時空干渉能力

暗喩

妄想男

三十路を越えた彼は、眠る前に必ず妄想をする。


何故、年甲斐もなく妄想をするかと言うと、それは、現実逃避でしかない。


サービス業をしている彼は、とてつもなく要領が悪かった。


やる事なす事が全て裏目に出てしまい、職場では鼻摘まみ者にされている。


そう言った経緯もあり、彼の唯一の楽しみは、妄想だけとなっていった。


妄想の中での自分はいつも頼もしくて、強くて、とても都合の良い存在であり続けられたからだ......。


そして今日も、いつも通り妄想をする。


就職をしてから10年と言う長い間、コツコツと脳内で作り上げてきた世界は、いよいよ大詰めである世界を破滅させる魔王との最終戦だ。


そこで彼は、考えた。


大団円ならば、今まで苦難を乗り越えてきた仲間達、いや、世界中の者達が束になっても勝てぬほどの最強にしようと。


そこで、最強である魔王に、


『時空干渉』


と言うスキルを付ける事にした。


本来、時間や空間に干渉出来る相手に勝つなど無理な話ではあるが、ご都合主義により、勇者である自分が颯爽と現れ、更に上手の能力で殲滅する。


そんな素晴らしい結末を考えていた。


『時空干渉』


を超える能力......。


彼は、再び考える。


しかし眠気も相まって、全く思いつかなかった。


そこで、今日は一旦睡眠を取り、明日改めて考え直す事に決め、眠りに就いたーーーー



ーーーーふと目を開けると、彼の前には、恐ろしい顔をした魔王の姿があった。


彼はそれを見ると、すぐにこれは夢だと確信した。


何故なら鮮明に映し出された魔王は、自分の脳内イメージと完全に一致していたからだ。


明晰夢を見るのは初めてだった。


何度も挑戦したが、一度も成功する事はなかったのだ。


すると彼は、明晰夢の代表的な特徴である、自分の思い通りになるという事柄を利用して、考えられる我儘な設定を沢山詰め込んだ。


その上で、魔王に攻撃を仕掛けた。


しかし、一瞬で目の前が暗くなった。


魔王は彼の生い立ちに干渉する事で、彼自体の存在をなかった事にしたのだ。


そこで彼は、この世界は夢ではないと理解した......。ーーーー



ーーー目を開けると、彼は布団の上にいた。


朝日の差す見慣れた部屋の中で、目の前に見える目覚まし時計を見た時、彼は先程までの顛末が夢であった事を理解して、出勤の支度をした。


その夜、再び、あの魔王に勝つ手筈を考えた。


夢とは言え、あんな無惨な負け方はしたくないからだ。


そして、最終的に結論として、


『時空干渉』


を消す事にした。


その代わりに沢山の魔法スキルを加えて、調和を図った。


そしてまた、眠りに就くーーーー



ーーーー目を開けると、またそこには魔王がいた。


彼は魔王の設定改変が有効になったと考えて、勇敢に戦った。


しかし、また目の前が真っ暗になった。


結局の所、


『時空干渉』


は消えていなかったのだ...。



それからと言うもの彼は毎晩、絶対に勝てる筈のない相手と戦っている。


だが、何を施した所で、目の前が真っ暗になって終わってしまうのだ......。



そんな日々が一年続いた頃、彼は既におかしくなっていた。


仕事も休みがちになり、挙句の果てには退職までしてしまった。


そして、狂った様に設定を練り直す。


しかし、何をやっても目の前が真っ暗になって終わってしまう。


いよいよ食事も摂らず、永遠と脳内で打開策を考える様になった。


そして遂に、体調を崩して眠気とは全く違う、意識が遠のいていく感覚に襲われて行った......。ーーーー


ーーーー彼はふと目を開けると、そこには勇者がいた。


そこで彼は、


『時空干渉』


を使って勇者の存在を消した。


ーーーー何も言葉を発する事なく、只、黙々と。


静かに消えて行く勇者を見て、彼は自分の存在が消えたしまった事を、初めて理解した。

「時空干渉能力」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く