異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?

51話 絶望の洗礼 VI


「....ん、分かった。頑張ル」

 無事シュナに作戦を伝え終わり、白龍が復活する前に、さっそく斬り込む。

 予想通りと言うべきか、黒龍は白龍が吹き飛ばされても、俺とシュナが堂々作戦会議していても、全く感情を見せることなく、直立していた。

 あの時ミスラが言っていたことが、ここに来てようやくわかった気がする。段階を踏む。一見よく分からないように聞こえるその言葉は、考え方を変えてみれば簡単な事だった。

 

───例えばそれが、ゲームの会話だったら?ゲーマー同士の会話なら、それだけで大体理解出来る。段階を踏む。わかりやすく言えば行動パターンがあるという事だ。

 

 ....全く何を考えてるんだか..ミスラは気づいているのだろうか。自分がゲーマー用語を使ってたことに。

 ミスラが日本に滞在してた時、アニメに手を出していた事は確認済みだ。ならばゲームはやらないなんてことがあるだろうか。いやない、そんなことあるはずが無い。あったらそんなやつ俺がぶっこ──...ゴホン

 まぁその事は後で聞けばいい。そろそろこの戦いにも蹴りもつけたいしな。

 今さらあの龍がゲームのように行動パターンがあるのか確認する必要は無いだろう。思ってみれば、今までずっと不自然な動きはしてたからな。

「『敵を貫き、塵と成せ』」

「〝炎槍ファイアーランス〟!」

 火属性中級魔法   〝炎槍〟   槍の形の炎を作り出し標的に飛ばす技。

 その極大サイズが三本出現するとともに、前方の余裕そうにしている黒龍に飛ばす。

ゴォォォォ!という音とともに飛んで行った炎の槍は黒龍の右肩、腹、顔に直撃した。煙が晴れると共に現れた黒龍にそれらしい傷はない。

 「余裕そうだなぁゴキブリさん。けど........そこに立ってると危ないぞ?・・・・・

『ッ!?』

 黒竜の真後ろには、蒼い炎を今にも放たんとするシュナの姿があった。
 
 今まで1歩も動かなかった黒龍が、ようやく動いた。翼を広げ、すぐさま上空に上がろうとする。周りに暴風を起こし、一瞬にして───飛んだ。

 完全にシュナのスキルの方が早く発動していた。なのに回避されてしまった。だが。あの巨体があれほどの回避速度をあの状況で出せるわけが無い。最初からシュナの攻撃には注意していたと考えるべきだ。

 シュナの攻撃が当たらなかったのは痛い出費だが、そんな事よりも重要視するべきことがある。目の前の絶望の象徴のような存在が、攻撃ではなく回避を選択した事だ。

 今までなんの攻撃に対しても興味がなさそうな。まるで認識さえしてないようだったのに、だ。つまり、今回はやはりシュナの蒼い炎にこそ希望がある。


「シュナ!炎は使わなくていい!最速の攻撃を仕掛けてくれ!」

 だが、相手はとっくに警戒してしまっている。正直今のままでは、またさっきのようによ蹴られて終わってしまう。だから、今は様々な攻撃を仕掛けて混乱させる。俺の攻撃は多分当たりに行くだろうが、シュナの攻撃に関しては警戒している限り避け続けるだろう。


「ん、分かった。見てテ」

 俺に見せたい技らしく、珍しく目を輝かせながら、未だ上空にいる黒龍を見上げると、腰を落とし、空気を吸って、吐いて─────思いっきり飛んだ。

 正確にはジャンプしたと言うべきだが、シュナがジャンプした距離を見れば、誰しもが飛んだと表現したくもなるだろう。

 一直線に上へ上へと進んだシュナは、黒龍のいる場所を軽々と飛び越えて見せたのだ。


「うっそぉ......」

 湖の上は走るわ、龍より高く飛ぶわ。なんなんあの子。しかもあれ多分筋力だけで飛んでるよな。シュナは〝身体強化ブースト〟とか使えないはずだし。

 だが上空にいるシュナと黒龍の距離は、まぁまぁ離れている為、近接型のシュナは攻撃ができない。流石のシュナでも空中を筋力だけで移動するのは難しい。けれどシュナは落ち着いた様子で、拳を構えた。

「〝破掌はしょう〟」

 そして明らかにリーチが足りない状態から、シュナが黒龍に向かって掌底打ちを、放つ。すると────


『グフォッ!?』

 黒龍も当たるわけがないと思っていたのか、警戒をゆるくしていたのが裏目に出た。

 シュナが放った掌底打ちは、まるで風魔法のような風圧の塊のようなものとなって飛んでいき、見事黒龍の顔面に当たった。

 


 祐は確信した。シュナはその内きっと吐息ブレスを吐くと。


 黒龍はぶっ飛びはしなかったが、滞空が出来なくなったのかゆらゆらと落下し、崩れ落ちた。

 シュナが隣にスタッ!と降りてくる。

「新技、どウ?」

「え?あー....うん。凄かったぞいろいろと」

「....ほんとウ?」

 シュナが訝しそうな目を向けてくる。

 実際本当にすごかったと思ってる。だが、祐がもっと驚いて、褒めちぎって、頭を撫でてくれるくらいの反応を欲していたシュナにとって、それだけでは不十分だったようだ。

「もっと凄いの....見せル」

「あれよりも凄いやつ!?」

 有効打が増えるのはいい事なので、もちろん止めはしないが、あれより凄いのって....

「ちょっとだケ、集中」

「......え?」


 シュナは完全に集中モードに入ってしまった。言い方を変えれば、無防備な状態に。そんなシュナの行動を、俺の時みたいに待つほどアホではない黒龍は勿論攻撃に出る。

......どうやら俺が黒龍を止めなきゃ行けないらしい。


「あーもう、あの作戦だけは頼むぞ」

 剣を握り、シュナを守るようにして黒龍と対峙する。



 黒龍は翼を広げて低空飛行しながらこちらへ向かって突っ込んでくる。


「『剛力』『重力操作:増幅グラビティブースト』」

 まず重力によって動きが鈍らないように、スキル剛力を使って筋力を上げる。『身体強化ブースト』の方は身体能力を全体的に上げることが出来る。だがその代わり、上がり幅は微妙だ。いつしかの教官のように重ね掛けなんて真似は今の魔力量では到底できない。

 それに『剛力』の方がパワー面だけで言えば『身体強化ブースト』の上を行く。

 そして、1度使い方を間違えて痛い目にあったスキル。『重力操作:増幅グラビティブースト』今回はかけた対象は自分ではなく剣だ。


 なんせ魔法も斬撃も効かないのだ。なら出来ることは1つしかないだろう。

 そう、力押しだ。



 俺など認識してない龍の頭に向けて、数倍の重力になった剣を筋力で無理やり持ち上げ、構える。

 そしてあとは時を待つ。あと30メートル.....2.....1........


「──ここだぁあッ!!」

 掛け声とともに黒曜剣を切り上げた。

 剣は黒龍の顎をしっかりと捉え、直撃する。

『ぐぎゃぁあ!?』

 すると龍は巨人にアッパーカットでもされたかのように上空へ不自然な体勢で飛び上がる。

 そして、ここにきて初めて効果のある攻撃が出来た祐はと言えば。

「くぁぁぁぁぁっ!いってぇぇぇぇぇ!!!」

 剣の反動で相当痛がっていた。

 切り上げる直前で、実はあの時黒龍に『重力操作:減衰グラビティダウン』をかけていた。そうする事で少しでも軽くし、吹っ飛びやすいようにしたのだ。だが、それでもあの巨体を剣で切り飛ばした反動は凄まじいものだった。

「準備できたヨ?」

 痛がってる祐に首を傾げながら、準備完了を伝えるシュナ。

「.....ぁ....あぁ.........やって...くれ....!」

 そうして地面に蹲り、一生懸命声を紡ぐ様は、死ぬ前の遺言と言うよりは、足の小指を角にぶつけた者のそれだった。

「...? うン でも龍は、どコ?」

「え?」

 自然落下したならばもう降りてきていてもおかしくないはずだ。祐は嫌な予感がして、痛む両腕を無視し、上空を見上げる。

「なッ!?」

 そこには空に滞空し、その体に紫煙を貯めている黒龍の姿があった。

 このままだと、またさっきの二の舞だ。ミスラは今はあの〝神威〟とか言うやつで白龍を足止めしてるから、こっちに来るのは無理だ。白龍まで来たらもっと手に負えなくなる。

「シュナッ!打てるか!?あれ!!」

「やってみル」

 詠唱する時間もなければ魔力もない。こうなれば即攻撃可能のシュナに頼むしかない。ただ、シュナが黒龍までジャンプする時間さえあるかどうか....

 少しでも防げるように、今からでも中級魔法の1番詠唱の短い魔法の準備をする祐。

 チラッと見れば、シュナはしゃがみ込み、目を瞑り、地面に手を当てている。

 ジャンプして黒龍との距離を詰める訳では無いらしい。じゃあなんで.....いや、シュナを信じよう。いつだってシュナは俺らを助けれくれてきたじゃないか。

「........お願い きテ・・



 その途端──────
 




      ゴゴゴゴ...........ズドォォォォン!



 シュナのすぐ目の前から、結界を破り、円錐形の岩石が飛び出してきた。

「...へ?」
 
 その岩石はどんどん上へ上へとせり上がっていく。だがその速度はお世辞にも早いとは言えない。黒龍には当たるだろうが、紫煙の発動には間に合わないだろう。


「くっ!ダメか....!」

 ────そう思っていた

 黒龍は目の前のせり上がる岩石を見て、紫煙の発動を辞め、すぐさま岩石の軌道線上から逃れたのだ。おかげで岩石が当たることは無かったが、紫煙を回避出来た。

 せり上がる岩石はぐんぐん上がり、やがて天井まで届き、深々と突き刺さることによって勢いが止まった。


「ど、どウ?」

 そう言って顔に疲れを見せながらも、ドヤ顔のシュナ。

「あぁ....本当にすごいよ、お前は。」

 この際どうやってやったとか、なんで黒龍は紫煙を発動させなかったとか、そんな事はどうでも良くなった。とにかく目の前の仲間を褒めたくなったのだ。

 頭を手を置こうとしてふと気づく。

(命を預け合ってる仲間にするのは、こうじゃないよな)

 今にも頭を撫でようとしていた手を下げて、代わりにシュナの腰に手を回す。

「強いな。シュナは、誰よりも」

 そしてそっとハグをした。

 シュナは目を見開いて驚いている。

「....これ......な二?」

「あぁ、ごめん。知らなかったか。これはハグって言って、意味は...まぁいろいろだ」

「そう、なんダ なんか、落ち着ク」

「そりゃよか───」

 最後まで言葉を紡ぐまでに、後ろからのピリピリと威圧されてるのを感じ、直ぐにシュナから離れた。

「さ、さて、シュナ!準備は出来た。そろそろあいつをぶっ倒しちまおう!」

「む.....早い...」

「ま、まぁまぁあれ倒したら、ハグくらいいくらでもしよう?な?」

「ん」

 まだ不機嫌さは消えていないが、今は目の前の敵の殲滅に目を向けさせることに成功した。

 そして黒龍はといえば、あまり遠くにいてもまたシュナのあれが来るのを警戒し、絶妙な距離感を保っている。


 仕込みは完璧だ。あとはこちらから仕掛けるだけ。

 やるのは超接近戦。黒龍が距離を取れないように立ち回る。

「じゃあ、いくぞ!」

 先行したのは祐。シュナが先行すると距離を取りたがると思ったからだ。

 予想通り、黒龍は俺を見ると、警戒はしたが距離を取ろうとはしなかった。

 

 射程圏内には入った。ここからはガチンコだ。

「『重力操作:増幅グラビティブースト』」

 まずは龍が飛べなくなるように、翼に限定して重力をかける。

 魔力ももう本当に底を尽きかけてきている。ここであの黒龍を倒せないと万事休すだ。

 そして黒龍がシュナに警戒しているのを確認して、黒曜剣をに戻し、皮袋に入ってる次元水晶から、予備の黒曜剣を取り出す。

 黒龍は自分の翼が動かせないことに気づいたのか、鉤爪で猛攻を仕掛けてくる。

 白龍と違い、黒龍の方はため攻撃がないのかもしれない。その代わり、あの紫煙の威力は凄まじいのかもな。

 シュナは軽々と黒龍の鉤爪を避けると、メリケンサックを手に、懐に入り込み、そのまま黒龍両足の僅かな隙間にスライディングして後ろへ回る。

 黒龍は直ぐに後ろを向こうとするが、真っ直ぐ走るのと違って、方向転換は苦手のようだ。その間にシュナが尻尾の根元を掴み、メリケンサックで本気で殴り、尻尾を断ち切って見せた。

 『グァァァァァァァ!!』

 すると黒龍は大きな悲鳴をあげ、振り返るのを諦め前方を走りある程度の距離をとると共に振り返る。が────

「まだまだァ!」

 距離を取ることは分かっていた祐が考える隙も与えないまま、剣を投げた。

 飛んで行った剣は、正確に飛んでいき、黒龍の右目へと深々と突き刺さった。

『グゥゥッ!ガァァ!!』

 突然の片方の視界のシャットダウンにより、よほど焦ったのか、がむしゃらに鉤爪を振り回す。

「うぉ!?」

 軌道を見て避けようとした祐だが、動揺によって不規則に動く黒龍の鉤爪はその軌道を読みずらい。避けられないと悟ったのか、咄嗟にケンタウロスが背負ってた武器。片手剣を取り出してそれを盾のように使い、あえて後ろに飛んで、鉤爪を受けることによって武器への負担を無くし、勢いよく飛ばされることで距離を取る。

「んぐっ!」

 一気にシュナの元まで飛ばされたが、何とか転ばないように踏み留まる。

「....ハァハァ.......よし、シュナ。そろそろ良いだろう.......かましてやれ」

 祐の指示にシュナが頷き、暴れ狂っている黒龍との距離を詰める。

 未だにシュナに気づいていない黒龍。ともすれば、シュナは今回何度目かの蒼い炎を迸らせ、一点にまとめる。

「これで..終わっテ  〝衝天絶火〟!!」

 そうして飛ばした蒼い炎は、何をかもを喰らい尽くす化け物のようなモノを形作る。その攻撃にようやく気づいた黒龍。焦りと動揺がMAXであるのだろう。窮地と呼べるべき状態だ。だが、そんな時だからこそ、火事場の馬鹿力というものが働くのであって───

 動かせないはずの翼を広げ、地上から5メートル程度を無理矢理飛んで、シュナの〝衝天絶火〟を避けてみせた。

 黒龍は、きっと目の前の敵はこの攻撃が全てだったんだろうと決めつけ、勝利を確信する。その状態のまま堂々紫煙を溜め始めた。

 窮地に立って奮い立つのは、自分だけじゃないとも知らずに。

 黒龍は紫煙を溜めながら、1匹の獲物がいないことに気づく。

「───よぉ」

 声がする。風切り音と共に。そして上か下かと言われれば......

 見てみれば、上空から自分の方向へ自然落下してくる少年がいた。これまでの攻撃で、右目以外は大した傷も与えることも出来なかった少年が。

  
 黒龍は予感がした。とてつもなく嫌な予感が。


 祐は鞘に収めていた剣を抜く。真っ黒だったはずの黒曜剣は、爛々と光り、爆発寸前といった感じの刀身は、黒色など一切なく、真っ白に輝いていた。





 「────『蓄積チャージ解放』〝斬〟!!!」


 

 そして祐は龍を空間ごと斬った・・・



 一瞬の出来事だった。黒龍は重い翼のせいで、ろくに空中回避も出来ず、地に足を落とすこさえ許されないまま、頭から真っ二つになって、ドシン!と地面に落ちた。



 確認するまでもなく絶命した黒龍を見下ろす祐。


 

「なんとか....倒せた....! 」

 正直魔力はもう、ほとんど使ってしまった。けど、まだ足が動く、手も、頭も、心だって折れちゃいない。だからいける。絶対に勝てる。いや、勝つ!


だが、その瞬間─────

 



「ゆうッ!よけてぇぇぇぇ!!」
 


 今までに聞いたことのないような動揺した声。

 意識が朦朧としながらも、必死に振り返る。






そして俺は光に包まれた。

「異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く