異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

神眼①

 俺は木の根元に座りこんでいた。
 周りを見渡すとまるでジャングルのような巨木がいくつもあり、枝や葉でジャングル全体ににふたをしているようだった。
 微かだか日光の光が差し込んでいる。
 息も整ってきたところでスキルの事を思いだした。
 ……どーやってみるんだ?
 俺はアニメでよくみる目の前で手を軽く振りさげるが、なんの反応もない。
 「あれ?これで出ないのか…」
 試しに『メニュー』と唱える。
 すると目の前に2つのウィンドウが表示される。
 おぉー!まさにゲームだ。
 左側のウィンドウにはステータスが書いてあった。


 名前:アオイ  種族:人間  性別:男
 レベル:1
 職業:ヤンキー
 称号:怖い人
 攻撃:1000  防御:920  魔力:400
 敏捷びんしょう:800  力:900  魅力:50
 運:0
 状態:なし
 流派:自己流派
 スキル:威圧
 固有スキル:神眼
 所持金:0z



 と書かれていた。
 職業ヤンキーってなんだよ…泣きたくなるじゃねぇか!!!!
 ステータスはこの世界の平均が分からない以上何ともいえないな。
 運0ってある意味すげぇな…。
 まぁ散策してる時に襲われるほどだから納得だけど…。
 ん〜…称号のとこの怖い人が気になる…。
 すると画面が切り替わり説明が出てきた。
 どうやら念じればいろいろできるみたいだ。

 称号<怖い人>…怖い人に送られる称号。スキル<威圧>を覚える。

 そんままだな…。この威圧ってのはなんだ?

 スキル<威圧>…相手を睨み付ける事で相手を一定時間ショック状態にする。時間は使用者によって長さが変化する。任意発動。

 イノシシに追われてる時これ使えば簡単に逃げられたんじゃね?
 でも、使用者って事は俺のレベルとかに関係するってことか?
 まぁ後々になって分かるだろう…。
 流派ってゆうのは武道的なやつか?

 流派<自己流派>…自己流のセンスに任せた流派。他人は習得できない。

 結構レアなんじゃね?
 自分だけの技が使えるって事なんだよな?
 まぁ小さい頃習った武道がこの世界にはないだけかもな。
 あと一番気になるのはこの『固有スキル』ってやつだな…。
 これが神が言ってたやつだろうか。

 固有スキル<神眼>…神の眼。相手のステータス・スキルを見る事ができ、同時に相手のステータス・スキルを見ただけで自分のものにする事もできる。他にも未来予知/ルート分析/罠捜索/文章理解/全記憶/透視/千里眼/幻惑が使える。任意発動。

 …………。
 「チートじゃねぇか!!!」
 思わず叫んでしまった。
 いや、見ただけでステータスとスキルを自分のものにできるとか反則だろ…。
 それに他にもいろいろ使えるようなるし…。
 とりあえず一通り効果を見てみるか。

 <未来予知>…未来の出来事をビジョンとして見ることができる。任意発動。
 <ルート分析>…洞窟やダンジョンの構造を投影図として見ることができる。任意発動。
 <罠捜索>…ありとあらゆる罠を見抜くことができる。常時発動。
 <文章理解>…古代文字の解読や書物などの文章を一瞬で読む事ができる。常時発動。
 <全記憶>…見たものを一瞬で覚える事ができる。常時発動。
 <透視>…ありとあらゆるものを透かして見ることができる。透ける範囲は制限可能。任意発動。
 <千里眼>…遠くにあるものを見ることができる。他にも相手と視界を共有することもできる。任意発動。
 <幻惑>…相手に幻惑を見せることができる。見せることのできる幻惑はランダムである。任意発動。

 うん、ただのチート。
 全ての効果を見終えると脳内に不思議な声が響いた。
『スキル<未来予知><ルート分析><罠捜索><文章理解><全記憶><透視><千里眼><幻惑>を習得しました』
 なるほど、ひとつひとつ知らせてくれるのか…便利だな。
 念の為ステータスを確認するとさっきのスキルが追加されていた。

 右側のウィンドウには『アイテムポーチ』と書かれたストレージが表示されていた。
 これも念じればしまえるのか?
 近くに落ちていた葉っぱを一枚手に取り念じてみる。
 思った通り葉っぱは光の粒となって消える。それと同時にアイテムポーチに先程の葉っぱが追加されていた。
 その葉っぱを詳しく見てみると…

 «呪葉じゅば»…呪われた葉っぱ。所有者の運に-500の補正がかる。呪具。一般的に手放す事ができない。

 ……………。
 さすが運0だな…いや、もう-500か…。
 もう運がいいのか悪いのかわからんくなってきた。
 初アイテムがこれとか…。
 俺は密かに涙したのだった…。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く