妖精の羽

ささみ紗々

エピローグ─彼女との未来─

それからのこと。

春が終わり、俺はちゃんと教師をやっている。
俺の家には漆黒の黒髪で純白の心の持ち主。クロゼットには白いワンピースが何着もある。全く、同じようなのしか着ないのか?
そう言ったら、「同じじゃないし!」と頬を膨らませて拗ねるんだ。

何日か休みをもらえた日には、あの飛鳥山へ行った。もちろん2人で。あの日のシラカシの板を持って行って滑ろうとしたところ、滑れるほど頑丈ではなくなっていた。



魔法が使えなくなってしまった彼女は、なんだか物足りないようだったけれど、実は彼女は今もずっと魔法を使えてるんだってこと、本人は知らない。

「俺は君のおかげでいつも笑顔でいられるんだよ。他の何でもない、君は俺の妖精だよ」

太陽に透けて見える幻想的な羽は、今はまた彼女の背中で輝いている。彼女が選んだ、背中にリボンのついているドレス。彼女らしいと思った。

真っ白なドレスを着ていつもよりおめかしした彼女を、俺は一生離さないと胸に刻む。

キラリと光る彼女の左手薬指。俺はそっとキスをする。
「誓います」
と言葉を添えて。

「春山セツナ、だって。変なの〜」
と言いながら、嬉しそうに顔をほころばせた。もちろん泣きながら。



その冬は、たくさんの雪が降った。でも暖かい冬だった。
人々は暖かい冬に気持ち悪がったけれど、これはきっと神の……というより、シャルロットさんとかいう人の悪戯だろうか。


とにかく俺は、ほんの少しの間にたくさんの経験をした。
これからも俺の人生は続くし、その隣にひとりの女性がいる今となっては、"俺達の人生"になる。
きっとみんな運命だなんだってくっついていくんだから、こんな出会いは運命以上のものに違いない。

何があっても大事にするんだ。
儚く、脆い、この妖精を。

「妖精の羽」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く