異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?

12話 それぞれの思い

 祐の誘拐事件があってから、1週間が過ぎた。未だに祐の行方は全く掴めていない。
祐の妹こと佐野 結は謎の女に会ったあと、直ぐに警察に連絡した。そして警察も私の態度を察してか迅速に動いてくれた。

だが、全く足取りの掴めないままもう1週間が過ぎていた。

お母さんがその事を知った時、いつも落ち着いた雰囲気を放つお母さんが、一日中落ち着かない雰囲気で今にも泣きそうだった。

お父さんもお母さんを少しでも心配にさせないように、冷静な態度で警察からの事情聴取などに答えていたがその顔は隠しきれていないほど辛そうだった。

私があの時おにぃと一緒に水族館に行っていれば...きっとこんなことにはならなかったのかもしれない....いいや、違うか。時間の問題だったのだとも思う。だが少なくとも一緒に行っていれば──

やめよう。そんなのは結果論だ。後悔したっておにぃは帰ってこないのだから

あの女は結局、いつか絶対におにいの前に現れていた.....おにいをどこにやったのかまでは分からないがあの女がやったのは確実だ....

絶対おにいを見つけないと....次は私がおにいを助けるんだ...!


*******************

「ふぅ〜やっと校長の長い話終わったなぁ」

蓮はそう言いながら1人で教室に戻る。祐がいなくなって1週間、祐が行方不明なのを学校というおおやけの場で個人名を出して発表されたのは今日が初めてだ。

だが連は先にその情報を知っていた。祐の家には何度も遊びに行ったことがあるため、よく祐の親とと話していた。(祐の妹はいつも邪魔そうにこっちを見ていたが)そこから先に情報が来たってわけだ

「どこほっつき歩いてんだか。」

「───なんでそんなに落ち着いてられるのよ。」

横から急に話しかけてきた人物。祐の幼馴染、香山麗華。こいつも祐の事を先に知らされている中の1人だ。初めて会った時は変なやつだと思ってた。けどそれは祐の前でだけなんだと知った。祐はあれで皆に優しいとか言っていたが祐と話す時だけ態度がどう考えても違かった。

そして今は───

「私はこんなに祐くんパワーが貰えなくて干からびそうだってのに....!」

「香山、お前やつれてるぞ?大丈夫かよおい。」

冗談のつもりかと思ったがガチだったようだ。なんかゲッソリしている。
だが....まぁしんみりはしてないだけマシか。周りに気を使って無理してるということも考えられるが。

「大丈夫なわけないじゃない!今すぐにでも飛び出していきたいわよ!」

それだけ言うと香山は、愚痴を言いながら教室に早足で戻って行った。

「俺だって少しは思うところがあるんだがなぁ....」


あいつは結構そういう事に巻き込まれるんだ....中学の頃の祐は周りから見れば典型的な中二病だった。俺から見たってそうだった。「なんで魔力が使えない...!」とか「この肉体は鉛のように重いな....」とか訳の分からないことを言ってた。

本当にしょうもないもんだと思って疑わなかった蓮だがある日連は祐とゲーセンに言った日、祐がトイレに行っている間にガラの悪い奴らに絡まれたことがあった。

そのまま裏に連れていかれて殴られたり蹴られたり、抵抗はしたが5人もいたため勝ち目はなかった。終いには財布を取られて終わるかと思った時。誰かがこっちに歩いてきた。

仲間かと思ったがそこに立っていたのは──

「平和な世界でもお前らのようなゴミはやはり現れるのだな。」

やっぱり訳の分からない事を言う祐がこっちに歩いてきた。

「んだとこらぁ!?おいお前等!あいつも半殺しにして財布かっさらうぞ!」

ヤンキー達は激怒し2人が祐を掴みにかかった。
だが──

「多 対 一 で戦う時の基本はまず囲みこむこと。早く有利に立ちたいからと言っていきなり掴みにかかっては──」

悠々と説明をしながら2人の頭を左右の手で掴み2人を頭突きさせた。

「すぐにやられるぞ?」

「こ、こいつ!?」

「感情を出す余裕があるなら体を動かせ。」

そしてあっという間に5人全て気絶させ、そいつらから俺の財布を抜き取った。

「ほら、大丈夫か?」

「あ、あぁすまん....なぁ、お前ってそんなに強かったか?」

財布を受け取り、恐る恐る聞いた。

「そうか?別に強くはないぞ?これくらいはこのせか.....いや、なんでもない。だがこれくらいなら少し練習すれば誰だってできる。」

「お前....祐だよな?」

「は?当たり前だろ?」

すると何となくいつもの感じに戻った祐は何事もなかったかのように言った。

「そうか。ならいい。」

「変なやつだな。」

「·お前には1番言われたくないな。」

その事件から少しが経ってあいつは自分の行動や発言を振り返りそれはそれは見事な黒歴史となった。

まぁそんなことがあった訳だが、俺はあの時の祐を見た時、中二病?いいや、違う。と思った。明確な理由なんて無いが、そこは長年の付き合いが理由としか言えない。だがこれだけは言える。あいつがどんなになろうとも親友で居続けると。

「──だから早く帰ってこいよ。祐」

「異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    何だお前、帰ってこいとかくっそ良い奴じゃん

    1
コメントを書く