無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。

高田タカシ

一章 6 『赤と緑の出会い』

  「・・・ん、もう朝か」

 まだ開ききってない瞼を右手でこすりながらタクミは目を覚ました。

 そこには太陽とあの緑の月以外何もない、快晴が広がっていた。

 「ふぁーあ・・・さてと、ここからどーしようかね」

 タクミはあくびをしながら起き上ると周りを見渡した。

 昨夜フェルが去っていった後、いろいろと魔法を使おうと試行錯誤したタクミだったが成果は何も得るものはなかった。そして疲れ切ったタクミは近くの木陰で野宿したのであった。

「ったく、あのフェルとかいうヤロー。自分の言いたいこと言ってさっさと帰りやがって。結局どーしたらいいのかわかんないままじゃねーか・・・」

 昨日のフェルの言葉を思い返してみた。

 ---魔法を覚えていけば元の世界に戻れるかもしれない---

 その言葉が印象強く希望としてタクミの中に刻み込まれた。

 「まずはこの魔法の力をどーにか使えるようにするしかないな。そしてその力でもといた世界に帰ることを目標にするしかねーよな・・・」

 タクミはこぶしを握りしめ決意をした。

 ・・・グーー・・

 決意とは無関係に腹は減るものである。

 「あーー・・そういえば腹減ったなぁ。もうしばらく何も食べてないな、魔法覚える前に食い物をどーにかしないと餓死しちまうよ。そんなの笑えねーよ」

 「とりあえずは人が沢山いる・・町みたいなところを探すか。まずは情報収集しないとな!」

 そう考えたタクミは昨日フェルを追いかけ走ってきた道をまた戻り始めた。

 「昨日は必死にフェルを追いかけてたから気にならなかったが、結構な距離があった気がするけど・・・」

 タクミはまた歩かなければならないと思い深いため息をついた。

 「まあ、しょうがねーな。とりあえずは行かねーとなんも始まらねー・・・」

  ・・・グルル

  ・・・ん?

 今度は腹が鳴る音ではなかった。

 後ろの方から聞こえてきた音に、タクミは嫌な予感がしながらもゆっくり音の正体を振り返り確認した。

 いた。そこにはたしかに{何か}いた。

{何か}というのは、ただタクミがそれをなんと呼ぶことが正しいのかわからないので{何か}という表現になってしまった。

 それは犬でもなければ猫でもない狐でもなければ熊でもない。だがこんなものは動物園でも図鑑でも見たことはなかった。

 四足歩行ではある。尻尾もある。だが口が二つある。顔から下半分が左右に分かれていてその両方に鋭い牙を備えている。牙からはよだれが垂れていた。
 ぎょろりと黄色い目玉をクリクリさせながらも息を荒くさせ緑色の鱗うろこを纏った体を上下させてタクミをいかにも襲わんと興奮している様子だった。

この生き物を表現する言葉はタクミにはこれしかなかった。

・・・化け物っ!!!

そう思った次の瞬間には振り返り、本能的に命の危機を察して一目散に走りだした。

 後ろからはさっきの化け物が追いかけてきているのがわかった。見て確認せずともわかった。

 昨日は追いかける立場で走ってきた道を、今度は追いかけられる立場で走ることになったタクミであった。

「はぁ・・はぁ・・・なんなんだよ次から次へと!!」

 走りながらタクミはこの状況を嘆き叫んだ。だが走る足を止めはしなかった。

 わずかに走る速度はタクミの方が早いようだった。徐々に距離は離れたが完全に振り切るにはいたらなかった。

 後ろのそれは相変わらずタクミを狙い追いかけていたのである。

 タクミの視界に開けた道が見えてきた。だが道に出たところで後ろのこいつをどうにかする術をタクミは思いつくこと出来なかった。

 だがそれでも止まるわけにはいかないので走り続けたタクミは道に飛び出した。

 ヒヒィィン!!

 聞きなれた鳴き声が左の方から聞こえた。

 そこには荷車を引いている馬がいた。これはタクミも見たことのある生き物だった。

 「危ないじゃないか!!そんなところからいきなり飛び出したりしたら!!」

 馬の手綱を握っていた口元の髭が特徴的な40代ほどの男がタクミに大きな声で注意した。

 「はぁはぁ・・すまねー!っていうか助けてくれ!!なんか変なのに追われてるんだ!!」

 タクミは息を切らしながらも、やつが追ってきている方を指さし助けを求めた。

 それと同時に後ろの荷車の仕切りが開いた。

 「どーしたのマルク?急に止まったりして?何かトラブル?」

 中から赤い髪をした若い少女が顔を覗かせ男に問いかけた。

 「あ、すいませんローゼお嬢様。いや急に森から人が飛び出してきましてね」

 そんなやりとりをしている間にさっきの化け物が追い付いてきた。

---グルルルル

 森の中から姿を現した化け物は相変わらずタクミにたいして、今にも襲いかかろうとする勢いである。

 「くそっ!追い付いてきやがった!こっちに来るんじゃねー!」

 タクミは恐怖からその場にしりもちを着き後ずさりした。

 「あら、モンスターに襲われていたのね」

 そういうと状況を察した赤い髪の少女は、右手の人差し指を向けその指先にポッと野球ボールほどの大きさの赤い光の玉を作り上げた。そしてそれを追いかけてきた化け物に向け放った。

 赤い光は化け物の目の前に落ちると大きな乾いた音と共に弾けた。地面に少し焦げた跡が出来ていた。

 その様子に驚いた化け物はさっとその身をひるがえし森の中へと逃げていった。

 「すまねぇ・・・助かったよ!」

 「いいえ。このくらいたいしたことはないわ。それよりもケガはない?」

 赤い髪の少女はやさしく微笑みタクミに問いかけた。

 こうしてタクミは偶然か運命か、なんとか命拾いをすることが出来た。

 そしてこれがタクミとローゼの初めての出会いとなった。




「無能な俺がこんな主人公みたいなことあるわけがない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く