異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

プロローグ

 ーーーーとある深い森の中。

 「ぎィィィィィィィィィィィやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!」

 俺、吉崎 蒼唯よしざき あおいは逃げていた。それも必死に。
 後から追いかけてくるのは体長4mはあろう、巨大なイノシシだ。下顎から伸びる牙は普通じゃ考えられないほど伸びていた。

 「し…死ぬぅぅぅぅ!!…くそォ…俺が何したってんだァァァ!!!!」

 森の中を死に物狂いで走り回っていると目の前に大きな崖がみえた。
 そこで俺はある事を思いついて、崖のすぐそばで止まってイノシシの方に向き変えた。

 「オラァ!!かかってこいや、デカブツ!!!!!!!!」

 崖の前で両手を広げてイノシシを挑発する。
 イノシシが蒼唯とぶつかる寸前に蒼唯はイノシシの巨大な角を両手で抱え、懐へ潜り込み足を突き上げてイノシシを投げ飛ばす。

 「おぉぉぉぅうらァァァアア!!!!!!!!」

 巴投ともえなげである。
 蒼唯の掛け声と共にイノシシのからだは崖へと放り出された。
 そのままイノシシは崖下へと一直線に落ちていった。

 「ハァ…ハァ……舐めんじゃねぇぞゴラァァ!!!!」

 思いっきり叫んだあと近くの木にもたれかながら座りこんだ。

 「なんで俺がこんな目に…つか、ここどこなんだよ!!」

 そう口にして、状況整理のため、これまでのことを思い返した。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く