異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

侵入、ジャンクヤード

「さて、ジャンクヤードに到達して早々……どういう状況だコレは」

中央街とジャンクヤードを隔てていた壁をぶち破って内部に侵入した啓斗だったが、数十メートルも行かないうちに、何やらネジや歯車だらけの大量の小型ロボットに周囲を囲まれてしまった。

『ガ、ギギ……来タ、敵!』
『殺セ! 殺セ!』
『ローグ様ノ邪魔スル奴! 殺ス!!』

このような具合に、このロボット共は機械的なノイズ音を混じらせながらそう言っている。

「……そのローグって奴が誰だか知らないが、俺を殺す気でいるなら容赦はしないぞ」

啓斗の中ではその『ローグ』という人物は恐らくこのジャンクヤードにおいて重要な人物なのだろうというような憶測を立てながら、構えを取る。
左腕を前に出して腰あたりの位置で構え、右腕は肘を曲げてあごの近くに持ってくる。何かの漫画で読んだ記憶から思い出した、斜に構えた体勢だ。

『ギガァァ!!』

ロボットのうち、啓斗の背後にいた個体がいきなり飛び掛かってくる。それを素早く回避してロボットの腕を掴むと、前方のロボットに向かって投げ飛ばした。
前方にいたロボットは回避できずにそのまま投げられた方のロボットと激突して吹っ飛んだ。

「よし、道が開いた!」

他のロボットたちは動くよりも先に、啓斗は【トリプル・スピード】を2秒間だけ発動して囲まれた状況から脱出した。
そのままヴェローナとレイラが移動したと思わしき方向へ走り続ける。後ろからはガシャンガシャンというような音が大量に追ってきており、止まれば捕まってしまうだろうということが分かる。

(……確かに中央街とは大違いだな。建物らしい建物は見当たらないし、その辺にガラクタとか汚れた空き缶とかが投げ捨ててある。その辺にチラホラ人間の姿も見えるが、皆薄汚れた服を着て死んだ目で虚空を見つめている)

ジャンクヤードガラクタの庭〉という名称が確かに相応しいのだと理解したところで、突如どこからかスピーカー音声が聞こえてきた。

『ザ……ザザザ……あれ、回線大丈夫かな? うん、大丈夫そうだね。あー、あー、ジャンクヤードの皆さんこんばんは! ジャンキーズの天才機械技師、ローグ君だよ!』

スピーカーからは、無邪気な少年と思わしき声が聞こえてきている。どうやら、スピーカーはこのジャンクヤードの至る所に設置されているようで、聞こえてくる方向が安定しない。

『今日は皆さんにいいお話があります! 実は現在、僕たちのアジトを探り出そうとしてる不届き者がいまーす。目印は僕の作った廃品ロボたちに追われてる若い青年! 殺してくれたらその方とその家族に20万ルーン! もしも生け捕り出来たら追加で10万! それじゃ、宜しくねー!』

放送が流れた瞬間、周囲にいる人たちの眼の色が変わった。先ほどまでの死んだ目から、昏い欲望に囚われた陰鬱な光を放つものになった。

(俺一人のために大金を積んだか……! 確かに人間は金のためなら化けるからな。……くそっ、嫌な頭痛がする)

自分の暗い過去から逃げるように、啓斗は走り続ける。




「ふう、まあこれくらい言えば長めの足止めくらいにはなるでしょ」
「全く、金を使うのに躊躇いが無さすぎるぞ。30万ルーンもあれば新しいパソコンとモニターを4、5台買って設置するくらいできるだろう」
「まあ、確かにジェドさんの言う通りではあるけど、こっちにも事情があるからね。できれば生きたまま捕まえてほしいな。あ、何ならジェドさんも行ってくれない? お金は払うよ」
「……ったく、しょうがねぇな。どうせあの2人を案内するために外に出るし、ついでにやってきてやるよ。金は要らないが、1つ『貸し』だからな」
「あはは、はいはい」

ジェドは箱から煙草らしきものを取り出すと、咥えて火をつける。ゆっくりと吸い込んで吐き出したその煙からは、濃くて甘ったるい匂いがした。

「……僕はその匂い苦手だけど、人気あるよねー、ソレ」
「当たり前だ、俺の秘密の調合だからな」

またもう一息吸いながら、ジェドはにやりと笑って、地上へ上がる梯子に向かって歩いて行った。

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く