無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。

高田タカシ

四章 9 『神を名乗る少女』

  凄まじい速さで空を引っ張られているタクミ。タクミの腕を引っ張っているのは後ろ姿から察するにどうやら女のようだった。長い黒髪を風になびかせながらタクミの方を振り返ることもなくどこを目指しているかはわからないがさっきの白髪男から離れようとしているのはなんとなくわかった。

 「おいっ!ちょっと!なにがどうなってるんだよ!?」
 「・・・」

 タクミの呼びかけにも女は反応しなかった。

 無視かよ・・・それにしてもなんて速さで飛ぶんだこの女。この速さ普通じゃないよな・・・

 タクミは女の飛行魔法の速さに驚いていた。タクミも飛行魔法は使えるがここまでの速さを出せる気はしなかった。この女と空中鬼ごっこしたら絶対負けるな・・・タクミはそう思った。

 しかしいつまでも荷物のように引っ張られるわけにはいかないのでタクミの腕を掴んでいる女の腕をタクミも握り返した。

 「おい!いつまでこうしてるつもりだよ!どこまで連れて行くんだ!?」
 「ひゃっ・・・!もういきなり掴まないでよね!ビックリするじゃない!」

 女は驚いたような表情でタクミのほうを振り返った。

 振り向いた女の顔は大きな瞳に童顔で見たところ10代前半かと思うような見た目だった。腰くらいまで伸びている黒髪がタクミの前をなびいて鬱陶しかった。

 「いや先にいきなり掴んできたのはそっちだから・・・それでどこまで行くんだ?」
 「もう少し待って。そうすれば安全圏のはずだから・・・そこまでいけば説明してあげるから」
 「そうか・・・わかったよ」

 とりあえずはこの少女の言うことを聞くことにした。それから少し飛び続けたところで少女は適当な岩の上にタクミと共に着地した。

 「ふうっ・・・ここまで来れば大丈夫でしょ。君、怪我はない?」
 「ああ。俺は大丈夫だ、それで約束通り説明してもらおうか?」
 「君・・・まずはお礼を言うのが先じゃないかなぁ?私が助けなきゃ間違いなく死んでたんだよ!?」

 少女は不機嫌そうな感じでタクミに詰め寄った。確かに少女の言うとおりだ・・・あのまま戦いを続けていたら間違いなくタクミは死んでいただろう。それはタクミ自身にも理解できていた。

 「あ、ああ・・・そうだったな。確かにアンタが来てくれなかったらどうなっていたかわからなかった。その・・・助けてくれてありがとな」
 「いえいえ、どういたしまして!しかし私も驚いたわ!まさかあいつに対抗できる人間がいたなんて!わずかでもあいつの力に耐えたのは凄いわよ!君一体何者なの!?」

 それはこっちが聞きたいんだが・・・タクミはそう思ったがまた機嫌を損ねても面倒なのでとりあえずは言われたことに答えようと決めた。

 「俺は・・・ただの旅の途中だった男だよ。ちょっといざこざに巻き込まれて仲間とはぐれちまったんだ」
 「ふーん・・・旅の途中ね。それで名前はなんて言うの?」
 「名前はタクミだ。そういうアンタはなんて言うんだ?」
 「タクミか・・・聞いたことない名前ね。私はヴァルケリア。呼びにくいならヴァルって呼んでくれたも良いわよ?」
 「じゃあヴァルって呼ばせてもらうわ。それでヴァル、さっきのあの白髪男・・・あいつは一体何だったんだ?」
 「君が会ったさっきの男は・・・出会った全てに絶望を与える存在。その名をイブリスと言うわ」

 ヴァルケリアは深刻そうな表情で言った。

 「イブリス・・・俺はあいつから今まで感じたことないような力を感じたんだが、あいつは一体何だったんだ?」
 「まぁそうでしょうね・・・あんなのが他にもいたらたまったもんじゃないわ。あいつはその危険性から神の世界を追い出された存在なのよ」
 「・・・神?」

  聞きなれたような聞きなれないような単語が出てきて呆気にとられるタクミ。

 「そう・・・あのイブリスは元は神だったのよ。しかしあまりの危険さに天界を追放された堕天の存在なの」
 「ちょっと・・・何言ってるかわからんのだが。え?宗教の話かなんかなのか?」
 「違うわよ!紛れもない本当の話なの!神よ!神!聞いたことない!?」
 「いや神様は聞いたことあるんだが・・・実在するのか?」
 「するわよっ!なんなら今君の目の前にいる私もその神の一人なのよ!?」
 「・・・ハイ?」

 いきなり話が飛躍しすぎてタクミの理解力が追い付かなくなっていた。



「無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く