無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。

高田タカシ

二章 18 『ウルガンド攻防戦6 この世界で手に入れたモノ』


 「嘘でしょう・・・」

 ローゼが小さく呟く。ベルモンドによって操られた土の刃がタクミの体にその凶刃を突き立てた。

 ローゼから見たらいくつもの刃がタクミに突きつけられているようだった。

 しかしベルモンドの表情は獲物を仕留めたといった感じではなかった。目を見開き信じられないといった表情をしていた。

 「貴様・・!いったい何をした!?」

 「へへ・・これはあんまり使うなって爺さんに言われたけどこうなったらしょうがないよな。」

 ベルモンドが突き立てた刃はタクミの体に届く前にまるで見えない壁に遮られたようになっていた。

 「タクミ!大丈夫なの!?」

 タクミが生きていたことに驚き声をかけるローゼ。

 「ああ!安心しろよ!まだ死んじゃいねーよ!」

 「良かった・・・」

 タクミの元気な声を聞き安心した様子のローゼ。

 「なぜ私の魔法を貴様ごときが防いでいるのだ!!」

 目の前の状況が信じられないといった様子のベルモンド。

 「さっきまでの俺なら死んでただろうな・・・でも今お前の前にいる奴は魔法騎士団長クラスの魔力の持ち主だぜ?」

 「なんだと!?」

 「どういうことなの?」

 ともにタクミの言葉が理解できていない様子のローゼとベルモンド。

 「はあぁ!!」

 タクミが声を上げるとベルモンドが操っていた刃が粉々に砕かれた。そしてタクミの全身に光り輝く線のようなものが浮き出てきた。

 「くっ・・・!なんだお前のそれは!」

 「言ったろ?今の俺は魔法騎士団長並みの魔力だって。」

 「バカな!そんなことがあるわけがない!この魔力はまるでかつてのエドワード大魔導士のような・・・」

 あきらかに動揺しているベルモンド。

 「そうさ!今のおれはあの爺さんの魔力を使ってるんだからな!」

 「なに!?」

 「俺は二年前にこの世界で魔力を得たけどそれを使いこなすことは出来なかった。だから魔法を使うためにエドワードの爺さんと一緒に修行することにしたんだ。その修行の中で爺さんは俺の中に眠っていた特別な力に気づいたんだ!」

 「特別な力だと?」

 「ああ・・・これがその力だよ!」

 タクミは胸元をあらわにした。そこには手のひら大のタクミの体に浮き出た線と同じように光り輝く刻印のようなものがあった。

 「なんだその刻印は・・?紋章術のものとは違うな?」

 「これは俺の魔法回路を整えるための刻印だ。これのおかげで俺は魔法が使えるようになったんだ。あの爺さんがこれを俺に刻印した時、ただの精霊術だけではなくこの力が生まれたんだ。俺だけの魔術、そうだな・・・俺が無能だったからこそ生まれた魔術。無能術とでも名付けとくか。」

 「無能術だと!?貴様ふざけるな!」

 タクミの言葉に怒りをあらわにするベルモンド。

 「ふざけてなんかねーよ。俺はなかつては無能の匠なんてふざけたあだ名までつけられていたんだよ。でもあの爺さんは言ったんだ。何も持っていなかったからこそこの魔術が生まれたんだと。この無能術は相手の魔力を自分の力に出来てしまうんだよ!」

 「相手の魔力を奪うだと!?そんな魔術は聞いたことないぞ!」

 「だから言ったろ俺だけの魔術だって!この魔力こそがその証拠だよ!」

 タクミは魔力をその体にみなぎらせた。

 「どうだ?何も持っていなかったからこそ、俺は何事にも縛られることなく自由に魔術を使うことが出来るんだ。覚悟しろよベルモンド!お前の魔力もここで俺がもらってやるよ!」

 「ふざけるな!!そんなことあってたまるか!!」

 ベルモンドは怒りに任せてタクミを攻撃した。しかしその全てがタクミに触れる前に砕かれた。

 「バカな・・。こんなことがあってたまるか!」

 「あきらめろよ。今は俺の方が魔力は上だ。くらえ!」

 タクミがベルモンドに手をかざした。たちまち爆風でベルモンドを後ろの方に吹き飛ばす。レンガの壁に叩きつけられるベルモンド。

 「ぐ・・・こんなやつに倒されるなどあるわけがないのだ!」

 叩きつけられた衝撃で口からは血が出ていた。ベルモンドに近づくタクミ。

 「お前のような奴が魔力を手にするからこんなことなるんだ!二度とこんな真似ができないようにしてやるよ!」

 タクミが合図すると空間から複数の鎖が現れベルモンド空中に拘束した。

 「ぬおぉ!ぐっ!何だこの魔法は!」

 手足を縛る鎖をほどこうと暴れるベルモンド。しかし鎖がベルモンドを離すことはない。 

 「今のお前にその鎖は壊せねーよ。さて、じゃあさっき言ったようにお前の魔力もらうぜ!」

 タクミは右手を天に掲げた。

 「我、無能ゆえにその全てをほっする!今ここで全てを我に捧げよ!マジックオブロスト!」

 タクミが呪文を唱えると掲げた右手が白く光り輝く。

 「お前の異能もらうぜ。」

 タクミが光り輝く右手を縛られたベルモンドの心臓にあてる。

 「やめろ!貴様覚えていろ!必ず・・ぐおぉ!!」

 タクミの右手がゆっくりとベルモンドの体内に入っていく。しかしそこから血の類は出てこない。手が入っていくとベルモンドの顔が苦痛にゆがむ。

 「ぐっ!・・・・ぬお!ご・・・!」

 「おとなしくしな。抵抗すればするほど痛みを伴うぜ。さてお前の魔法の核となるものは・・・」

 タクミはみベルモンドの体内を探るように右手を動かす。右手になにやら球体のものが触れた。

 「お、あった!これだな?」

 タクミは手に触れた球体を握りベルモンドの体内から引き出そうとした。

 「やめろぉぉぉぉ!」

 ベルモンドが叫び抵抗しようとする。しかしタクミはお構いなしに右手を引き出した。その手には黒く輝く球体を握っていた。

 「よく見ろ。これがお前の魔力の核となるものだ。ふーん・・・お前のは黒いんだな。」

 「はぁ・・・はぁ・・・貴様ぁ!それを返せ!」

 鎖が消え去り解放されたベルモンドが息を荒げ、フラフラとタクミに近寄る。

 「嫌だね!言っただろ?これは俺がもらうってな!」

 タクミは黒い球体を右手に握りこんだ。次に右手を開いた時には何もなかった。

 「ふざけるなぁ!魔力を奪うなどあってたまるか!死ね!」

 ベルモンドは再び土の刃を造り出そうとした。しかしなにも起きなかった。

 「なんだと!?なぜ何もおきない!いでよ!ゴーレム!」

 巨神兵を呼び出そうと叫ぶベルモンド。しかし声だけがただ響いた。

 「無駄だ。お前はもう魔力を持たないただの人間だ。あきらめろよ。そしてこんなことをしたことを後悔しな!」

 タクミは右手に魔力をみなぎらせてベルモンドに迫る。その圧におされてベルモンドは後ずさりしながら倒れこんだ。

 「やめろ!・・・やめてくれ!そんなものをくらえば今の私は死んでしまう!」

 迫りくるタクミを見て命乞いのように助けをもとめるベルモンド。

 「断る。俺はこの世界でいまだにきちんとした勝利ってのをまだ味わってんないんだ。お前にはその第一号になってもらうぜ!」

 タクミはこぶしを振り上げベルモンドの腹へと振り下ろした。

 「ぐぉ!!・・・・・」

 殴られたベルモンドは地面に白目で横たわっている。

 「ふぅ・・・」

 ため息をつくとタクミの体に現れていた光り輝く線は消え去っていった。

 「タクミ!!」

 ローゼがタクミに駆け寄ってきた。

 「大丈夫!?タクミ?」

 「あぁ。大丈夫だよ。ちょっと魔力を使い過ぎたけどな。」

 「・・・殺したの?」

 白目をむいて倒れているベルモンドを見て心配そうにローゼが聞いてきた。

 「まさか!ちゃんと手加減してやったさ。もうこいつはただの人間なんだからな。」

 「そっか。よかった。こんな奴のせいでタクミ手を汚すことはないわ。」

 「ああ。・・・さて、敵の親玉は倒したけどここからどうしようか?まだ雑魚とはいえかなりの数がいるんだろ?」

 「そうね。・・・聞きなさい!邪神教徒共!ここにお前らの将軍は敗れたわ!おとなしく撤退しなさい!」

 ローゼがベルモンドがやられたことによって茫然としている敵軍に叫んだ。

 「・・・・ふざけるな!まだ我らが圧倒的に数では有利なのだ!将軍が敗れたとしても我らの勝利は揺るぎはしないのだ!」

 敵兵がローゼの叫びに敵意を持って応えた。将軍が敗れたことにより士気は下がったようだったがこのままおとなしく帰る気はないようだった。

 「くそ・・・こいつらなんぞ俺にまだ魔力があればなんでもないのに!」

 「タクミは頑張ったわ。でもまずいわね・・・私もあまり多くの魔力は残ってないわ。このままこの数で攻められたら持ちこたえるのは難しいわ。」

 「ちっ!せっかくベルモンドを倒したのにこれじゃあ状況はあまり良くなってねーじゃねーかよ!」

 タクミとローゼが少し後ずさりする。

 「こいつらにもう魔力は残ってないぞ!今こそ攻め時だ!」

 「おぉぉぉぉ!」

 敵軍が士気を上げた。前方にいた邪神教徒の兵達がタクミ達に襲いかかろうと迫ってきた。

 「ここまでか・・・」

 タクミが小さく呟いた。

 「死ねぇ!」

 邪神教徒軍に兵がタクミに剣を振り下ろした。

 次の瞬間、タクミに斬りかかってきた兵は何かに吹き飛ばされた。

 そこには見たことのある大男が立っていた。ジークである。

 「・・・なんでお前がここにいるんだよ。」

 タクミが驚いて声をかける。

 「言ったはずだ。私は私のすべきことをするとな。・・・それに私だけではないさ。」

 今度は敵兵の前に雷が落とされた。この悪天候によるものではない。

 「邪神教徒共!聞け!今ここに我らが魔法騎士団の軍が1万はやってくるぞ!お前ら一人残らず逃がさんぞ!覚悟しろ!」

 声の方を見るとドズールが立っていた。後ろにアトスもシュウもいる。

 「大丈夫!?タクミ!」

 後ろから声をかけられた。振り返るとレミとエリーが近付いて来ていた。

 「レミ!エリーさんも!?これはいったい・・・・?」

 状況が呑み込めないタクミ。目をキョトンとさせる。

 「くそ!魔法騎士団か!一万の軍だと!ふざけるなよ!そんなのやってられるか!撤退だ!撤退!」

 敵兵の中の隊長のようなものが声をあげた。その号令に従うように邪神教徒の軍は大広場から、そしてウルガンドから撤退していった。

 「ふぅ・・・良かった。これでウルガンドもとりあえずは安心ね。」

 ローゼが安堵から地面に座り込んだ。

 「なんで皆ここにいるんだ?」

 「どうやら今回の隊にはバカしかいなかったようだ。」

 ドズール達ががタクミに近づいてきて言った。

 「アトスからお前が一人でウルガンドに入ったと聞いてな。そしたら他の奴等も行くと言い出してな。まったく他の奴等もそうだがそれでここに来ちまう俺も大馬鹿だな!ガッハッハッ!」

 高笑いするドズール。

 「なんだよそれ!大体軍を連れてくるには一週間はかかるんじゃなかったのかよ!?なんだよ一万の兵って!」

 「あん?さっきのか?・・・あれは嘘だ。ここには俺らしかいないぞ。」

 「嘘だって!?」

 「ああ。あれは敵を撤退させるための嘘だ。イチかバチかだったが見事に信じてくれて助かったわ!」

 「あの状況で嘘って・・・どうかしてるぜまったく。」

 あきれた様子のタクミ。

 「一人で大軍に挑んでいったタクミには言われたくないんだけど?まったく!タクミこそ無茶しすぎだよ!もう!」

 レミが口をとがらせタクミに詰め寄る。

 「ハハハ・・・まあそれはなんだ。勝手なことして悪かったよ。」

 「謝っても許してあげないんだから!ねぇ隊長?」

 「ああ。命令無視の罰は重いぞ?覚悟はいいかタクミ?」

 指をならしながら今度はドズールがタクミに詰め寄った。

 顔は笑っているが怒っているのが伝わってきた。

 「悪かったって!今はもうヘトヘトなんだから勘弁してくれ!」

 「アハハ。まあここで立ち話もなんですので皆さん私の屋敷にいらしてください。たいしたことは出来ませんがおもてなしさせていただきます。」

 ローゼが立ちあがり皆に声をかけた。そこには昔のような無邪気な笑顔があった。

 こうしてタクミ達はウルガンドを邪神教徒の軍から守ることに成功した。

 さっきまで降りしきっていた雨もいつの間にかやんで雲の隙間からは日の光が差し込んでいた。




「無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く