異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

正体不明の襲撃者 3

激烈な閃光により目を眩まされた啓斗は、とにかくこの獣人からできるだけ距離を取ることだけを考えていた。

(どうにかしてこの目を元に戻さないとまずい! 【ジャストシールド】で身を守るにしても、もしあの女が銃に付けるサプレッサーか何か持っていたら、タイミングが分からず間違いなくやられる!)

移動速度強化のスキルは解除せずに四方八方とにかく動き回りながら、啓斗はひたすら敵の位置を把握するために今使える聴覚を研ぎ澄ませていた。

(草を踏む音は聞こえないし、銃声もない。その場から動かずにこっちを狙っているのか、あるいは……)

するといきなり、小さな「ピンッ」という軽い音が聞こえた。
この状況から考えるに、恐らく先ほど敵が投げてきた手榴弾のたぐいのピンが抜かれた音なのだろうという察しがつく。
そして数秒後、啓斗の耳に筆舌に尽くしがたいほどの爆音が届き、彼は方向感覚を失って地面にどさりと倒れた。

「ムフー、イイ感じだニャ。閃光と音響のスタングレネードをわざわざ分けて作ってみたけど、やっぱり両方兼ね備えるより片っぽずつの威力が高いみたいニャねー。大体1.7倍くらいと見た」

恍惚とした表情で地面に倒れ伏した啓斗に近づき、ハンドガンで軽く彼を小突いて反応が無いのを確かめた後、服に手を入れ始める。

「さーてさてー、何か金目のものでもあるかニャー? もしもイイ物があったら殺さないであげるから、祈っとくといいニャ」





一方、状況を伝える役を任されたルカは、ゼーテとラビアを始めとした騎士団の面々に、丘の上に狙撃手がいること、啓斗が倒しに行ったことを伝えた。

「そういうことだから、私ケイト君を助けに行ってくる! 必ず何とかするから、ゼーテさんたちは馬車を直してて!」
「ゼーテ様、オレも行かせてくれ! 人数は多い方が良いし、この中じゃ1番オレが足が速い!」

既に走り出してしまっているルカと、鬼気迫る表情で見つめてくるラビアを見比べながら、ゼーテはほんの一瞬考えた後にこう言った。

「ラビア、貴女は馬車の修繕に集中しなさい。王や貴族様たちを安全にマギクニカに到着させることが私たち騎士団とヴァーリュオンの人間の任務。敵を倒すよりこっちが優先よ」
「で、でも!」
「あの狙撃手のせいで馬は半分殺されて、馬車の車輪もかなりの量破壊されたわ。通信魔法で救援は要請したけど、ここに戦えない人たちが留まってたら魔物に襲われたときにまずいのよ。最低限の人数でも移動させられる手段が必要なの」
「……分かりました」
「それに、貴女はまだ知らないだろうけど、あの2人なら死にはしないはずよ。お互いの命を1番に考え合ってる2人だもの、帰っては来てくれると思うわ」
「運良く無傷で……っていうのを祈るしかないんですかね……」

ゼーテとラビアは小さくなっていくルカの背中を見つめながら、破壊された馬車の車輪の修繕に取り掛かり始めた。





「うーん、下半身には特に何にも無さそうだニャ。上半身は……っと、腕に何か着けてるニャ」

少女がそうして、啓斗の左腕の腕時計に手を伸ばしたその時、目の前にドローンが降りてきた。

『ちょっとちょっと! またなんかこっち向かってきてるみたいだよ!!』
「フギャ!? ローグ! 驚かせるニャ!!」
『今はそれどころじゃないよ! ものすごいスピードでこっちに向かってきてる女の子がいるんだって!』
「じゃあココまで来たら教えろニャ。アタシは今すごーく忙しいのニャ」
『全く、しょうがないな。見張っとくから、ちゃちゃっと済ませてよ?』

少しだけノイズ交じりのスピーカー音声でそう言い残すと、ドローンは上空へと静かに飛んで行った。

「んー、この腕時計はちょっとトクベツな感じがするから後に回すニャ。それよりも先に……」

少女は啓斗の上着に手を突っ込むと、にやりと笑って懐から1本の小さな鉄の棒を取り出した。

「ニャッハァ……♪ ん? この形状、見たことあるニャ。確か、ミルグラーフ社が出してる「ヴァリアブルリーパー」っていう可変武器と同じ形だニャ。でも、あれはもうちょっと塗装が凝ってたハズ。てことは、これって試作品!?」

何やら大興奮しながら、少女はさっきまで手榴弾が収まっていた腰のホルダーに試作品を装着した。

「ニュフフ、思わぬ収穫。さてと、改めてこの腕時計を……」
『来たよ!!』
「フシャアアァァ! 良いところだったのにぃぃ!!」

いきなりぶちブチギレたように叫ぶと、少女は再び二丁拳銃を抜いて後ろを振り向く。
そこには、両手両足が龍人化しており、肩で荒々しく息をしてこちらを睨みつけているルカがいた。

「へぇ、アタシみたいな見た目も大概珍しいはずだけど、アンタも変な見た目してるねぇ? ニャハフフ」
「黙れ! 今すぐケイト君から離れろ!」
「ケイト? ああ、この男の子のことかニャ。なら、それはまだできない相談ニャねー。やること残ってるし」
「じゃあ……無理やり引っぺがしてやる!」

ルカの瞳孔が細長く収縮すると同時に、獣人の少女へ飛び掛かった。

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く