未解決探偵-Detective of Urban Legend-

神田尚成

屋上、灰色⑤

「死が人間にとって特別な意味ものであることは間違いない。では、その特別なものが失われようとしているときになんの感情もわかないというのは、一体どういう状況だろう?」

タバコの煙の向こう側を見つめながら、久我刑事は空に投げかけるように口にする。

勇吾は少し逡巡したのちに、頭の中にある輪郭の甘い仮説を言葉にする。

「大きくわけて2つ考えられます。1つは、我々普通の人間とはまったく違う価値観を持っているということ。つまり、屋上で死んだ彼女たちにとって、死が特別ではなかったという仮説です」

勇吾の言葉に、久我刑事は勇吾に視線を向けて「なるほど」と頷く。

「僕はさっき、当たり前の前提として、死が特別なものだと言ったけれど、そもそも特別に思ってないから、感情が大きく動くことがなかったということか」

「はい。残留感情は“個々の価値観”をベースに、一定の閾値を超えたときに発生します。たとえば、家族関係に価値を置く人にとっては、近親者のふるまいや状況の変化が残留感情の発生要因となる。逆に、そこに価値が置かれていない人にとっては、仮に同じ事態が起こったとしても、同じようには発生しません。残留感情は、その人がどんな人間で、どんな価値観を持って生きているかが色濃く反映されるんです」

かつて勇吾は、未就学児の男児誘拐事件に関わったことがある。

幹也くんという5歳の少年が誘拐され、身の安全と引き換えに5000万円の身代金を奪われることになったというのがことの顛末なのだけれど、残留感情によって関係者の思惑が浮き彫りになった最もわかりやすい事件の一つだ。


まず、誘拐犯からの1本目の脅迫電話を受け取った当時55歳だった彼の祖母。

受話器の目の前に残された彼女の残留感情は、後悔と祈りだった。

普段家にいない両親に変わって幹也くんの面倒をみていた彼女は、誘拐されるほんの数分前まで彼と一緒にいた。

『自分がいっときでも目を離さなければ、幹也がこんな目に合うことはなかったのに』

そんな悔悟の念がダイレクトに伝わってくるほど、彼女の残留感情は後悔と孫の無事を心から願う祈りに満ちていた。


次に、誘拐された事実が確定してから仕事を切り上げ家に帰ってきた幹也くんの父。

彼の残留感情が生じたのは、身代金の金額を聞いたその瞬間だった。

怒りと憤りに満ちた感情の色と表情。

その感情と憤りは、犯人だけではなく誘拐される直前まで一緒にいた自分の母親、誘拐された勇吾くん本人にまで向いていた。

残留感情は言葉を発さないが、雰囲気や表情で言葉以上に伝わる。

『この忙しいときに本当に迷惑だ。しかも、5000万円だ? なぜ、そんな金を私が払わなければならないんだ!』

そこには、息子の安否を願う想いは含まれていなかった。

もちろん、残留感情は強烈な感情だけが写像されるため、心のうちには幹也くんに対する優しさや案ずる心はあったのだろう。

ただそれが、自身の仕事や資産を侵害されたことへの怒りに遠く及ばなかっただけなのである。


そして―最後の関係者である母親の残留感情が生まれたのは、最も遅いタイミングだった。

彼女は父親と違い、誘拐という事実に対し人並みに悲しみ、また真剣に身を案じていた。

それは祖母と違い、残留感情として身体から滲み出るほどの感情ではなかったが、そのこと自体は普通にありうることだ。

感情の振幅がそもそも薄い人も存在する。

そういう人は残留感情が生まれにくいのでそういうタイプなのだろうと、事件の渦中の勇吾は理解していた。

しかし、そんな彼女の残留感情は、あまりにも意外なタイミングで発生することになる。

身代金の受け渡しが終わり、幹也くんが無事に帰ってきたあと。

警察の捜査が誘拐事件の解決から、逃走犯の捜索に切り替わったタイミング。

身代金の受け渡し時のデータから作成した犯人のモンタージュ画像をみた瞬間に、彼女の残留感情は発生した。

その感情の色は、一言でいえば驚愕だった。

あとからわかったことだが、誘拐の実行犯は結婚前の会社の上司であり、当時の彼女の不倫相手だったのである。


―このように、全く同じ一つの事件であっても、価値観という色眼鏡を変えれば、浮かび上がる事実、切り落とされる残留感情はまったく異なる。

そしてこれは、今回の事件にも同様のことが言える。

生、あるいは死が人にとって極めて特別なものであるという認識があるからこそ、そこに残留感情がないのはおかしいという仮定がたつ。

しかし、もし生きること、死ぬことが彼女たちにとって特別なことではなかったら。

それ以外に大切な価値観を共有していたとしたら。

残留感情が一箇所たりともないことは不思議ではない。

そういう特性を持つ女の子たちが、一つの儀式、あるいはイニシエーションとして定期的に命をたっているということは考えられないか?

「未解決探偵-Detective of Urban Legend-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く