異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

異世界へ転生⑤

 「俺の目から損な要素を全て取り除いてくれ!」
 これが俺の答えだった。
 「それでいいんじゃな…しかし一つだけ問題があっての…」
 「問題?」
 予想外な返しだった。
 「おぬしら人間の遺伝子には組み込める情報の数というのが決まっているんじゃよ。」
 「情報?」
 「簡単にいえばゲームでいう装備みたいなものじゃよ。それが人間のパーツひとつひとつに決まった数だけあるじゃよ」
 なるほど…俺の損な要素が消えたらその分装備欄に空白ができるわけか…。
 人間って奥が深いな…。
 「それがなかったらどうなるんだ?」
 「ひとつでも欠けていると世界が人間として判断しなくなるんじゃよ。だから人間はフル装備の状態で送りこまないと人以外の存在になってしまうんじゃ」
 うわ〜…こえ〜……。
 「じゃあ俺の損な要素を取り除くと同時に何らかの要素を入れないといけないわけか…」
 「そういう事じゃ…。何か望みはあるかの?」
 ん〜…好きな要素か…。
 「じゃあ何らかの特殊能力がほしいな」
 「ほぅ、特殊能力か…。それを異世界ではスキルと言うぞ」
 「まんまゲームの世界じゃねぇか…」
 「まぁよかろう。おぬしにはわしのとっておきをやろう」
 「とっておき?」
 「そう。わしが今朝つくったばかりのスキルじゃ」
 「大丈夫なんだろうな…」
 「ん〜…まぁ心配いらんじゃろ」
 「適当じゃねぇか!!!!」
 やべぇ…すげぇ不安なってきた…。
 「まぁ詳しい効果は着いてからみることじゃ。それじゃあ転送するぞ」
 「あ、ち…ちょっと」
 「それじゃ健闘を祈るぞ」
 自称神に手を伸ばしたが、届く前に目の前が真っ白になっていった。

 目が覚めると俺は森の中で仰向けに寝ていた。
 そして辺りを散策しているところをイノシシに見つかって冒頭にもどる。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く