異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?

43話 力の差

轟音がなる。それも断続的に。

 見えない壁の外で、ミスラは神でありながら祈っていた。

 2人の戦いは続いている。それを見届けることしか出来ないミスラには、こうするしか出来ることがなかった。



***


「フッ!」

 シュナは、拳がメインの戦い。になると思いきや、シュナは拳だけではなく、脚や、剣など、様々な攻撃方法で祐と戦っていた。

 慣れていない戦い方のはずだ。だが、シュナはとても柔軟に、それ自体が武術のように流れるように拳、脚、剣を交互に使っていた。

「本当に....器用だな。少しでも俺に見せてない戦法で隙を突こうって訳か。悪くない、けどな」

「..ッ!!」

  常人なら見えないスピードのシュナの蹴りを、何事もないように掴む。

「俺には効かない」

 そう言うと、先ほどと同じようにシュナを投げ飛ばす。

「小細工は辞めとけ、自分が一番力の発揮出来る方法でこい」

 シュナからすれば渾身の一撃だった。それを軽々と受け止められたことにより、本当に、小細工が効かないと確信する。

「さて、そろそろやるか」

 そして、祐の顔に感情が消え去った。

「『障壁プロテクション』『身体強化ブースト』『重力操作:増幅グラビティブースト』」


「『幻刀』」

3つの魔法の同時発動。そこに3体の分身。維持するだけでも、相当の集中力が必要だ。だが、前世の祐は涼し顔だ。

「....ソれ......祐のスキル」

「元々俺のスキルだ」

「.......そう..なんだ。 ならいい」

「「....」」

 今度はシュナではなく、前世の祐が動いた。スピードは祐と同じくらい。シュナでも対処出来る速さだ。

「『炎槍ファイアーランス』」

 祐の頭上に、4つほど出現した炎の槍が、いっせいにシュナに迫る。

 それをシュナは、柔軟な動きで、全て避けきる。力で跳ね返す選択肢もあったが、この実力差で、力でねじ伏せる事は不可能だとしっかりと分かっているらしい。

 ならば、無駄は極力省かなければならない。

「後ろががら空きだぞ」

 炎槍ファイアーランスを避けるのに、集中がいって、一瞬祐への意識が外れたシュナの元へ、拳が迫る。

「ぐぁッ!」

 前の蹴りとは比較にならないほどの威力。急所は外したらしいが、シュナはまた吹き飛ぶ。

 今の祐は、身体強化ブーストにプラスして、重力操作:増幅グラビティブーストにより威力が桁違いのものになっている。その代わりにスピードは落ちる。という仕様だ。

 シュナは顔を渋らせながらも立ち上がり、先手を取らせないように突っ込んでくる。

「....『魔天魂蒼まてんこんそう

 ここで、シュナが初めてスキルを発動する。

「....魔王種になったことによる固有スキルか.....初めて聞くスキルだが....いいぜ、こいよ」

 シュナの体からは蒼い炎が吹き出ている。
その炎は、ただ青いだけではなく、どこか神々しい。見れば、赤かったシュナの目は、今は蒼く染っている。

「....いく」

 すると、祐の視界からシュナが消える。

「.....ッ!?」

 全く目で追えなかった....?いや、そんな事よりも........俺は今、何をしている....?


 頭と腹に痛みがあった。よく見れば、目の前には天井があることに気づく。

 まさか....仰向けに倒されている..?

 あまり冷静に分析もしていられない祐は、すぐさま立ち上がる。

 見てみれば、シュナは、最後に見た場所から動いてなかった。

 それにより、自分が何をされたのか気づく。

「衝撃波か........いや....」

 恐らくあの炎で衝撃波を飛ばした。それが妥当な考え方だ。だが、仮にも魔王の固有スキルだ。衝撃波があっていたとしても、ただの衝撃波であるはずがない。

「取り敢えず、様子見だな」

祐は、自分の分身を動かして、シュナへ攻撃を仕掛ける。

分身は、少しでも動かしやすくするために、重力操作:増幅グラビティブーストは掛けていないようだ。その分、速度は出る。が──

「....なるほどな」

 シュナから吹き出る炎は、剣のような形状に変わり、分身を軽く上回るスピードで刺す。

 魔王は本来、一人で一つの国を滅ぼせるほどの魔力を持っている。その圧倒的な魔力量で、極大魔法を連発して放ったり、億の軍勢を一瞬で出現させたりする。それが魔王の、一番恐れられる戦い方だろう。

 しかし、シュナは魔法を得意としない。元はミノタウロスなのだから、当然っちゃ当然なんだが、だがそれでは、折角手に入れた絶大な魔力も無駄に終わる。

 身体強化ブーストくらいは出来るだろうが、圧倒的な力までにするには、何百回も使うことになる。そこでシュナにはこの固有魔法が生まれたのだろう。

 個を最強とする力。魔力を全て身体強化に注ぎ込むスキル。単純なようで、案外、一番厄介なものだ。

「って事はさっきのは衝撃波ではなく、普通に突っ込んできて、俺を腹パンしたってだけか....」

 きっと手加減したのだろう。障壁プロテクションを使ってでもこの痛みってことは、もう少し力を入れてれば、上半身ごと吹き飛んでた可能性がある。

「これだから魔王ってやつは、油断出来ねぇんだよな」

「次は....本気........」

「もう魔力の残りとか気にしてる場合じゃないな...」

 シュナは、祐の魔力が数倍に膨れ上がるのを感じ取る。

「『完全防御フルレジスト』『光滅剣』」

 前世の祐は、また自身の防御魔法、そしてもうひとつの魔法により、祐の手に光の剣が出現する。

 シュナが仕掛ける。圧倒的なまでの速さ、蒼い炎で出来た剣が祐に迫るが、それを、まるで分かっていたかのように、光滅剣で受け止める。

 ──よし、さっきは油断したが、今はギリギリ目で追えるな。

 祐も速さが増している。速度を落とす重力魔法は解除したようだ。

シュナからの一撃を受け流し、カウンターを狙うが、直ぐに距離を取られる。反応速度では祐が勝っているが、単純な速度はシュナが上のようだ。

「『滅竜式、一の太刀』       〝竜牙一閃りゅうがいっせん〟」

 そうして、抜刀の構えから放たれた祐の剣は、瞬きした瞬間には、抜刀の構えに戻っていた。

「チッ やっぱ竜とは訳が違うか」

 シュナは無傷。何かあるとは思っていたが、あの炎、打撃は一切効かないらしい。加えて、光滅剣が効かないということは、恐らく魔法も同じだろう。

「やっぱ危険だな。これがもう少し成長してたら、負けてたかもな」

「........この状況で 勝てル?」

「あぁ、この程度ならな」

 シュナは少しムッとしながら、炎の剣を構える。対して、前世の祐の方は、ただ突っ立っているだけ。これにシュナは、余計に頬を膨らませながら、一瞬で祐の背後へ....と行くことは無かった。

「.....あ.....れ.......?」

 シュナが纏っていた炎が消え去り、脱力したように倒れ込む。

「....なに......した?」

 「何もしてない」

 誰から見ても祐は動いていない。なら何故いきなりシュナが倒れるのか。

「当分は動けないだろうから教えてやる........お前の固有スキルは、確かに強い。だが当然、強ければ強いスキルほど、魔力が必要になる。しかも見る限り、そのスキルは、使っている間、魔力を凄まじい速度で消費するタイプだ。圧倒的な魔力量のある魔王なら問題は無いだろうが、魔王になったばかりの奴がそれを使うのは、持って5分って所だったな」

 説明を受けたシュナは、難しい顔をしながらも、なんとか理解できているようだ。

「....勝てると思って....油断した、私の 負ケ」

「あぁ、そうだな........祐の奴が、出来る限りショックを受けないように、完全に消し去ってやる」

「......けど」

倒れ込んだまま、目だけこっちに向けるシュナの顔は、死への恐怖や憎悪、そんな感情を感じさせないほど、優しいものだった。

「ユウを殺したく、なかった。から..これは  私の勝チ」

「......あいつは、俺から見れば、なんの力もないのに、なんでも守ろうとする、愚かなお人好しだがな........」

「......自虐?」

「.........」

シュナの的確なツッコミに、前世の祐はバツが悪そうな顔をする。

 後ろでは、見えない壁を叩くミスラの姿がある。

「『我が欲するは業火の炎、全てを滅ぼし、無に還す。そこに恐怖はなく、救いもない』」

 詠唱が始まる。残りの魔力で放てる最大の魔法。

「『願わくば、彼の者の罪ごと、業火の炎で焼き払わんことを』」

シュナの頭上には、完成された魔法陣が浮き出る。詠唱は終わった。あとは魔法名を発して、発動のトリガーを引くだけだ。

 シュナは目を瞑る。自分を焼き滅ぼす炎を、受け入れるように。

 だが、10秒、20秒経っても、それがやってくることは無かった。

「........時間切れだ。俺も油断したな....」

 どうやら、前世の祐として行動できるタイムリミットのようなものが過ぎたようだ。

「......」

 ゆっくりと開けたシュナの目は、目の前の人物が、何を言っているのかわからないという目だった。

「......残念だ。人類最大の危機を潰す可能性を、逃すなんてな」

 そう言って残念ぶる姿はどこかわざとらしい。

「........トドメ....刺す時間   あッタ」

 「....うるせぇな....生き延びたんだからもっと嬉しくしてろ。次会った時は、瞬殺するつもりでやるからな。精々もっと強くなりやがれ。雑魚」

「..........雑魚じゃない....」

 色々とツッコむところはあったが、強さへのプライドがあるシュナに、「雑魚」は応えたようだ。

「....じゃあな」

 シュナを無視して、前世の祐は、自分を殴って気絶した。








 


「異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー252836

    ここまでやってとどめ刺さないとかいい加減な話だなーと思ったʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ

    1
コメントを書く