異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

正体不明の襲撃者 2

「ニャッハハハハ! スナイプスナイプスニャアイプゥゥゥ!!」

スナイパーライフルを扱っているとは思えない速度で、弾丸を放ってリロードを行う。
「乱射」と呼んでも差し支えないほどに撃ちまくっているのだが、放った弾丸は全て騎士団の団員、馬、馬車の車輪のうちどれかに命中しているという異常な正確ぶりだ。


「くそっ、誰だか知らないが計画的に攻撃してきてるな。さっきから人だけじゃなく、移動手段も潰しにかかってきてる。しかし、何発もバンバン撃ってきてくれたおかげで大体どのあたりにいるか見当がついたぞ」
「ケイト君、どうするの? 私たちの近くにいる人たちは隠れられたけど、代わりに遠くの人たちが狙撃されてるよ!」

ルカが涙目で言う通り、啓斗の周囲の団員は射線から隠れるように馬車の陰に身を潜めているために銃撃から逃れているが、状況を把握できていない遠くの団員が狙われている。

「ルカ、俺が今から敵の位置を探るから、言った場所に向かって真っ直ぐ矢を放ってくれ」
「分かった、準備するね」

啓斗は【百里眼】を発動させると、射線の向こう側を重点的に視て捜索する。

(どこだ……どこにいる……)

啓斗たちが今いる位置からさほど遠くない、約1キロメートル先の小高い丘の上。そこに人影があった。
しかし、その容姿は啓斗が見た中で初めてのものだった。立ったままこちらに向かってスナイパーライフルを構えているその人物は、頭の上に猫のような耳を生やしていた。
さらに尻尾もあり、今はピンと立っている。

「猫の獣人! ルカ、あの丘の上に俺たちを狙っている奴がいる。ちょっと構えてくれ!」
「うん!」

ルカはラビアからもらった弓に矢をつがえると、丘のてっぺんに向けて放つ構えを取った。

「もう少し右だ。そう、あともう少し上がいい。ルカ、この矢は放ったら完璧にまっすぐ飛ぶって考えていいか?」
「大丈夫、そういう風向きに調整するから」
「分かった、じゃあ俺はお前が矢を放ったと同時に丘に向かって走る。俺が走ったら、お前はゼーテとラビアに状況を伝えてくれ」
「ケイト君、一人で大丈夫なの?」
「心配なら、やることをやってから助けに来てくれ。それじゃあ、行くぞ」

全力で弓を引きしぼり、矢を放つ。同時に啓斗が【ダッシュアップ】と【トリプル・スピード】を発動し、スタートを切った。




「んニャ? 何か飛んで……ゲゲッ!?」

ライフルのスコープを覗くと、物凄いスピードで飛んでくる弓の矢と、それに引けを取らない速度でこちらに向かって猛ダッシュしてくる青年が視界に入った。

「やっば……ギニャー!!!」

矢はスナイパーライフルの銃口をを見事に貫き、そのまま銃身が大爆発を起こす。確実に爆発は猫耳の少女を巻き込んだ。

「よし、流石はルカだ。完璧な狙いだな」

敵の武器が破壊されたのを確認している時、啓斗は既に丘のふもとまで来ていた。ほんの少しだけ感じている疲労感を無視しつつ、一気に丘を駆け上がる。
頂上まで辿り着くと、見つかったのは一台のバイクと空の箱が4つ、地面に投げ捨てられてある銃身に大穴が開いて使い物にならなくなったスナイパーライフルが一丁。
そして、そのライフルの隣に立っている猫の獣人と思わしき少女が立っていた。

「まさか、あの爆発を回避するとはな」
「ニャヒヒ、流石にこの装備で爆発に巻き込まれたらシャレにならないからニャー」

言われて少女を改めてよく見ると、腰回りにぐるりと手榴弾がくくり付けられており、更には両足にハンドガンが1丁ずつ装着されているのが分かった。

「でも、まさかアタシの場所がバレるとは思ってなかったニャ。座標特定ソフト搭載の小型携帯端末でも持ってるのかニャ?」
「別に何でもいいだろう、お前が知ったところで何が起きるわけでもない」
「なら、力尽くで聞き出すだけだニャ。アタシの近接銃術戦闘、キミの体に刻み込んであげるニャ」
「お前みたいな妙な奴にかまってる時間は無いんだ。さっさと終わらせてやる」
「怖い怖い。それじゃ、いっちょ始めるかニャ!」

そう言い放つと同時に猫少女は腰の手榴弾のうち1つ、黄色い塗装の物を素早く手に取ってピンを抜くと、啓斗に向かって投げつけてきた。
咄嗟に身をかわすと、猫少女の姿がいきなり景色に溶け込むように見えなくなる。

「ど、どこに……!?」
「う・し・ろ・ニャ♪」

振り返ると、満面の笑みを浮かべた少女がマズルスパイクが付いたハンドガンをこちらに向かって振り上げていた。

「うぐうっ!?」
「せっかく投げたバクダンを避けちゃ駄目ニャ。ちゃんと喰らうニャー」

マズルで殴りつけられ、地面に落ちた手榴弾に覆いかぶさるように倒れ込んでしまう。

「安心するニャ。猛烈な閃光で目を潰すだけの、ただのスタングレネードだニャ」

バシュン、という音が耳に届くとともに、啓斗の目にカメラのフラッシュを何十倍にも強化したような光が入り込む。

「うぐああああぁぁぁぁ!!!!」
「んー、いい声出すニャー。ほらほら、すぐに対応しないと後ろからBAN! しちゃうニャよー」

両目を抑えてその場から飛び退いた啓斗に、少女は正確に銃口を向けている。

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く