異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

コルベ村②

 村長の家を出てから冒険者登録をするため冒険者ギルドへと向かった。
 冒険者ギルドではクエストの受注から報酬受け取りまでの全てができるようだ。
 この村の冒険者ギルドは結構大きなコの字型の建物だった。壁は木とレンガを使っていた。高さは三階建て程の大きさだが実際は二階建てになっている。屋根は勾配が急になっていた。
   中に入るとまるで宴会場だった。長机がいくつもありその奥にカウンターのようなものがあった。
 ただ違うのはカウンターの横にボードがありなにやら紙が貼ってあった。
 冒険者登録は2階でできるようなので連れられるがまま2階へとあがる。
 2階に上がると受付カウンターみたいな机があり一人の猫耳少女が座っていた。
 その少女がこちらに気づき笑顔で言う。
 「ようこそ冒険者ギルドへ。今日はどういった御用でしょうか」
 ベルが負けないような笑顔で返答する。
 「あの〜冒険者登録したいんですができますか?」
   「はい、できますよ。お2人でよろしかったでしょうか?」
 「はい、お願いします」
 どうやら冒険者登録はできるらしい。早速手続きをするための説明を受けた。
 その後冒険者登録をするための書類を書くことになったのだが……俺は文字は読めるが書けないのだ。
 だから俺の分はベルに書いてもらった。
 最低でも名前と血判さえあれば登録できるようだ。血判を済ませてから猫耳っ子に渡す。
 「冒険者ライセンスを製作するので少々お待ちください」
 冒険者ライセンスとは冒険者であることを証明するための免許証のようなものだ。
 冒険者は常に携帯しとかないといけないとのことだ。
 それにライセンスを持っていればある程度の制限区域に無償で入ることができるらしい。
 しばらくすると猫耳っ子がライセンスと手帳くらいの大きさの紙を持ってきた。ライセンスは免許証のようなカードだった。
 「こちらが冒険者ライセンスとステータスカードでございます」
 ステータスカードとは自分のステータス値や冒険者ランクを証明するためのものらしい。
 冒険者にはそれぞれE,D,C,B,A,S,SS,SSSまでのランクが存在しそのランクに応じたクエストしか受けられないらしい。
 例外としては上のランクの冒険者が上位クエストを受けてその同行というのはできるらしいが、命がおしくて誰も行かないらしい。
 「ステータスカードには各自登録をお願いしますね」
 魔力を流し込むだけで現ステータスを更新できるらしい。早速魔力を流してみる。
 カードが光だし俺の現ステータス、つまりバケモノ級のステータスが表示される。
 ランクは…Aランクだ………あれ?
 このバケモノステータスで……Aランク?
人類のレベル高くね?
 「冒険者ランクってなにが基準なんですか?」
 思わず聞いてみた。だってこの世界の人間がみんな俺みたいだったら世界滅ぶもん。
 「冒険者ランクはクエスト達成数とステータス値の総合ランクになります」
 なるほど…よく見るとステータス値の他にクエスト受注数やら達成数やらが書かれていた。
 俺の場合クエスト達成数0でステータス値がおかしなことになってるから飛び級みたいなことをしたってことか…。
 ベルのランクはEランクだった。
 「クエストを達成するにつれて冒険者ランクも上昇するので精進してください」
 「「はい!」」
 俺たちは冒険者ギルドをあとにした。

 村を歩いてる途中俺はステータスカード(通称:ステカ)を確認した。


 <冒険者名:アオイ>
 冒険者ランク«A»
 レベル:82
 職業:森の主  冒険ジョブ:武闘家
 称号:怖い人/森の支配者/自重知らず/災悪
 攻撃:9910  防御:9280  魔力:6360
 魔攻撃:7460  魔防御:7260
 敏捷びんしょう:11660  力:8660
 クエスト受注数:0  クエスト達成数:0
 モンスター討伐数:1


 ほんと俺バケモノだなぁ。
 いつの間にか冒険ジョブってのが増えてる。
 俺って武闘家なんだな。まぁ剣使ってないし変更できるのかな…。
 「アオイ?」
 「ん?どーした?」
 「いや、考え事してるのかなぁって」
 「うん、まぁな。ところで冒険ジョブって変更できるのか?」
 「なーんだ。そんなことか〜。変更する必要はないよ。ステータスが勝手に変更してくれるからね」
 「なるほど…便利すぎるな」
 「ねぇねぇ。せっかく冒険者になったんだからクエスト行こうよ」
 「そうだな…とりあえず先に武器と防具を買わないとな」
 俺はいいけどベルは危険すぎる。最低限のものはそろえておかないとな。
 「じゃあ買いに行こ!」
 「おう!」
 ここから俺の…いや、俺たちの冒険が始まる!

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く