異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

1分18秒間の攻防

「連続射撃モード起動、目標をロックしつつ撃ち続けろ!」

ミューズが指を鳴らしながら命じると、二挺の拳銃が物凄い速さで弾丸を撃ちだし始めた。

「最新式強化手甲Ⅱ型……あの脳筋をそのまま体現したみたいな男じゃないが、これが一番手っ取り早い!」

銃撃を嫌がるように鋏で弾きながら、怪物はミューズに突進してくる。
怪物がミューズの眼前まで迫ったその瞬間、その頭部と思わしき場所に音速の右フックを叩き込んだ。

「がじゅうぅぅ!?」
「遅い! もう一発だ!!」

右フックが命中した勢いに任せて体をひねり、そのまま怪物の腹部に左ボディブローをめり込ませた。
怪物の腹は見るからに堅固な甲殻で守られていたのだが、それをぶち割って「身」の部分に直接攻撃したのだ。




「ちょ、何よあの装備! 失敗作とはいえ、ただの警官の装備じゃミ=ゴの甲殻を破壊なんてできないはずなのに!」

ローグが街中に張り巡らせている監視カメラと超小型ドローンから、ミリアはミューズ刑事と自身が作り出した実験体の失敗作である怪物の戦いを観ていたのだが、この状況を見るとノートパソコンが置いてある机をガンガン叩きながら歯ぎしりをしていた。

「あんのクソガキ警官、調子に乗るんじゃねぇぞ……!!」




ミリアが1人でそんな大騒ぎをしているとき、ミューズは追加で右ボディを割れた甲殻の中身に拳をぶち込んでいた。

「ぎしぇえええ……!!」
「さっさとくたばれ、腐れ怪物!」

ダメージが通っているようで、怪物が動きを止めた。
その瞬間にミューズは力いっぱい怪物の頭部、つまり短い触手がみっしりと生えた楕円形の部分を両手で鷲掴みにし、そのままねじり潰そうとした。

「あぎぎぎぎ……」
「殺、して、やる……!!」

ミューズはどこか憎悪という感情を思わせる形相で怪物の頭部を潰しにいっているが、もちろん敵の方も黙ってやられているわけではない。
右腕の鋏を大きく開き、ミューズの胴体を切断しようと攻撃してきた。

「うがしゃああぁぁ!!!」
「ちっ、回避するか」

ミューズは巨大な鋏が自分の胴体に到達する寸前に、つま先を動かす。
すると、靴底から細い一本のワイヤーフックが射出される。そのワイヤーは、数メートル下に浮遊している赤く発光する小さな的のようなものに突き刺さった。
そのままワイヤーは怪物の攻撃よりも遥かに高速で巻き取られる。

「あぐっ!?」
「回避しながらも攻めることを忘れてはならない、特に死闘の時は」

一瞬で怪物の真下まで移動しつつ、今度は自分で持って2挺の拳銃から弾丸を4発撃つ。
銃撃は、全て正確無比に甲殻が割れた腹部へと吸い込まれるようにして撃ち込まれていった。

「ぐがしゃあああ!!」
「……所詮、襲い掛かるしか能のないバケモノか。少しがっかりしたよ」

軽いため息をつき、怪物に向けてその足裏を向ける。
土踏まずの部分にあたる場所が再び開き、ワイヤーが射出される。
ワイヤーは、怪物の腕に突き刺さると、また物凄い勢いで巻き取り出す。

「……経過時間は1分と2秒か。丁度いいな」

ミューズは、巻き取られるワイヤーと降下してくる怪物の勢いの両方を利用してはるか上空へと飛び上がった。

「トドメだ……喰らえ!!!」

空中で体を反らせ、両手のひらを頭上で組んで下方の敵を見据える。
そのまま、重力による加速に身を任せて落下する。
怪物は、まるで単純な構造の機械のようにミューズに向かって突進してくる。

「ぐあっしゃああぁぁ!!」
「いい加減耳障りなんだよ、死ね!」

体と体が交差する直前、ミューズが敵の頭に向けて両腕を振り下ろす。
グチャリ、という気色の悪い音を立てて怪物の頭部は木っ端微塵に破壊された。




「……流石、特務課に配属されるだけある。確実に仕事をこなした」
「でも、無駄な動きありませんでした? 結局ド頭潰すんなら、わざわざ硬い殻に守られてる腹部まで攻撃しなくてもいいじゃないんスかね?」
「いや、敢えて防御力の高い部分を破ることによって危機感を覚えさせたんだろう。そして続けてさらけ出された『弱点』への攻撃。あの単細胞の化け物は、ついさっき頭を潰されそうになったのも忘れて腹を守っていた。そこを狙ったわけだ」
「……ほへー、なるほど。留めの一発のためにわざわざ!」
「まあ、私の推測だがな」

もはや屍へと変貌した「失敗作」の怪物は、ゆっくりと街の広場へと落下していく。

「経過時間、1分18秒12。まあ、自分に及第点をやってもいいか」

軽く肩をすくめると、ミューズはそのままジャンクヤードへと向かっていった。

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く