異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

パーティナイト・フィナーレ 1

三つ巴の戦いは、こうして佳境に入る。
まず、戦闘相手を行動不能まで追い込んだ啓斗とヴェローナは、やられた方を助けるために咄嗟に動く。
もちろん、中間の位置で睨みあうこととなってしまった。

「俺はルカを助けなければならない! そこをどけ!」
「貴方がどくべきです! ベネットさんを至急修理しなければ!」
「だが、俺はあのベネットとかいうアンドロイドに復活されるのは困るんだよ」
「おや、奇遇ですね。私もそこの龍のような女に傷を治癒されては面倒なんです。ロケットランチャーの弾は代わりがもうないので!」

互いに敵意を剥き出しにしながら怒鳴りあう。そして数秒睨みあった後、啓斗は【サウザンドダガー】を発動して無数のナイフを展開、ヴェローナの周囲には突然大量の小型ビーム砲が飛来してきた。

「……どうやら、考えてることは同じみたいだな」
「そうですね、同じことを考えているというのは理解できます」
「……それじゃあ、お前を倒して先に進ませてもらうぞ! 邪魔だ!」
「返り討ちにして差し上げますよ! ベネットさんをお助けする邪魔立てはさせません!!」

無数のナイフがヴェローナに襲い掛かると同時に、ビーム砲から啓斗に向けてレーザーが発射される。
ヴェローナはシールドを展開してナイフを弾き、啓斗の方は【トリプル・スピード】を駆使した回避でダメージを避けた。

「何なんですか貴方たちは!? ここまで人間を超えた身体能力を持った人間は見たことありませんよ!」
「……お前達から見たら、そう感じるのか。まあ、どうでもいいが」

啓斗は冷静に状況を把握すると、【サウザンドダガー】のうち一本を掴み取り、【貫通力増強】を付与しながらヴェローナに近づく。

「……くっ! 背中にジェットを背負ってるわけでも、ブーストシューズを履いているわけもないのにこの移動速度!」
「取り敢えずこの邪魔なバリアを破壊させてもらうぞ」

空中に浮遊している無数のナイフにも【貫通力増強】を付与し、手にしたナイフでもヴェローナの首筋めがけて攻撃する。
けたたましい金属音とナイフが弾かれる音が響き渡り、最後には啓斗がヴェローナを押し倒して首元にナイフを突きつける構図になった。

「勝負ありだ。首を掻き切られたくなかったら大人しく気絶させられてろ」
「ふぅ……お強いのは認めますが、未熟ですね。こういう場面では相手の命をすぐに断ってしまうのが賢明だというのに」

そう言うと同時に、ヴェローナが物凄い力で啓斗の顔面を掴んで逆に押し倒し、そのまま屋上の床に向かって叩き付けた。
床にひびが入るほどの強烈な衝撃を与えたと同時に、ヴェローナはベネットに向かって駆け出した。


一方、ミューズとレイラの戦闘は、ミューズにとっての窮地という局面になっていた。

「木端微塵に消し飛ばして差し上げます。お覚悟を」
「……爆弾魔。たしかにこの兵器は強力だが、あまり過信しないことだ」

そう言うと、ミューズの眼光が一層鋭くなる。
そして指を鳴らすと、赤く発光する的のようなものが屋上中に配置される。無論、全て空中にだ。

「これは……?」
「知らないか。それもそうだな、これは今では私だけの特技だからな」

ミューズは、懐からワイヤーフックショットを取り出す。先程、ホテル内から啓斗に向けて撃ち込んだものだ。

「わざわざかさばるジェットパックや装備を身に着けるより、限定された範囲内で三次元的な動きをしたいなら、コレで十分だ」
「この的……その銃……まさか!?」
「行くぞ、私を捉えてみるがいい!」

ミューズが一番近く、前方右上の的に向かってフックショットを撃ち込むと、高速でワイヤーが巻き取られてその体が宙に浮く。
レイラはミューズに向けて手榴弾を投げるが、ワイヤーの巻き取りの方が速く、爆風は当たらなかった。

「このワイヤーは最大まで巻き取ると自動的に対象から外れるようになっている。よって、空中で体勢を変化させられるだけの力とバランス力があれば、的と的の間を自由に移動可能という訳だ」

次々とフックを撃ち込んで空中を移動しながら、空いている方の手でレイラを銃撃する。既にレイラは回避できずに何発か被弾している。

「予想外の展開……仕方ありませんね、応援要請を行います!!」

レイラがそう叫ぶと同時に、マスク内に何やらホログラム画面が表示される。
まだ、決着には至らない。










ドクン、ドクン、ドクン、ドクン。
(……ああ、鼓動が聞こえる。私なんかじゃ抑えきれない、大いなる『大地の鼓動』が)

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く