異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

パーティナイト・フィナーレ 2

「あー、もう! ベネット何してんの! 敵と戦う時はまず能力値を分析しろっていつも言ってるのに!」
「今のはベネットの過失というよりかは向こうの行動が予想外だったせいだろ。お前、オーバーリアクションじゃないか?」

巨大モニター越しにベネットたちと啓斗たちの戦いを観戦していたローグ・ジェド・ミリアのジャンキーズ3名。
現在起きているベネットの異常に、ローグは頭を掻きむしって焦っている。

「焦るに決まってるよ! 彼女は僕の最高傑作なんだ! このまま分解されてデータ消去なんてされたら自殺モノだよ!!」
「ちょっと、落ち着きなさい。あなたこの前言ってたじゃない、あの子の行動と戦闘の記録はリアルタイムでバックアップしてるから問題ないって」
「……あ、そうだよね。そうだったそうだった。アレさえ無事ならこの状況も何も問題なかったんだった」
「全く、しっかりしろ。ウチは俺のヤクとお前のメカニックとハッキングの腕、それとヴェローナの密売で持ってるんだ。むしろ今はヴェローナたちの救出を優先すべきだろう」
「……分かったよ。ベネット用の義体は費用がかさむからなるべく壊したくなかったんだけど、彼女を一旦犠牲にしてヴェローナとレイラを助けるよ」

そう言うとローグは床に放ってあったノートパソコンを拾って立ち上げ、何かの操作をし出す。

「あの状況からみると、ベネットたちがやや不利という感じだが。一発逆転の手があるのか?」
「まあね。負荷がめちゃんこ大きいから、モードを搭載はしてたんだけど1回も起動してないんだ。ベネットは存在すらたぶん忘れてるよ」
「そんなに負担大きいの? 大丈夫かしら……」
「今回はもうベネットの義体の耐久を無視して戦わせるから、関係ないよ。えーっと、義体に保存されてる自我データと戦闘記録を転送して…………よし」

ローグがパソコンを操作している間にも、モニター画面には啓斗とヴェローナの戦いの様子がリアルタイムで映し出されている。
状況的には、ヴェローナが啓斗に反撃してベネットの元へと走っているところだ。それと同時に、増援要請を知らせるランプが点灯した。

「ああ、ヴェローナもレイラも焦りすぎだ! ジェド、彼女に連絡して急いでレイラと一緒に脱出するように言って! ミリアさんはレイラに増援要請についての応答!」
「分かった。ヴェローナにはベネットは放っておいて逃走するように伝えておく」
「ミリアさんはレイラに増援はいらないっていう返事ね! ちょっと、聞いてる!?」

しかし、ミリアは返事を一切せずに何やら自身の携帯型端末を操作し続けている。

「ねえ、何してるの!?」
「こんなチャンス滅多にないもの……私は私のやりたい事を今回はやらせてもらうわ!」
「ちょ、何言って……ミリアさん!?」

ミリアはニタリと笑みを浮かべると、身を翻して階段を駆け下りて行ってしまった。

「ミリアさん、何をする気なんだ?」
「……ローグ、通信を終えたぞ。ミリアがどうしたんだ?」
「ミリアさん、いきなり階段を下りて行っちゃったんだ。訳が分かんないいよ」
「まさか、アイツ! この混乱に乗じてアレを解き放つつもりなのか!」

そう言うやいなやジェドはミリアを追って地下三階へと走って行ってしまった。

「……とにかく、今僕がやるべきことはベネットにこのパーティを終わらせてもらうことだ。さあ、華麗に幕引きしてくれ!『モード:ザ・フィナーレ』起動!」






「ベネットさん、ベネットさん! ……ダメだ、ピクリとも動かない」

啓斗を屋上の床にめり込ませてベネットのところへ到達したヴェローナだったが、膝立ちの状態で口から白煙を吹き出しながらブスブスという音をさせているベネットをどうすればいいか分かっていない。
途方に暮れていたその時、通信が入る。

『ヴェローナ、こちらベースのジェドだ。そっちの状況は把握できてる』
「ジェドさん! ベネットさんが、ベネットさんが……!!」
『ああ、分かってる。まずは落ち着け、ベネットの回収に関してはこちらで確実に何とかする。お前とレイラは第一優先でそこから脱出、帰還してこい。これは命令だ』
「で、でも……!」
『黙って従え! 俺たちもお前とレイラに死なれちゃ困るんだ! つべこべ言っている場合じゃないんだ!!』
「っ! ……分かりました。レイラを連れて急ぎ逃走します」
『ああ、それでいい。バックアップは任せろ、とにかく行け!』

ジェドが通信を切ると同時に、ヴェローナはミューズに翻弄されているレイラの元へと走り出す。啓斗もダメージを感じさせない様子で既に立ち上がってルカの元へと走っていた。

啓斗が倒れたルカに駆け寄り、ヴェローナがレイラに素早く退却の旨を伝えたその時だった。



「ドッ、ドッ、ドッ、ドォーン!!!」

いきなりベネットの口の中から光る玉が3発撃ちだされる。
それはマギクニカの夜空に向かって飛ぶと、巨大な花火となって鮮やかに散る。

「アヒャヒニャーハハハハハ!! レディースアーンドジェントルマーン! 今宵は楽しい楽しい宴の時間でぇございましたが、そろそろ幕引きとさせて頂きます!」

ベネットの全身がまるでイルミネーションのように発光しだし、さらに眼球の色が白黒反転した。

「さあ、さあ、さあさあ参りましょう! パーティの幕引きには、派手な花火と血飛沫が欠かせません! 愚かな愚かな異国人様、パーティの終わりに一花添えて下さいませ! ニャッハハハハヒヒ!! 」

そしてベネットは、一直線に啓斗目掛けて花火を撃ちだしながら襲い掛かってきた。

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く