異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

新機能〈ソウルコネクト〉

ラビアの活躍でギガンティスを討伐することに成功した啓斗たちは、帰りの馬車の中にいた。
もちろんラビアもしっかり乗っている。

「いやー、正直ビックリだったぜ。パルア平原にデカいモンスターが出たっていうから興味本位で見に行ってみたら、まさか討伐の真っ最中だったなんてな」
「そこは本当にタイミングが良かったというしかない。もしラビアが偶然来なかったら俺とゼーテはたぶん、いや、ほぼ確実に死んでただろうからな」
「ラビアちゃん、迷惑かけて本当にごめんなさい。でも驚いた、貴女があんなに強かったなんて」
「ゼーテ様、あんまりそういうことは言わないでくださいよ。1対1の戦いだったらオレがゼーテ様に勝てる見込みなんて無いんですから」

ラビアは苦笑い気味の笑顔でそう言うと、大きくあくびをした。

「ふわぁーあ……仕事の合間に行こうとしたら昼過ぎるからもう討伐されちまうだろうからって、早起きし過ぎた……」

そのまま座席の上で丸くなって寝てしまった。
そういえばまだ早朝だったと思って啓斗が腕時計を確認すると、針は朝6時を指していた。

「そりゃ眠くだろうな。俺達もいつもより睡眠時間短かったんだし、仮眠でもとろう」

ルカとゼーテも提案を承諾し、最終的に全員が馬車の中で寝息を立て始めた。





「ねぇ、ジュスティツィア。啓斗様のデータで変化があると思うんだけど、報告して」
『はい、主様。肉体面での変化はありませんが、精神面の変化が著しく行われています』
「具体的には?」
『感情を表に出す頻度が30%上昇し、感情の起伏自体が46%ほど激しくなっています』
「なるほど。人間味が出てきたってことですかねー。ジュスティツィア、記録しといて」
『かしこまりました』





街に着くと、ラビアは今日の仕事がたくさんあるから、と言って走っていってしまった。

「……私、ちょっとラビアについてくわ。先に帰っててくれない?」
「ああ、分かった。後でな」

ゼーテも身を翻すと、既に見えなくなっているラビアを追いかけていった。


残された2人が王城への道を歩いていると、啓斗の目の前にナビゲーターが現れる。

「わっ、ビックリしたー」
『どうもどうも、驚かせて申し訳ございません。啓斗様に例の「新機能」のお話をしに来ました』
「そういえばそんな話をしてたな。で、どういう機能なんだ?」
『はい、今回新しく実装された機能は〈ソウルコネクト〉といいます。けっこう説明長くなるのでよーく聞いていてくださいね』
「分かった」

ナビゲーターは軽く咳ばらいをすると、新機能である〈ソウルコネクト〉について話し出した。

『啓斗様が現在スキルを入手するのに使っているガチャには、確かにこの世界で入手できる魔法や剣技、特殊な技などが全て入っています。しかし、その中には「排出されない」ものが存在するんですね。
どういうことかというと、そうですねぇ、ルカさんを例にしてお話ししましょうか。ルカさんが龍人に変貌するスキルや、変身後に使用していたスキルは現在ロックされており、排出自体されないようになっています』
「……んーっと?」
「つまり、その個人特有の〈固有スキル〉は排出対象外というわけか」
『その通り! ですので、啓斗様がもしルカさんの龍化後のスキルを入手したいと思った場合は、まずスキルを「アンロック」する必要があるんですね。今のところ、アンロックする方法はルカさんの魂をスナっちに食べさせることくらいですが』
「それだけは死んでも御免だ」
『まあ、そう言うでしょうね。スナっちに魂を食べさせるのはイコールでルカさんが死ぬことですから。なので、それをせずにスキルを入手する方法なんですよ、この〈ソウルコネクト〉は』
「前置きは良いからさっさと説明しろ」
『わーかりましたって。急かしすぎですよもう。〈ソウルコネクト〉とは、つまり仲間との魂の「繋がり」です。特異な才能を持つ人々と出会い、繋がりを強くすることによって、その強さに応じて段階的にスキルが解放されるシステムになってます。最大まで上昇させれば、その人物が使える究極のスキルを手に入れることもできるでしょう』
「……なるほど、仲間との繋がり……か」

すると、啓斗の目の前にホログラムでリストのようなものが出現する。
そこには啓斗が今まで出会った人々の中で特殊な才能を発揮した者たちの名前が、このような順で並べられていた。

「大地の龍人」ルカ コネクトレベル4
「暗黒の騎士」シーヴァ・ナイトブライト コネクトレベル2
「煌白の騎士」ゼーテ・ナイトブライト リンクレベル3
「混沌を潜ませる者」マリー・ソルレイク コネクトレベル1
「神の灼炎」ラビア・ムルキベル コネクトレベル1

『コネクトレベルは1~10で、コネクト相手は「コネクター」と呼びます。コネクトレベルが高いほど、仲間との協力するタイプのスキルの威力も上がりますので、頑張って上げてみてください』
「まあ、時間をかけてじっくりって感じだな」
『ですねー、やっぱり一緒にいる期間が1番長いルカさんが今のところレベルが1番上ですね。これからは新しくコネクトした人がいた場合、通知しますので宜しくお願いします』
「了解だ」
『では、通知の試験運転がてら私とのコネクトをプレゼントしましょう。たまに構ってくださいね』

そう言って、ナビゲーターは姿を消した。
そして、腕時計から何やら「パキンッ」というような音が鳴ったあと、ジュスティツィアのものと思われる音声が流れる。

『新しいコネクターと接続しました』

そして、リストの1番下に名前が追加される。

「魂の導き手」ナビゲーター コネクトレベル1



この日は、その後特に問題も起きず平和に過ごすことが出来た。

ヴァーリュオン出発まで:あと3日

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く