異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?

29話 悪運

巨大ネズミを倒してからというものミスラがずっと不機嫌そうにしていた。

初対面でミスラにあった時はこいつに人の感情はねぇ!と散々思ったものだが──

「今、なんの慈悲もなくネズミを殺した貴方が考えてはならないことを考えませんでしたか?」

「そんな事微塵も考えてない。それと殺したって言うな。こういうのはうちの世界の子供用のアニメでは倒したって言うんだ。」

「それになんの違いがあると言うのですか....」

「いいかいミスラくん、言葉とは上手出来てて『倒した』と言い換えるだけで殆どの人がこれは残酷な事では無いと錯覚するんだよ。」

「ゲスですね。」

「まぁ冗談はさておきここはダンジョンだ。そう甘い事も言ってられないだろ?意味もなく殺すならまた違ってくるんだろうけど今回はちゃんと目的があった。」

「....はぁ。心構えが早い事で結構ですね。もし敵が人だとしても殺せそうな勢いじゃないですか?」


「そういう状況になった事がないから分からないな。その場では出来ると思っていても実際それが起こった時の感情とは差が生まれると思うし。」

(出来ない...とは言わないんですね。)

さっきの話に戻すと、ミスラは無表情なだけで感情が無いわけじゃない。むしろ豊かな方だと最近気づき始めた。

いつも謝ってる人がいざ謝るとその価値を低く感じてしまう事の逆のようなもので普段無表情の人がここぞと言う時に笑顔を見せると凄く魅力的に見えるのだ。

.....別にミスラが魅力的とか言ってるわけじゃない。

「貴方は百面相がお得意ですね。」

「全く嬉しくない。」

どこかの赤い脳筋さんを思い出す。

そんな話をしていると──

「グルルルルッ」

「「!?」」

2人の後ろから呻き声が聞こえきた。
そちらを見てみると狼の様な魔物が完全にこちらをマークしていた。

「ミスラ!伏せろッ!」

「は...はい...!」

祐が大声を上げて注意を促す。そして祐はと言うと、

『ファイアーボール!』

敵に打つのは初めての攻撃魔法。それを祐は躊躇なく放った。

「キャィィンッ!」

祐の手から放たれた火の玉は一直線に飛んでいき見事狼の頭に直撃した。

「...この攻撃じゃあまり効かないか。なら」

狼は確実にダメージは受けたもののそのまま倒れる。までには至らなかった。

そして視界が回復した狼は祐を見て警戒し、次にまたファイアーボールを打ったら避けてきそうな動きで近づいてきた。

「ふぅ...イメージ、イメージ。」

だが祐は敵がもう目の前にいると言うのに目を瞑り隙だらけの状態になる。

これに狼も驚くが所詮は知能の低い魔物。隙だらけと気づいて一気に距離を詰める。

『赤き、紅蓮の炎よ 荒れ狂うえ!』

もう回避不可能。という所まで来た時。祐はその言葉を紡いだ。

『ファイアーブレス!』

そう発した途端、祐の手から前方に横幅10メートルの広範囲中級魔法を放った。

狼は回避も、驚きも出すことなくブレスに呑まれてチリになった。

「出来た....」

中級魔法はティファに構造と名前だけ教えてまだ放ったこともない代物だったが成功して良かった。ティファは1度放つのがやっとだろうと言っていたけどそれはレベル19のステータスの話。俺には関係ない。

「あ...あの.....」

「あぁ、ミスラもういいぞ。今終わった。」

「いえ、それは分かってるんですが....今の魔法は...固有魔法ですか?」

何を言ってるんだろう。俺がさっき打ったのは少し練習を積めば放てるようになるという中級魔法だ。ティファもそう言ってたし。

「いいや?『ファイアーブレス』正真正銘中級魔法だよ。」

「.....まさか........ちょっと祐、ステータスカードを見せなさい。」

「え、あぁそう言えばネズミ倒してからまだ見てなかったな。ほい。」

少し焦り気味のミスラがステータスを見る。

---------------------------------------
名前: 佐野  祐
種族:人間
Lv:  20

体力: 10850
攻撃力:10550
防御力:10260
魔力:20080
知力:10690
運:20550

スキル:
言語理解、進化、魔法適正、幻刀、潜伏、鑑定、マッピング

称号:
転生者
転移者
######
######
######
---------------------------------------

(.....な.......なんですかこれは.....こんなメチャクチャなステータス見たことありません......ですがここまでは納得出来る)

「...あれ」

「どうした?なにか増えてたか?」

「あの、前、最後に見た時のレベルは幾つでした?」

「20だったかな?」

...........

「おい、なんだよ。もしかしてめっちゃ上がってたとかか?それなら今の状況的にはいい事だろ?」

「いえ、まぁそうなんですが.........ご愁傷さまです。」

「?」

そう言ってミスラは俺にステータスカードを返す。そして内容を見えみると──



            レベルが変わっていなかった。


「あぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

前にもあった。というかつい昨日か一昨日だ。このステータスカードのスリープモード。またあの外側からではなく内側からくるどうしようも無い気絶するほどの痛みが────......

「うわぁぁぁ!またあの痛みを味わうくらいなら一生戦ってやる!!!」

「それは結局死が待ってます───ってこ、こら、待ちなさい!」

「嫌だぁ!離してくれミスラ!早く戦わないと発作が起こりそう!」

「どこの覚醒剤中毒者ですか!発作なんて起こりません!今ならまだ間に合います!だから大人しくしてなさい!」

まるで本当に危ない薬に呑まれた者を止めているかのような絵面になった。


***


「落ち着きましたか?」

「あぁ...一応。」

私、ミスラは戦闘狂になりかけた祐を止め、今はその背中をさすり宥めていた。

「ミスラさん?別にもう大丈夫だから背中さすらなくていいよ?」

「いいえ、まだ貴方は無自覚にですが震えています。もう少しこうしていた方がいいでしょう。」

この人はなんで戦ってる時はあんなに冷静で頼もしいのにこういう時だけ凄く子供のようなのだろう。
まるで自分より年下に見える。(年下)

祐のどこが平凡な高校生なんでしょうか。私の目も鈍りましたね。


「なぁ」

ですが、人を見る目はまだ健在だったようです。

「おーい」

やはり私は祐を──

「ミスラー?」

声をかけられていたのに気づいて意識を前へ向けると直ぐ目の前に祐の顔があった。あと少し前に進めばキスできてしまうくらいの距離に───

「きゃぁ!」

ビックリした勢いでドン!さすってた背中を思いっきり前へ押す。

「へ..うぉぉぉ!?」

私に押されて祐は体勢を崩し転がっていく。そして溝の方へ。

「祐!」

立ち上がり祐に駆け寄るがもう落ちる寸前。だがミスラは諦めなかった。

せめて私が身代わりに!そう思いミスラも溝に飛び込み祐をに抱きつく。


私は死んでも天界へ戻るだけなのだから。

2人は直下の溝に落ちた。



***


止まらない勢い。そしてミスラと祐は結構な速度で落ちている途中。

「なんで飛び込んできたんだ!間に合わないって分かってただろ!?」

「そんなの!当たり前じゃないですか!そもそも私が招いてしまった事故で...!」

「あーわかった。取り敢えず話は後だ。」

「祐、私を下敷きにしなさい。」

「は?」

「そうすれば助かります。生憎私は仮の体で動いていますから天界に戻るだけです。」

「.........」

「...どうしたんですか?黙ったりして。早くしないと下についてしまいます。」

「あぁ、分かった。」

案外すんなりと承諾した事に少しだけ、驚きを隠せないミスラだったが話が早いに越したことは無い。

「何か....俺に言っておかなければならない事とかあるか?」

その言葉にミスラは少し迷って、

「いいえ、貴方に伝えるべき事は伝えました。貴方なら大丈夫ですきっと1人でもダンジョンから脱出できる。」

「そうか。じゃあ俺も少しだけ──」

祐から直接貰える最後の言葉だと考えると少しだけドキドキするミスラ。

「俺は」

こんな状況だから少しくらいこの胸の高鳴りが増すようなことを言ってくれても...と淡い期待をするが祐に限ってそんな事は言わないかと思い直す。

そして暗くてわからないが地面らしき床が下に見えてきた。もう10秒もないうちに下に着くだろう。

ミスラはそんな冷静な事を考え自分の背中が地面に接するように準備をしようとした───が、

「──お前がいないとダメみたいだ。」

「え?...あ、ちょ!」

何を言ったのかあまり理解が追いつかなくて、その数瞬動きが止まってしまった。そしてその隙に祐が今私がしようとしたことをして──



ザバァァァァァァン!

凄い衝撃とともに泉らしき所に落ちた。


***




「はぁ..はぁ」

泉に落ちてからギリギリで動けたミスラは祐を引きずって泉から出した。

「祐..ダメです!死んでは...!」

朦朧とした意識で祐の容態を見る。  
だがどこにも出血はないことに気づく。

「貴方の馬鹿げたステータスのお陰ですね...」

だがミスラが祐の胸に手を当てた瞬間ミスラの顔が凍りついた。

「心臓が...止まってる....!?」

傷はステータスのお陰でなくとも衝撃は防げなかったようだ。気絶した時に水も結構入っている可能性がある。

ミスラは躊躇ちゅうちょすることなく祐の唇に自分の唇を重ね人工呼吸をする。そして心臓マッサージ。それを何度も、何度も、何度も繰り返す。そして──

「ゲホッ......ゴホッゲホッ...」

また祐の心臓が動き始めた。気絶らしたままだが怪我は負っていないため今はもう命の危険はない。

「.....生きててくれた....!良かった...!よかっ.....」

祐が生きてて安心したからかミスラもそのまま気絶してしまった。




「異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • hera

    ミスラちゃんかわいい(´∇`)

    1
コメントを書く