異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

バケモノ②

 気を取り直して俺はベアウルフが落としたであろうアイテムの回収に向かった。
 ドロップアイテムとかほんとまんまゲームの世界だな…。
 まず手に取ったのはアメリカンサイズの骨付き肉だ。俺の顔くらい大きかった。デカすぎる…。
 とりあえず<神眼>を発動させる。

 «ベアウルフの肉»…筋繊維が多くとてもじゃないが食べられない。主にモンスターの食用肉として用いられる。

 マジか!?食えないのか!??ショックだわ〜…。
 こんなサイズの肉小さい頃から一度食べてみたかったんだけどなぁ〜…。
 次は様々な形や大きさの骨だ。長いものは俺の腰辺りまであった。

 «ベアウルフの骨[大][小]»…ベアウルフの体を支えるための骨。硬度は平均的に鉄以上ともいわれている。

 硬ッッ!!!!鉄以上ってヤバすぎだろ!!
 まぁあの巨体を支えるための骨だから当然か。
 他は毛皮のようなものとツルツルの皮膚のようなものが落ちていた。

 «ベアウルフの毛皮»…ベアウルフの毛皮。皮膚は厚くて硬く、毛は防火性に優れている。防具の一級素材のひとつ。

 «ベアウルフの薄皮»…ベアウルフの薄皮。表面がツルツルしていて滑り止めになると同時に破れにくいことから皮袋としても使用できる。道具の一級素材のひとつ。

 超いい素材じゃんよ!!!
 一級素材はちょっとわかんないけど相当レア素材って事だろ!?
 チートすぎる…いや、チートは俺か…。
 あと残っているアイテムは皮袋と小さい宝箱が落ちていた。
 まず皮袋を手に取り中身を確認する。
 中には4種類ほどのいびつな円形状の硬貨が大量に入っていた。
 この世界の通貨だろうか。価値がまったくわからないが……まぁ時期わかるだろう。
 最後は宝箱だ。
 ゲームの醍醐味だいごみである宝箱をこの手で開けられるということに感激していた。
 ……ミミックでした〜ってオチじゃないよな…
 ふと呪葉の呪いの事が頭をよぎる…。フラグじゃないだろうか…。
 とりあえず<透視>で宝箱の中を見る。
 木を透かした時よりもまるでピントがあっていないようにぼやけて見えた。中にはなにやら指輪のようなものが入っていた。
 安全を確認して宝箱を開ける。宝箱の表面に鍵穴があったが鍵はかかっていなかった。
 中の指輪を取り出す。指輪は全体的に金でできておりルビーのような小さな宝石がうめこまれていた。
 とりあえず見てみるか…。

 «炎火えんかの指輪»…一級装備品。火属性のスキル・魔法の威力を最大限まで上昇させる事が可能になる指輪。

 これすげぇ使えるじゃん!!
 まぁさっきみたいなバカみたいな威力はいらないけど…。
 しっかりと加減しないといずれ魔王にでもなりかねんぞ…。
 そう思いながらドロップアイテムをすべてアイテムポーチにしまう。実際に手に持ってなくとも手の届く範囲のものはしまえるらしい。便利だ実に便利だ。
 «炎火の指輪»は右手の人差し指につける。はめると同時に指輪が俺の指にぴったりのサイズへと変化した。
『大量の経験値を取得した事によりレベルアップを行います。レベルが30に到達した事により能力値がそれぞれ1000アップします。レベルが60に到達した事により能力値がそれぞれ2000アップします』
 脳内に声が響いた。
 なにやらレベルアップした事によって能力値がそれぞれ上昇したみたいだ。
 どうやらこの世界のレベルは30レベルずつで区切られるらしい。
 確認も踏まえてステータスを見ることにした。


 名前:アオイ  種族:人間?  性別:男
 レベル:82
 職業:森の主
 称号:怖い人/森の支配者/自重知らず/災悪
 攻撃:9910  防御:9280  魔力:6360
 魔攻撃:7460  魔防御:7260
 敏捷びんしょう:11660  力:8660  魅力:200
 運:-500
 状態:呪い
 流派:自己流派
 スキル: 威圧/未来予知/ルート分析/罠捜索/文章理解/全記憶/透視/千里眼/幻惑/神速/索敵/咆哮/フレアドライブ
 固有スキル:神眼
 耐性スキル:衝撃耐性/苦痛耐性/毒耐性
 魔法:火属性魔法«中級»
 装備:炎火の指輪
 所持金:18640z


 いろいろツッコミたい…。
 種族が人間かどうかも危うくなってるじゃねぇか…。まぁあの威力の魔法打ったからなぁ。
 レベルも一気に上がりすぎだけど120のモンスター倒したから当然か…。
 職業:森の主ってなんだよ!!?俺がこの森で最強になっちまったんか…?
 称号もなんかいろいろ増えてるなぁ…ひとつひとつ見てみよう。

 称号<森の支配者>…森の生態系の頂点になった者におくられる称号。

 やばっ俺!!!!強すぎだろ!!!!!!!!
 森の生態系崩しちゃったよ…大丈夫なのか…?

 称号<自重知らず>…自重を知らない者におくられる称号。自重してくださいお願いします。

 なんか説明文にお願いされたんだけど…。まぁいわれないでもするつもりだったから別にいいけど。

 称号<災悪>…その気になったら地球の危機にも繋がる力を持った者におくられる称号。マジ勘弁してください…。

 俺地球にも避けられてる!!!??
 これじゃ友達できるかマジで不安になってきたんだけど…。
 ステータスもすごいことなってるなぁ。
 初期値+ベアウルフ+レベルアップっていったところか。
   運と魅力はレベルアップじゃ上がらないのか…。
 次は耐性スキルってやつだな。
 こんなの前までなかったけど耐性つけたから解放された項目なのかな。

 耐性スキル<衝撃耐性>…ありとあらゆる衝撃ショックを無効にする。

 耐性スキル<苦痛耐性>…ありとあらゆる苦痛によるダメージを無効にする。

 耐性スキル<毒耐性>…ありとあらゆる毒を無効にする。

 どれもそのままだな…まぁこれが普通か。
 他にも装備とか魔法とかの項目が増えてるな。覚えた事に比例して増えていくっていう感じか…。
   その時視界の右上の方にレーダーのようなものが現れた。
 10個ほどの白い点が中心に近づいてくる。
 おそらく中心が俺を表しているのだろう。
 俺の魔法の爆発音で群れで向かってる敵だったらピンチだな…それにさっきみたいな強さのモンスターならさすがに太刀打ちできない。でも俺多分チート級の強さだから大丈夫かもな…。
 「よし………………隠れよ」
 だって死にたくないもん。
 そして俺は近くの木の影に隠れた。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く