異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

パーティナイト・フィナーレ 3

いきなり発射された花火を間一髪で回避しつつ、啓斗は戦いの構えを取る。だが、ベネットの姿を改めて確認すると彼は戦慄した。

「『スーパーぶっ殺しモードスペシャル』発動! あの世へ叩き込んでやるニャアァァ!!」
「くそっ、まずい……!」

現在のベネットは、まさに殺戮マシーンというような風貌をしていた。走りながら体が変形しており、両脚は普通の人間のようなものから〈猫の脚〉を意識したような強靭かつしなやかなものになっている(変形の影響か、貼られていた皮膚が破れて機械の部分が露出している)。
両肩部が開き、そこからは何やらレーザーサイトを光らせた小型キャノンが顔をのぞかせている。更に、破損していない左腕からは金属と金属をこすり合わせる嫌な音がし始め、腕を覆い尽くす無数の小型丸鋸が出現。
肘から下が無い右腕は、どういう原理かは不明だがチューブやら配線やらが触手のように伸びており、これも確実に武器として機能するだろう。
背中からは蜘蛛の脚のような8本の鉄の触角がチキチキと音をさせながら動いている。
そこまで確認したとき、啓斗はベネットの体格が大きくなっているのに気が付いた。160センチメートル後半程度の身長であったはずが、今は180センチほどになっており、啓斗の身長を超えている。

「チャチャッとあの世に逝きさらしなさいニャー!!」
「うおおっ!?」

ベネットが丸鋸の集合体となっている左腕を振り下ろしてくるのを避けた時、啓斗は更に戦慄した。彼女は手のひらを見せた状態で攻撃してきたのだが、その指先一本一本に鋸が仕掛けてあったのだ。
これが意味するのは、つまりこのアンドロイドの体には微塵の隙もないということ。製作者がいかに緻密にこの「怪物」の全身に兵器を仕込んだのかが窺い知れる。

「避けるんじゃ、ねー!」
「ぐああーっ!!」

避けて背後に回った瞬間に回し蹴りがヒットする。今までのベネットの攻撃と比較にならないほどの衝撃と共に啓斗は吹っ飛ばされる。
空中を飛ぶ啓斗だったが、それよりも速いスピードでベネットが走り迫ってきた。

「うっそだろオイ!?」
「絡め取り取り捕り捕りとりとりトリトリぃぃィ!!」

右腕の配線やらチューブやらが伸びてきて啓斗の全身を縛り、そのまま空中に固定してしまった。
逃れようと本気で抵抗する啓斗だったが、体勢を変えられないほど完璧に捕縛されてしまっているため、何も出来ない。

「さて、どーしよっかなぁ? このまま絞殺しちゃおかな? それとも電気流して黒焦げ? やっぱり銃殺の方が良いかな?」

ケラケラ笑いながら、捕縛した啓斗を見上げて目を細める。どこかの配線をこの行動に回しているのか、どんどん新しい管が啓斗に巻き付いてくる。
そのさなかでも、ベネットの口からは鮮やかな色彩で夜空を彩る花火が発射され続け、挙句の果てにはサーカスのような音楽が鳴りだした。

「う……が……ああっ……!」
「そーだ! 中身から引き千切ってあげるニャ! 血の雨降らせて終わりにするニャー」

ベネットがそう言ったと同時に、啓斗の口から管が侵入し始めた。喉の奥へと管が入り込んでくる感覚に、啓斗は吐き気をもよおした。

「バラバラにしてあげるニャー。あとちょっとかニャー♪」



一方、ヴェローナとレイラは一目散に屋上から逃げ出したのだが、執拗にミューズが追跡してくるため撒けないでいる。

「待て、犯罪者ども! 必ず貴様らを逮捕する!」
「むぅ、しつこいですね……」
「レイラ、とにかくジャンクヤードまで逃げるの! あそこまで行ければ……!」

装備している空中移動用装置の性能の差のおかげで2人は追いつかれずに済んでいるが、ミューズが躊躇いなく発砲してきているため回避がままならない。

「既に本庁に連絡は済んでいる。応援が来るまで奴らを補足し続ければ私の勝ちだ」

その時、突如としてミューズの視界が遮られる。それは、巨大で奇妙な謎の生物だった。
思わず逃げていた2人も振り向く。それと同時に通信が入った。

『2人とも聞こえる? ミリアよ、応答して』
「ミリアさん! い、一体アレは!?」
『そうね、私の作った実験体よ。大丈夫、あなたたちを襲ったりはしないわ。あの警官をしばらく足止めするくらいはできるだろうから、すぐ逃げて』
「了解しました。ヴェローナ、とにかく行きましょう」
「う、うん!」

「それ」はミューズより少し大きい背丈をした、ピンクがかった色の生き物だった。こうかくるいのような胴体に膜のような翼のようなものがついており、数組の細く尖った脚がついていた。頭があるべき場所には、短い触手に覆われた渦巻き状の楕円形がついていた。

「なんなんだ……これは!?」

「それ」はどこから発しているのか、低いうなり声をあげたかと思うと、ミューズに向かって一直線に飛び掛かってきた。







「ミリア、お前本気なのか? あの生体兵器どもは人間に使うとまずいと言ったのはお前だぞ」
「いいのよ、アレは実験過程で出た不良品だから。でも、体の機能と耐久度は量産型の1体として申し分ない。戦闘データ収集のいい機会だわ」
「……正規品は絶対に開放するなよ。今いる個体どもを留めとくのが精いっぱいなんだからな。街中に散らばったのを回収なんて無理だぞ」
「分かってるわよ。でもアレは記念すべき実験体のNo.1だもの。有効に使いたいじゃない」

ミリアはクククッ、と気味の悪い笑いをこぼした。

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く