異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

正体不明の襲撃者 4

「クアアァァ!!」
「うっひゃ、気性が荒いんニャねー」

いきなり襲い掛かったルカの攻撃を、獣人は素早くかわし、そのまま至近距離で銃を乱射してきた。
両手のハンドガンによる連射は的確にルカの龍化していない胴体を貫き、彼女を地面に倒れ込ませて動きを止めることに成功した。

「ガフッ……」
「違法改造して作った特製の弾丸だニャ。弾速を抑制して、命中した奴の肉の中にしっかり埋め込まれるようにしたのニャ」

腹部から血をボタボタと流しながらも、ルカは戦意を失うことなく敵を睨みつけている。


(く……そ……体が重い……)

何とか視聴覚が元に戻った啓斗は、上手く機能してくれない腕と足にもどかしさを感じながらも、倒れたまま状況を把握することに成功した。

(ルカがダメージを受けてる……このままじゃまずい。が、今の状態でできることといったら……)

体が言うことを聞かなくなっているため、いきなり起き上がって奇襲をかけるというようなことも難しい。
啓斗は脳みそをフル回転させて作戦を考えた結果、1つだけ突破出来うるかもしれない方法を思いついた。

(幸い、奴は俺のすぐ近くにいて、あのドローンみたいなのもルカの方にいる。俺も右手くらいなら何とか持ち上げられそうだ。なら、巻き添え覚悟なら……)

啓斗は全神経を右手に集中させる。たった一発であの敵を倒すには、最強の威力を持った攻撃魔法で吹き飛ばすしかない。

(この前手に入れた【エクスプロージョン】だ。今残ってる全MPを使って、この猫女とドローンを丸ごと消し飛ばしてやる!!)

おおよその発生位置を、今まさにルカに追い打ちをかけんとしている獣人の上半身に定め、深く息を吸い込む。
そして右手を敵に向けて高く掲げると、出せる最大の音量の怒声をもって叫んだ。

「喰らえ! 【エクスプロージョン】!!!」

次の瞬間、啓斗は全身から何かが急速に抜けていく感覚に陥った。体に力が入らなくなり頭を地面に置いて意識を失った。

「ニャ、まさか……!?」
『やばい! この超高エネルギー反応……!!?』

獣人が危機を察知して体をほんの少しだけ右に逸らしたその時、その空中を起爆点にして数分前に起きたスナイパーライフルの爆発などとは比べ物にならないほどの超特大爆発が起きた。







「い……きてる、私、生きてるみたい」

爆発で吹き飛んだバイクやドローンの残骸が散らばる丘の頂上に、ルカは1人だけ立っていた。
周囲を見回すと、少し飛ばされたのか斜面の近くにいるが、ゆっくりと立ち上がっている啓斗の姿が目に入った。

「ケイト君、無事!?」
「な、何とかな……」

ルカの助けを借りて体勢を整える。どうやら2人とも地面に倒れていたおかげで奇跡的に深刻なダメージを負わずに済んだようだ。

「よ……し、戻ろう。魔力を全部使ったから傷が自分で治せないし、あそこに落ちてる乗り物の残骸が二次爆発しないとも限らない」
「うん、行こう」

互いに支えあって、馬車が見える丘の下へゆっくりと降りる。





ボンボン!!!

いきなり、ルカの小さな爆発音とともに血を吹き出した。

「ゴフッ……」
「なっ……ルカ!? おい、ルカ!?」

口からも血を吐き出して膝をつくルカ。啓斗は状況が飲み込めずに一瞬うろたえたが、すぐに背後を振り向いた。
そこには、確かに爆発が直撃して跡形もなく消し飛んだはずの猫耳の少女が立っていた。

「ニャッハ……さっきのは本気で死ぬかと思ったニャ。最新のボディにしといて正解ってところニャね」

その見た目は異様なものになっていた。身に着けている黒いライダースーツは所々が破れており、そこからは「青白い光を放つ金属のようなもの」が見えている。
そして、彼女の左目周辺の皮膚が無くなっており、目があった場所には赤い光を放つ球状の何かがあった。

「ロ、ロボット!?」
「ノンノンノンノン、その表現は正しくないニャ」

そう言うと少女は体中からバチバチというような音を立てながら、啓斗に左手の指先を向ける。
すると、目に見えない速度で発射されたと思われる5発の弾丸が彼の体を貫いた。

「うぐっ!」
「さーてさてー、ここから話すのはアタシだニャ。キミ達は黙って聞くか質問に答えるかの行動だけしていいニャ」

啓斗たちと一定の距離を保ちながら、少女は満面の笑みを浮かべて話す。

「さっき言ったけど、今そこの女の子の体の中にある弾丸は特別製で、体内で止まるようにわざわざ作ったものだニャ。なぜかっていうと、弾丸に超小型の爆弾を取り付けてあるからニャ。なのに、キミの爆発のせいで残りがオシャカになっちゃったニャ」
「爆弾……そうか、ルカの腹がいきなり爆破されたのは……」
「だーまって聞くニャ。その爆弾はアタシの意思1つで起爆できるし、銃撃自体で死ななくても4、5発爆破させてやれば大体の人間は逝くニャ」

残っている右目を不自然にグルグル回しながら、少女は話し続ける。その様子は、啓斗たちを恐怖させるのに十分すぎる異常さだった。

「でも、アタシがこれからする要求に対するキミの応え次第じゃ爆破をやめてあげてもいいニャ」
「…………」
「うんうん、黙って聞いてていい子ニャ。それじゃ、こっちの要求を伝えるニャ。その腕時計をこっちに渡すニャ」

少女から告げられた条件に、啓斗は心臓をじかに握られたような感覚に陥る。

「渡せば2人とも生きて帰してあげるし、もう馬車も狙わないニャ。渡す気がないなら、残念だけどそっちの女の子の命はないニャ。さて、どうするニャ?」
「貴様……!」
「ンッンー、アタシに慈悲は求めない方が身のためニャー。キミが腕時計を渡すか、女の子が命失うかニャ」

自分が圧倒的優位であるという自信を崩さず、この敵は啓斗に笑みを向けている。

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く