無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。

高田タカシ

四章 13 『キャトル村救出戦 2』

 「どうだ!?この生まれ持っての圧倒的な身体能力差!これこそが俺らとお前ら人間との大きな違いだ!」

 巨大化したジックはアイズを見下すように言い放った。

 「確かに・・・その身体能力は凄い、我々人間には無いものだ。だが強大な力も使い方一つで大きく変わるもの」
 「この・・・!どこまでも生意気な口を!女のくせに強がりおって!!その全身を八つ裂きにしてやる!」

 巨大化にも動じないアイズに苛立った様子のジック。長く鋭く伸びた爪をアイズに勢いよく振り下ろそうとした。

 「女のくせに・・・?」

 アイズが小さく呟いた。

 「うらぁあーーーー!!・・・え?」

 ジックの振り下ろした右手はアイズに届くことはなかった。ジックの二の腕から先はアイズの後方に鈍い音と共に地面に落ちた。そしてジックの二の腕から先は大量の血が噴き出していた。

 「腕がぁ!!俺の腕がぁーー!!」

 吹き出る血を残ったもう一つの手で押さえ悶えるジック。そんなジックをアイズは顔色変えずに見た。

 「女のくせにだとか、人間風情とか、猫人族を見下しているかのような口ぶりだったり随分お前は生まれに拘っているようだ。そんなものに固執するのは下らないと思わないのか?」
 「う、うるせぇー!!俺は弱い奴らが粋がるのが気にくわねーんだ!!弱い奴らは隅っこでコソコソ生きてればいいんだよ!!人間が俺に説教してんじゃねー!!」

 ジックは今度は鋭い牙の生えている口を大きく開け、アイズに向かっていった。噛みつこうとしているようだ。

 「そうか・・・聞く耳を持たないか」

 次の瞬間ジックは何かにつまづいたように地面に転んだ。今度は左足の膝から下が無くなっていた。

 「ぐぉお・・・!」

 地面に倒れ苦痛の表情を見せるジック。右手と左足を失いうまく立てない様子だった。一方的にやられているジックを見て周りにいた狼人族たちも戸惑っているようだ。

 「・・・もうこれ以上は無駄だ、私の剣は敵は容赦なく斬るぞ。今なら止血をすればまだ死ぬことはないはずだ。お前がこの群れのリーダーなら残りを引き連れこの村から早急に立ち去れ」
 「だ、誰が人間の言いなりになるものかぁ!お前らぁ!!この女に一斉に飛びかかれ!大人数で襲えばなんとかなるはずだ!」

 ジックは周りにいた狼人族の仲間たちにアイズを襲うように指示を出した。

 しかしアイズの力を目のあたりにした狼人族の男たちは襲い掛かるのを躊躇しているようだった。

 「・・・何をしている!!俺の言うことが聞けないのかぁ!?」
 「どうやらお前より仲間たちの方が戦力差を理解しているようだな。言っておくがこの人数で私に襲い掛かってきたところで私に傷一つつけることは出来ない。ただ私もこの人数差だ、手加減が上手くできず命の保証までは出来ないがな?」

 アイズはそう言いながら傍観していた狼人族のほうを見た。そんなアイズを見て後退りする狼人族。

 「てめえらぁ・・・!!」
 「もうわかっただろう?さあ、諦めてこの村から引き揚げろ」
 「こんなことがぁ・・・!こんなことで俺ら狼人族の命運が尽きてたまるかぁ!!」
 「・・・狼人族の命運?」

 地面に倒れているジックが無念そうに言った言葉がアイズは気になった。倒れているジックに近寄って話を聞こうとした。

 「狼人族の命運が尽きるとはどういうことだ?今回の騒動と何か関係がある・・・っ!?」

 次の瞬間、空から何かが勢いよく降ってくるのに気づいたアイズ。咄嗟に後ろに飛んで距離をとった。何かが落ちてきた衝撃で激しい土埃が舞い上がっている。

 「なんだ・・・?」
 「やれやれ随分遅いから様子を見に来てみればなんと情けない姿か・・・それが誇り高き狼人族の姿か?」

 土埃の中から姿を見せたのは眼鏡をかけた痩せた男だった。紫色のローブを身に纏っていて、小さな丸眼鏡のレンズの奥には鋭く細い瞳があった。

 「おぉ!!ネハン!いいところに来た!この女が俺をこんな姿にしやがったんだ!この女を始末してくれ!」

 突然現れた男はネハンと言うらしい。ジックはネハンにアイズを倒すように言った。しかしネハンはまるでゴミを見るかのような目でジックを見下していた。

 「まったく・・・少しは使い物になるかと思っていたのにこの有り様だ。お使い一つまともにこなせないとは・・・やはり狼人族などの脳筋な集団に期待するのが間違いだったか。その無様な様子、犬っころの死にざまにはふさわしいじゃないか」
 「・・・っ!!ネハンてめぇ!なんだその口の利き方は!?どういうつもりだ!?」
 「どうもこうもない。もうお前は用済みということだ・・・そこで肥料にでもなっているがいい。それよりも私は他にすることがあるのだよ」

 ネハンはそういうとアイズの方に視線を向けた。

 「これは面白いものに会えた・・・」

 ネハンはアイズの姿を見て不気味な笑みを見せる。

 「どうやら今回の騒ぎの原因はお前にあるようだ。一体何が目的だ?」
 「ふっふっ・・・まあそう怖い顔しないでくれよ。私はむしろ君の味方だと言っても過言ではないのだよ?異なる世界から来た神託の者よ?」
 「っ!?・・・なぜそうだと思う?」

 ネハンの言葉に少し動揺したアイズ。

 「そんなのは一目見ればわかるとも!私たちは君を探していたのだ!さあ私と共に来るがいい!すべてはそこで説明するとしよう!」
 「悪いがお前についていくつもりはない・・・だがすべてはここで説明してもらうぞ!」

 剣を構えるアイズ。


「無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く