使ってないだと!!?どーなってるんだ…。
 「だってアオイの目が輝いてみえたけどなんの反応なかったよ。普通ならスキル名が見えるようになるはずだけどならなかったよ?」
 んー…もしかしたら<神眼>には効果がないのか?それとも固有スキルだからか?
 どっちにしろ<みきり>が使えるようにならんと意味がないな…。
 とりあえず<みきり>が欲しかったので村長から手に入れた<テレパス>を確認がてら使ってみることにした。
 頭の中に言葉を思い浮かべるとベルがびっくりしたように目を見開いた。
 「聞こえるよ!すごい!村長みたい!」
 ニコニコしながら応えるベルをみているとこっちまで笑顔になる。
『スキル<みきり>を習得しました』
 いつも通りの声が聞こえて俺はホッと肩をおろした。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く