異世界スキルガチャラー(旧バージョン)

黒烏

ギガンティス討伐任務 4

「これで半分って所かしら。まだこっちを敵を認識してない時にありったけぶつけた訳だけど、魔力6割くらい使っちゃったわね……」

体勢を崩したギガンティスを見下ろしながら、ゼーテは呼吸を整える。
【シャイニング・レイ】を約200発生成して全てを顔に叩き込んだゼーテだが、彼女の魔力では3割削るのでやっとだ。
残り2割は、ルカの【雨の風矢】と啓斗のスキルチェインを発動させた連続攻撃で削っている。

「ここからが正念場になる。……っ! 予兆が来た!!」

ギガンティスがそのまま大きく屈み、息を大きく吸い込む。
ゼーテはそれを見ると、自分は急いで(ここでゼーテは防音魔法を学んでおかなかったことをかなり後悔した)耳栓を着けつつ啓斗たちに向けて通信魔法を行使した。

「ケイト、ルカ! さっき言った咆哮が来るから耳塞いで!!」
『了解だ!』
『わ、分かった!』

啓斗はゼーテからの連絡を受け取ると、ギガンティスに向かって走っている時に探しておいたスキルを発動した。


SRスキル【サウンドプルーフ】
発動すると、使用者の耳に届く一切の音を遮断する。効果時間は1分。


「流石にタメで1分は使わないはずだろ、一旦様子見だな」

発動した瞬間、啓斗は耳に響いていた風の音が消えたのを感じた。

「多分この耳栓じゃまともに音防げなさそうだけど……よし、もっと離れよう」

ルカがそう判断すると同時に、両足が勝手に龍鱗に包まれ、足先が肥大化して靴を突き破ってしまった。

「あ、やっちゃった。と、とにかく今は離れないと!」

局部的に龍人化させた脚力を使って大きくバックステップし、そのまま走ってギガンティスと距離を取った。
その様子を【百里眼】でしっかり確認した啓斗は、一安心という風に口の端を上げた。

(よし、あの距離ならルカも問題なさそうだな。いやちょっと待て、ゼーテがあの距離でまともな対処をしてるように見えないぞ? いや、まさかな……)

ゼーテもギガンティスから距離を取り出してはいるのだが、もし防音の魔法やら特殊な道具を使わなかった場合、鼓膜を破られる可能性が十分にある程度だ。
啓斗がそんな不安を抱えたまま、ギガンティスは息を吸い込むのを止める。そして、文字通り大気を震わすような咆哮が響き渡った。

「------オオオオオオォォォォォ!!!!!!」

完璧に音を遮断した啓斗には何も感じられないが、平原に生えていた草が引っこ抜かれて宙に舞い上がったのを見てどれだけの威力なのかは把握できていた。
すぐにルカの方を確認すると、耳を塞いで縮こまってはいるが無事のようだ。
そのままゼーテの方を見やると…………



啓斗が心の奥で想定していた最悪の事態が発生していた。
ギガンティスの咆哮の圧に負けて吹き飛ばされており、さらに地面へと落下していってしまっている。
慌てて【百里眼】で状態を確認すると、耳から血を流して白目を剥いている。

「バッカヤロ、自分で咆哮の危険性を語っといてあのザマか!」

啓斗は大慌てで、自分が今いる背中の上空からゼーテの元へと向かう。
移動している途中に、ギガンティスがゆっくりとではあるがゼーテに向かって突進しようと身構えているのを横目にとらえた。

「くそっ、まずいな!」

空中での移動でもスピードアップスキルのコンボを使用し、全力を尽くした啓斗は地面から5メートルほどの距離でギリギリゼーテをかかえるのに成功した。
既にギガンティスはドスン、ドスンという音を立てて走り出している。

「ぐぅっ、急いで突進を喰らわない位置まで移動して…………なっ!?」

この場から退避しようとしたその時、啓斗は自分の体が重力に従って真っすぐ落下していく感覚に陥った。
焦っていたために移動中の啓斗は気づけなかったのだが、既に【3分間インスタント空中遊泳フライハイ】を使用してから3分が経過していたのだ。

「マジかよ、この体勢じゃ衝撃吸収スキルも発動できないしな……こりゃマズいかもな……」

彼が入手している衝撃吸収系のスキルは、足から着地して衝撃を吸収してそれを推進力に変えるというものだけだ。
現在啓斗は、ゼーテの体を抱えたまま仰向けの状態で落下していっている。
結局、何もひらめくことができないまま地面に叩き付けられた。

「ガハァッ! ……ああ、背骨イカれたなコレ」

落下と同時に骨が折れるような「ベキャッ」という音を聞きながら吐血し、そのまま動けなくなる。
視線をギガンティスの方へ向ければ、かなりのスピードで近づいてくる脚が見えた。

(まともにモンスターとも戦わないで、アクシデントで死ぬとか……笑えねぇよ……くそっ、体が全然動かねぇし、意識も……薄れてきた…………)

ゆっくりと降りてくる瞼に抵抗せず、目を閉じようとしたその時だった。
視界の端に、何やら動くものが映る。
ルカが到着するにはここからでは遠すぎるし、ゼーテは既に気絶していて動ける状態ではない。
それが何者かという純粋な疑問を解決するため、啓斗はひどく重い体を無理やり反転させて瞼をこじ開け、前を見た。





そこに立っていたのは見覚えのある姿だった。しかもつい最近見た気がする。
かなり汚れた灰色のツナギを身に付け、ハサミではない適当な刃物でバッサリと切ったような金色のショートヘア。
右手にはその背丈と大差ないであろう大きな槌を肩に担がせて持っている。
その人物は振り返ると、外見年齢14、5歳の美少女と呼ぶに相応しいその顔を男勝りにニカッと笑顔にし、左手の親指を立てて言った。

「オレに任せろ、動き止めてやっからさ!」

その少女・・、武具屋の娘「ラビア」は、槌を両手に持ち直すと駆け出す。
その速度は、ギガンティスが啓斗たちを踏み潰す前に前脚に到達するのには十分な速さだった。

「焼き砕いてやるよ! 【ヴォルカニック・クラッシュ】!!」

ラビアが槌をギガンティスの前脚に叩き込むと、啓斗が使っていた【フレイム&フリーズエンチャント】の火炎とは比べ物にならないほどの爆炎が起こり、一撃でギガンティスがバランスを崩して倒れ込んだ。
そのまま地面を滑ってきたのだが、啓斗たちにぶつかる寸前で止まる。

「うっしゃ、このまま仕留めるぞ!!」

ラビアは槌を握り直してにやりと笑った。

「異世界スキルガチャラー(旧バージョン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く