無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。

高田タカシ

三章 11 『一世一代の決意?』


 「フフッ。そんなに怖がらなくても大丈夫だよ?痛いことはしないんだから。」

 この状況でも余裕な感じのニーベル。タクミに近づけた右手でゆっくりとタクミの上着のボタンを慣れた様子でゆっくりと外していく。

 「は、ひゃい。」

 慣れぬ女性からのボディタッチに体は硬直状態である。

 まさかこんな形で初体験を迎えるなんて!俺はこの世界で本当の意味で漢になれるんだ!異世界万歳!

 目をつぶっているタクミの脳内はお花畑状態である。この先の妄想が止まらなかった。

 ニーベルがそんなタクミの様子にお構いなしとゆっくりと上着をはだけさせていく。

 タクミの上半身が露わになった。

 「・・・はぅ!」

 ニーベルの手が直にタクミの胸に触れなぞるように動く。思わず声を出してしまったタクミ。

 とうとうこの時が・・・もう好きにしてくれ!

 とタクミが一世一代の決意を固めた時

 「・・・あった!これこれ!これが見たかったんだよね!」

 なんだかタクミの妄想とは違うニーベルの反応だった。

 恐る恐るタクミが目を開くとニーベルの指先にはタクミの魔法回路を整えるためにエドワードによって付けられた刻印があった。

 「お願いって・・・?」

 「ん?ちょっと君の魔術について小耳にはさんだんだよね!それでこのエドワード大魔導士様が作ったっていう刻印をちょっと見せてほしかったんだ!」

 無邪気に笑うニーベル。

 「・・・あーーー・・・そっか。そういうことね。」

 ニーベルの目的を聞いて何とも言えない表情を浮かべるタクミ。期待や不安とかいろんな感情を混ぜた深いため息をついた。

 いや勝手に勘違いしたのは俺だけどさ・・・こんなことってねーよ!!

 そんなタクミにはお構いないしでニーベルはタクミの胸元の刻印を観察している。

 「ふーん・・・これがタクミの魔法を使うための源になっているんだね。非常に興味深いなー!」

 目を子供のようにキラキラさせているニーベル。

 「何がそんなに気になるんだ?」

 「うん?そりゃあ気になるよ!あっ!そういえばまだ名前しか名乗ってなかったね。私は魔法騎士団の中で魔術考古学っていうのを扱っているんだよ!」

 「魔術考古学?」

 タクミの聞きなれない単語だった。

 「うん!魔術考古学っていうのはね、魔法の成り立ちや歴史を調べて更に凄い魔法を作ろうとすることを言うんだよ。これによって例えば敵にかけられた呪術なんかも解いちゃうことも出来るようになるんだ!」

 「へぇ。それはすごいな。それで俺の刻印を見て何かわかったのか?」

 「うーん。こんな刻印は見たことないんだよね。・・・ねえ、確か君は特別な魔法を使えるんだよね?たしか相手の魔術を奪うとか。」

 「無能術のことか?」

 「それそれ!それって今使ってみること出来ないかな!?」

 ニーベルが子供がおねだりするようにタクミに尋ねてきた。顔も近づいて来る。

 「近い!近いよ!わかったからちょっと離れてくれって!見せてやるから!」

 ニーベルの圧におされて思わず後ろにのけぞるタクミ。また心臓の鼓動が早くなった。

 「ホント!?やった!」

 とても嬉しそうに喜ぶニーベル。

 「ふぅ・・・ならちょっとだけだからな?行くぞ。」

 タクミは無能術を発動させた。胸元の刻印が体中に広がっていく。

 「・・・すごい!これが無能術。こんなの見たことないよ!」

 タクミの無能術を目のあたりにしたニーベルが目をキラキラさせている。

 「どうだ?これが俺の魔術だ。」

 無能術を解くタクミ。体中に広がっていた刻印が元の形に戻っていった。

 「タクミ凄いよ!こんな魔術使えるなんて!こんな魔術私見たことも聞いたこともないよ!もっと良く見せてよ!」

 興奮している様子のニーベル。再びタクミに詰め寄る。

 「お、おい!そんなに興奮するなって!ちゃんと見せてやるから!だから落ち着けって!」 

 向かってくるニーベルの肩を押さえるタクミ。

 「あ、ごめんごめん!つい新しい魔法に触れると興奮しちゃって暴走しちゃうんだ!エヘヘ。」

 タクミになだめられ我に返ったニーベルが反省してように頭をなでる。

 「まったく。子供みたいなやつだなニーベルって。」

 「よく言われるよ!ねえタクミは明日時間ある?」

 「ん?明日は・・・今のところ特に任務とかは言われてないけど。」

 「ホント!?なら明日一日私に付き合ってくれない!?」

 「明日一日中?俺は別にいいけど、俺が勝手に決めちゃっていいのかな?」

 「うん、大丈夫だよ!クリウス団長には私から言っとくから!今日は時間も遅いし明日色々と聞くことにするよ!」

 「クリウス団長に!?え?ニーベルってそんなに偉かったりするの?」

 「え?偉いかどうかは知らないけど一応魔法騎士団の魔術考古学の室長を私がしてるからね!多少の融通は聞いてもらえると思うけど?」

 ニーベルはあっけらかんとして答えた。

 「室長!?それって魔術考古学を担当している中で一番上ってことじゃないのかよ?ホント何者だよ・・」

 ニーベルの正体に驚くタクミ。

 「一応そういうことになるのかな?あんまりそういうのに興味ないからわかんないや!よし!明日も付き合ってもらえるなら今日はこの辺で我慢しとくね!もう遅いからタクミも自分の部屋で寝た方がいいよ?」

 「あ、えーと・・そうだな。うん、自分の部屋に帰るとするよ。」

 ニーベルの言葉になぜだかがっかりしてしまったタクミ。心の奥底ではまだなにかあるんじゃないかと期待していたようだった。

 「うん!それじゃあ明日は私が呼びに行くからね!ちゃんと待っててね!それじゃあタクミ、おやすみなさい!」

 「あぁ、オヤスミ。ニーベルまた明日な。」

 こうしてニーベルの部屋を後にしたタクミ。なんだか複雑な気持ちで自分の寝室へと帰っていった。

 はあ・・・結局なんだったんだ?とりえず明日も約束しちまったけど明日は何されちまうんだろう・・・・・・正直不安だ。

 短時間で色々考えたせいだろうか疲れがこみ上げてきたタクミは自分のベッドへと再び倒れこんだ。


 

「無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く