異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?

34話 覚悟


時は少し遡る──

「──という事だから、おにぃは無事らしいの」

 そして、佐野祐の妹、佐野結はミスラとの会話のあと、一部始終を両親に伝えていた。

 結の話を聞いた2人は、普段なら冗談として受け取っただろうが、こんな最悪な状況で、正常な理性を保てというのも無理な話。

 その結果、結の話を複雑さ顔をしながらも、しっかり聞いていた優香が口を開く。

「で、でもそんな事って....」

 だが、聞くのと信じるのは別の話。こんな、混乱している状況でさえも、結の話は現実的ではなかった。

「優香、確かに今の話を、本当だと思うのは難しい、けど俺らがそれを理解する事を考えるより、祐の無事を優先させた方がいいんじゃないか? 少なくとも、今、祐は生きている」

 優香に慰めの言葉をかけたのは、祐の父、佐野海斗だ。見た目は特別カッコイイわけてもなく、だが暗い感じではない、平凡と言えばそれで終わりだが、その雰囲気は祐と同じで、周りを落ち着かせる冷静さがあった。

「そ、そうよね..海斗さんの言う通りだわ。 結、それで、その異世界から裕くんは戻ってこれるのかしら..?」

 不安は残るも、取り敢えず、いつもの落ち着いた雰囲気の母に戻った事に、少し安堵した結は、ミスラからの提案について話し出す。

「それは...分からないけど、今おにぃは1人、異世界に連れてかれてすごく不安だと思うの....!だから私がおにぃの所に行って、安心させたいの」

「「........」」

 この提案には、勿論二人ともが渋る。たが断固拒否しないのは、祐のを思っての事、そして結は、言い出したら聞かないところがあるからだ。

「でもそこは、危険な場所なんでしょう? 祐くんは男だから、何とかなってるかもしれないけど、どんな危険があるかわからないのよ?」

「それでも....行きたいの。それに、私一人で行こうとは思ってないの」

 危険であることは、結も知っていた。だからもう1人、助っ人を呼ぶために、ミスラには、その場で転移してもらうのを、止めさせたのだ。勿論、これ以上、家族に心配させない為に、最低限の話はしておこう。と思っての事もあるが。

「一応聞くけど、誰と行こうと思ってるの....?」

「おにぃの友達....蓮って人が居たでしょ? あの人なら、事情を話せば、来てくれると思って」

 正直、この方法は結としては、自分で出した条件でありながら、あまり気乗りはしていなかった。

 そこには、兄の親友に迷惑なんてかけられない! ︎    という訳では全く無く、ただ単に、付き合いの長さは、妹の私ほどでは無いものの、仲の良さで言えば、長年結が嫉妬し続けるほどであった、ある意味、敵とも呼べる者を、連れていくのは抵抗があった。

 だが、1人で行くとなれば、例え結の性格をよく知っている2人でも、流石に了承してくれないと思い、その結果、結にとって、苦渋の選択を強いることとなった

「‥‥確かにあの子なら、信頼できるけど‥」

 悩んでいる母を見て、結は自分が出した条件は、確かに効果があったのだと理解でき、安堵する。

 それから、3人は話し合うこと数分。

 優香と海斗は頷き合うようにして

「‥‥分かったわ。 裕くんのところにいってあげて頂戴」

 その言葉に結は、一番難関だと思われた問題が解決し、これでおにぃに会える! と表情に出して喜んだ。

「まだ行けると決定したわけじゃないわよ? 条件をまだ言っていないでしょう」

 喜んでいる矢先に、そんな事を言われた結の表情が、一瞬で凍りつく。

「え?条件って、だってさっき‥‥」

「それは最低条件よ。本題はここから」

 その言葉に結は、テンションを少し落としながらも、これから母が出す条件に、しっかり耳を傾けた。

「まず一つ目、蓮くんが同行を承諾する事、そこの危険性もしっかり伝えないとダメよ? 」

 蓮への迷惑など、一ミリも考えていなかった結にとっては、少し誤算ではあったが、裕と蓮の仲の良さは、皮肉なことにも結が一番知っている。なので問題はないだろうと考える結。

「うん」

「じゃあ二つ目、これは言わなくてもそうするとは思うけれど、危険なことには首を突っ込まないこと」

これも問題ない。

「大丈夫だよ」

「最後に三つ目‥‥もし、その異世界が、血の繋がった家族での結婚が法的に、許されていても、変な気を起こしちゃダメよ? 」

「‥‥‥‥」

どうやら起こす気だったようだ。完全に目が血走っている。

「‥‥ゆ〜い〜?」

「わ、わかった!分かったからその黒いオーラやめて!」

 結の黙秘権の行使は、一瞬で砕けた。

「はあ、冗談のつもりで言ったのに‥」

「え!? じゃあ結婚していい? 」

「ダメに決まってるでしょ?? 」

 ガクッと項垂れる結。割とそっちが本命だったんじゃないかと思わせるほど、テンションが落ちている。

「結、貴方もそろそろ兄離れしないとダメよ? 」

「兄からはとっくに離れてるもん‥‥」

「そっちじゃないのよ‥離れて欲しいのは‥‥」

 異世界での結婚は、諦める結だったが、兄への想いは、全く消えてないという雰囲気だった。

「結もそんな歳か‥父さん少し悲しいぞ‥‥」

「あ、うん、そういうのはいいや」

「ゆぅこぉぉ! 娘が父さんを冷めた目で見てくるぅぅ」

 先ほどの冷静さはどこに言ったのか、ただの親バカになった。

「はいはい、もう父親が娘を可愛がる時代は終わったんですよ、海斗さん」


 こうして、佐野海斗は、唯一の救いからとどめを刺されるという、父として、なんとも残酷な最後を迎えるのだった。

「異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • コーブ

    母の黒いオーラが好き♪

    2
コメントを書く