異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

第二試合 The King in Yellow 1

6体のトレーサーウルフとの戦いが終わった数分後、啓斗は闘技場の床にへたり込むように座ってナビゲーターと相談していた。

『ふう、第一試合はスキルを2回使うだけでなんとかなりましたねー』
「ギリギリな。今回は時間制限が設けられてて、しかも都合よくあいつらを攻略できるスキルを持ってたからだ」
『まあ、運によるところも結構ありましたね。それじゃ、改めて気合い入れて行きましょう!!』

ナビゲーターが両手をグッと握りしめて言うのと同時に、ヴェローナの放送が再開した。

『はい、皆様お待たせいたしました。これより、第二試合を開始したいと思います!』
『今回のルールは簡単です。こちらの闘士と挑戦者のタイマンで、どちらかの生命活動が停止するまで殺しあってもらいます』

レイラの説明を聞き、啓斗は背筋に寒気を覚えた。
今回は相手を殺さなければならないが、先ほどのトレーサーウルフの強さも鑑みて、弱い敵が来るはずもない。
つまり、二試合目にしてかなり消耗するのが目に見えたわけだ。

「……それでもなるべく温存したい。ナビゲーター、状況判断を頼むぞ」
『はい、モチロンです。啓斗様を絶対に死なせはしませんから、安心してドーンと構えといてください』
「安心はできなそうだな」
『ヒドイ! 私だって頑張ってるんですよ!?』

啓斗とナビゲーターが会話をしている間にも、ヴェローナとレイラの放送は続く。
同時に、トレーサーウルフが出てきたのと同じように床が開く。ただし、さっきより開く面積が大きい。

『今回の挑戦者の相手は、私たち〈ジャンクヤード・ジャンキーズ〉の生物化学者であるミリアが「最高傑作のひとつ」と自負する最強の生物兵器!』
『今までの挑戦者じゃ勝てる可能性が0なので使用できませんでしたが、今回ならば使っても大丈夫だろうという話し合いの結果になりまして、戦わせる次第になりました』
『では、ご紹介しましょう! 我らがミリア・ナイアー・ラトテップの最強の試作品、「黄衣の王」のお披露目です!』

ヴェローナの高らかな掛け声と同時に、巨大な穴の中から何かが飛び出してきた。
それは、まるで黄色いペンキを適当に塗りたくったような光沢のないぼろ布をまとっている。両腕は色が真っ黒なこと以外はちゃんと人間の腕で、ぼろ布の陰になって顔は見えない。
だが、もっとも注目すべきはその足元だ。その脚は人間のようなちゃんとしたものではなく、太い触手のようなものが数本絡み合っているのだ。

「…………」
「今度は唸り声すら上げないか。それにしても……」
『それにしても……デカくないですかねー……?』

もっとも注目すべき、といったが、啓斗たちはこの足元に注目せざるを得なかったというのが真実だ。
なにしろ、目算で分かるだけでも身長が確実に5メートルはある。

『それでは、時間無制限! ルール無し! ……レッディィィィ………』
『今回は一筋縄じゃ行きませんよ。死ぬ気で戦ってください。あ、死んだらダメか』

第二試合の敵、〈黄衣の王〉の体の周りに、弱くはあるが風が渦巻き始めているのを啓斗は感じた。
さらに、足の部分の触手が伸び、闘技場全体を覆いだす。

『……ッゴー!!!』
『せいぜい頑張ってくださーい』

試合開始の合図と同時に、黄衣の王が右腕を振り下ろしてくる。
啓斗が回避し、その拳は床に直撃したが、その床に巨大なヒビが入った。

『なんって威力! 啓斗様、絶対にアイツの攻撃を喰らっちゃ駄目ですよ! いくら防御スキルがあっても連チャンで貰ったら気絶じゃすみません!』
「ああ、分かってる! だが、こいつをどう攻略する? この状況で【敵対鏡像】は無理だ。攻撃が広範囲すぎるし、確実に巻き込まれる!」
『ですから、隙を窺って最強の一撃を叩き込む先方に切り替えましょう。まずは基本、【分析アナライズ】です!』
「……【分析アナライズ】発動。目の前の敵のステータスを表示しろ!」

モンスターNo.4044「黄衣の王」ランクS
HP:A
MP:A
P・ATK:S
M・ATK:S
DEF:B+
DEX:A-
SPD:C
LUK:E

魔法属性適正
火:C 水:E 風:S 土:D 光:E 闇:A 無:B

状態:攻撃態勢

特殊スキル:不明

固有スキル:不明

「スキル不明? どういうことだ?」
『……私の情報データベースの中に無いってことです。が、ほとんどあり得ないことのはず』
「今はそんなことを考えている暇はない! いいから戦うぞ、集中しろ!」
『あー、もう! 分かりましたよ!!』

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く