無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。

高田タカシ

三章 8 「異世界人」


 「さてここからどうしたものか・・・」

 目の前に広がる荒廃とした光景をみてドズールが呟いた。

 「まあ、とりあえずは邪神教徒の奴等は幻水の指輪を取らずに帰っていったわけだし任務自体は成功したってことでいいのか?」

 タクミが尋ねた。

 「そうだな。結果として指輪を守ることには成功した。ただ・・・この状況をどうしたものかとな。」

 ドズールは後ろの方に横たわっている神獣の方をチラッと見た。神獣もいつの間にか初めにあった時の少年の姿に戻っていた。ただ体にはさっきまでの戦いの影響だろうか無数の傷があった。まだ意識は戻っていないようだ。

 ラザリーの魔法の影響でタクミ達の周りを覆っていた霧も無くなっていて視界もはっきりしていた。

 「やがてアトスたちも戻ってくるであろう。ひとまずはアトスたちと合流して・・・」

 「隊長ーーー!!」 

 ドズールが話している途中で遠くから叫び声が聞こえてきた。声の方を見るとアトスたちが戻ってきたようだった。

 アトスの後ろにはエリーやレミもいた。どうやら無事に全員戻ってこれたようだった。

 「クリウス団長!無事に魔装武具である幻水の指輪を確保しました!・・・この変わり様は一体何があったのでしょうか?」

  タクミ達の所に近づいてきたアトス達。その状況に驚きを隠せないようだった。

 「うむ。ご苦労であった。説明すると長くなるのだが・・・エリー。ひとまずこの神獣である少年を治療してやってくれ。」

 「はい、わかりました。ヒール!」

 クリウスの指示を受けてエリーが傷だらけの神獣を治療し始めた。みるみる神獣の傷が治っていった。

 「・・・ん。」

 エリーの回復魔法を受けて神獣の意識が戻ってきたようだった。

 「ここは・・・ハッ!貴様ら一体何を・・!?」

 意識を取り戻した神獣は驚き飛び起きた。そして周りを確認して状況を把握しようとしているようだった。

 「さっきの魔剣使いは貴様ら倒したのか?」

 「いえ残念ながら討伐するには至りませんでした。しかしながら追い返すことには成功しましたのでご安心ください。」

 「そうか・・・神獣ともあろうものが、まさか人間に助けられることになるとはな・・・」

 クリウスから状況を聞いた神獣は自らの不甲斐なさを嘆いた。

 「・・して貴様らは私の傷を癒してどうしようというのだ?」

 クリウスがアトスから幻水の指輪を受け取り神獣に見せた。

 「申し訳ありませんが貴方と戦っている間に別部隊に指輪を取りに行かせておりましたので、ここに幻水の指輪があります。そこで改めて神獣であるあなたにお願いがあります。」

 「なんじゃ?」

 「おそらく先程の魔剣使いはここに幻水の指輪があるのであれば、再び指輪を奪おうとここに来るはずです。なのでしばらくの間私たちにこの指輪を預けておいてはくれませんか?」

 「ほう・・・私では指輪を守り切れぬと申すか?」

 「貴方の力は先ほどの戦闘で身をもって知りました。強大な魔力をお持ちなのも承知しております。しかし神の位にも値する貴方とでは魔剣を操るシーバスとの相性は決して良いものではありません。それはあなたも身をもって体験されたものと思いますが?」

 「確かにな。奴との戦いではワシに分が悪いのはわかったわい。貴様らがいなければワシはとっくに奴に
殺されていたであろう。・・・良いだろう。指輪を持っていくことを許可しよう。」

 「ありがとうございます。必ずこの戦いが終わればあなたの元に返しに来ますので。」

 神獣の許可を得たのでクリウスは幻水の指輪を懐にしまった。

 「わしがこの山の守護者としてこもっている間に随分とこの世界の状況は変わってしまったようだな・・・。まさかあのような者が現れるとはな。そしてそこの不思議な魔力を纏う者よ。こっちへ来い。」

 そういうと神獣はタクミの方を見た。

 「え、俺?」

 いきなり呼ばれ驚くタクミ。神獣とタクミは少し皆から離れた場所へと移動した。

 「お主・・・先程の戦いで見せた魔力。さてはこの世界の住人ではないな?」

 「なっ、なんでそんなことわかるんだ!?」

 突然の指摘に驚くタクミ。

 「やはりな。初めに言ったと思うが、その指輪はある人間に頼まれてここに祀っていたのだ。そしてその人間もこの世界ではないどこか違う世界から来たと言いっておってな。お主の魔力がその人間と非常に似ている物だったのだ。」

 神獣はどこか懐かしそうな表情を浮かべている。

 「俺以外にも異世界から来ている奴がいるってのかよ!?それでその人は今はどこにいるんだ!?」

 おもわぬ情報に興奮するタクミ。

 「それはわからぬ。ここでワシに指輪を託して以来姿を現してはおらぬからな。それにここに指輪を託したのはもう何十年も前の話じゃ。普通の人間の寿命ならもう死んでいてもおかしくはないの。ただ{自分は成すべきことをしたから後はあるべき場所へと帰るから}と言い残していたな。」

 「あるべき場所へと帰るって?そんな・・・じゃあその異世界から来た人はなんて言ってあんたに指輪を託していったんだ?」

 「あやつは人間にしては非常に面白い奴だったわ。しかしその魔力はワシを超えておったの。そいつはワシにいつか必ず自分と同じように異世界から訪れる者が現れるからその時までこの指輪を守っていてくれとのことだったの。なぜかは理由までは言わなかったがの。そしてお主がそやつ以来の初めての異世界人としてワシの前に現れた人間じゃ。だから指輪は持っていくがよい。返さなくとも良いぞ。」

 「そっか。あんたに指輪を託した人間の名前ってわからないのか?」

 「そうじゃの。あやつは確かケンジと名乗っておったの。この世界では聞かぬ名前だったから間違いはないぞ。」

 「ケンジ・・・。まるで日本人みたいな名前だ。」

 神獣から出てきた名前を聞いてボソッと呟くタクミ。

 前にも俺と同じようにこの世界に飛ばされてきた人間がいたんだ。そしてそいつの名前はケンジ。そしてそいつは何かを成し遂げてあるべき場所へと帰っていった・・・。

 一体ケンジって奴は何を成し遂げたんだ?そしておそらくは自分の世界へと帰っていたんだろう。

 タクミの中に様々な疑問が生まれた。しかし色々考えても結局答えは出なかった。

 「お主も悩んで居るようじゃの・・・・これはワシの推測じゃがおそらくあやつはここ以外にも魔装武具を様々なところに託しておるのではないか?それを辿っていけば少しは何かの手掛かりを得られるかもしれぬぞ。」

 「なるほど!確かにケンジって奴がここだけに魔装武具を託したとは考えにくいな。絶対他にもあるに違いない!神獣様ありがとうよ!ちょっとはヒントみたいなものがつかめそうだよ!」

 「クックックッ・・・やはりお主もあやつと同じ感じがするわい。タクミと言ったかの?お主の名前もしかと覚えておくこととしよう。ではワシはこれからこの荒れたエスミル山を元に戻さんといかんのだ。さらばだ。」

 そう言い残すと神獣は森の中へと姿を消していった。

 タクミもクリウス達の待つところへと戻った。

 「話は済んだようだな。では我らも指輪をアーバンカルへと持ち帰ることとしよう。撤収するぞ!」

 クリウスの合図でタクミ達はエスミル山を後にしてアーバンカルへと戻ることにした。

 
 

「無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く