異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?

40話 仲間 II


「ふぅ〜 これでこの階層の鉱石は、大体掘り尽くしたな!」

「ナー!」

「まさか、本当に穴ぼこだらけにするとは....」

 ダンジョンの93層の降り階段付近で、取れた鉱石を前に、ホクホク顔の祐とそれを真似するシュナがガッツポーズしている。

「この階層、魔物1匹居ませんでしたが、どういう事なんでしょうか」

「「........あ〜」」

 2人の反応を見て、全てを察したミスラ。

「....祐、貴方はシュナの教育上、とても悪い。と判決が下されました。抹殺します」

 祐から見るミスラの背中には、くっきりと閻魔エンマみたいなのが、出現していた。

「ミ、ミスラさん....? 後ろに閻魔みたいなのが出てるんですが........? 貴方、転生の神様だよね? なんで地獄の大王が....? 」

「ははは 何を言ってるんですか。あ、もしかして誤魔化してるんですか? 」

 初めは顔だけだった閻魔様が、どんどん具現化が進み、肩まではもう完全に出てきている。

「誤魔化してないんですって! まじでミスラさんの後ろに閻魔が!! ちょ....シュナさぁぁん!助けてぇ!」

 唯一の助け舟に縋ろうとするも、その船は今、鉱石を見て目を輝かせている。声さえ届いていない。

「シュナは見てないようですね。これなら多少見せては行けない場面になっても大丈夫でしょう」

「待ってミスラ!話せば分か──」

 「問答無用!」

「ぎゃぁぁぁぁ!!」




***




「さぁ、そろそろ出発しますよ。シュナ」

「分かっタ でも、ナンデ ユウ 丸焦げ?」

 近くにはこんがり焼けた祐が倒れていた。

「きっと変なものでも食べたんですよ」

「そんな危ないモノ あるのか.... コワイ」

 シュナは哀れんだ目で祐を見る。

「ほら、祐も早く行きますよ」

「....はい」

 妙に素直になった祐は、立ち上がる。

 ミスラのお仕置きがあったとはいえ、この階層では魔物が出てこなかったから、ある程度の休息にはなったようだ。

「っと....ちょっと待ってくれ、そろそろステータスカードの確認をしたい」

 90層のボスを倒してからも見てなかったからな。新しいスキルが、発現しているかもしれない。

「ステー..タス?」

 シュナには、ステータスカードがなんのことか、理解できないようだ。

「ステータスカードというのは、自分の力量を、数値で知ることの出来るアイテムですよ」

 ミスラが説明を加えると、理解出来たシュナは羨ましそうにカードを見る。

「シュナも、地上に上がったら作るか? 」

「作ル!」

 今までで1番嬉しそうだ。人間の姿になったとしても、やっぱ『強さ』にはこだわりがあるのだろう。

「さて、じゃあ早速」

---------------------------------------
名前: 佐野  祐
種族:人間
Lv:  56

体力: 153880
攻撃力:189050
防御力:190566
魔力:360560
知力:230540
運:386990

スキル:
言語理解、進化、魔法適正、幻刀、潜伏、鑑定、マッピング、蓄積チャージ、付与、気配感知、剛力


称号:
転生者
転移者
世界に呪われし者
######
######
---------------------------------------

 

桁がひとつ増えた。



「ユウ..強く なっタ?」

「あぁ、うん、強くはなったよ」

 ステータスカードをシュナに見せるが、数字が読めないのか、まったく理解出来てなさそうだ。

「うわ、また変な上がり方してますね」

「うわ、とか言わないで? 」

 強くなることに越したことない。と言い訳してきたが、少しだけ不安なのだ。どんどん人外になっていく自分に。

 この世界の人ならそんなこと思わないんだろうけど、俺は元々、特別な力なんてない一般人のまま生き、そしていつか死ぬはずの人生だったのだ。いきなりこんな力を手に入れれば戸惑うし、少し怖くなる。

 そんな俺の心配を見越してか、ミスラが口を開く。

「まぁ、大丈夫ですよ。貴方の夢が変わらない限りは、その力は絶対に祐にとっては良いもののはずです。勿論、私やシュナにとっても」

「....あ、あぁ」

 確かに、そうなのかもしれない。けど、もし俺が暴走したら....

「....ユウは 強い」

「シュナ..だけど俺は──」

「力 だけじゃナイ」

「え?」

 シュナの言ってることが分からず、聞き返してしまう。

「ユウは 心も 強イ。 ユウと戦っタ から 分かル」

 てっきり、戦闘面で強いと言っているのかと思っていたが、違ったようだ。


「....まいったな..」

 シュナは見た目も手伝ってか、まだ子供だと思ってたが、心はとっくに大人だ。

「まいっタ? シュナ 勝っタ? 」

「ははっ  ..あぁ、負けた負けた。シュナには敵わないな」

「....ダメ........嬉しいけド  ..ユウとは 戦って 勝ちたイ」

 ふとした時に帰ってくるな....シュナの武道精神..

「昔、神王が言ってました。力を正しく使える者は、自分の力を常に怖いと思っているらしいですよ? 」

「言ったのが神王でなかったなら、泣いてたな」

 今後の人生、神王がどんな名言を残したって響かない自信がある。不思議だ。

「失礼ですよ?」

「それ君が言っちゃう?」

 神王の事を話す時だけ、めちゃくちゃゴミを見るような目だった君が?

「良いんですよ。私は神ですから」

「いいのかなぁ....」

 だって王だよ? 長だよ?

「カミ?」

「ん? あぁ、シュナにはまだ言ってなかったな。実はな、ミスラは転生の神さま──」

 最後まで言おうとした俺の口は、シュナの顔の変化により、止まることになった。

 シュナの顔は、凄く、いや、もうこれ以上なく、可哀想な人を見る目だったのだ。

 ヤバい、これあれだ。俺の威厳がなくなるやつだ。 確かに、いきなりこんなこと言っても、信じれるわけがない....どうする....!?  

「....──って言ってる人だから、あまり気にしなくていいぞ」

「ん?....祐?なんかニュアンスがおかしくありませんでした?」

 ....すまん、ミスラ 許せ。 俺にこの目は耐えられない。

 案の定、シュナによる可哀想な人を見る目。いや、それが進化した、痛い人を見る目はミスラに移った。

「ミスラ....悩み  あル?」

「え? え? ちょ、どういう事ですか? なんでシュナは私を痛い人みたいな目で見てるんですか?」

 あれ、珍しい。直ぐに察して俺に殺気を飛ばしてくるかと思ったが、まさか自分が神である事を、信じると疑わなかったとか?

「....シュナ、こういうのはそっとしておいてあげるのが1番なんだ」

「そうなノ? 分かっタ ソっとする」

「ちょっと!? どういう事ですか!? 祐!」


「....さて、そろそろ進もう。こんな所で時間を食ってちゃ仕方ない」

 ミスラ、いい奴だったよ。

 こうして、3人は94層へ足を踏み入れるのだった。約1名、ずっと騒がしいのはいたが。



「異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 月

    面白い!続き早くみたいです。

    1
コメントを書く