異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?

4話 平凡な生活 IV「出会い」

「あ、あの....」

「ん?」

 呼ばれたので見ると、13歳くらいの......ちょうど妹と同じくらいの女の子がそこにいた。

「どうかした? えっと....もしかして、何か困ってたり?」

「はい、困ってます。とても困ってます、高校生の手が必要なのです」

 取り敢えず聞いてみただけなんだけど、めちゃくちゃ食いついてきたな.....ってか俺、高校生って言ったか?まぁ制服だし、中学か高校って言ったら高校か。

「そ、そっか   俺に出来る事であれば手伝おうか?」

「.....お兄さんは平凡な高校生なのですよね?」

 ん?なんだろうディスられてるのだろうか。急に助ける気なくなってきたぞ。

 だがこんな事で怒っても仕方ない。別に目の前の少女が、妹と同じくらいの歳に見えるからとか、そんなんじゃないんだからね!


「うん、まぁそう...かな?それがどうかした?」

「....平凡な高校生とはこういう面倒事に関して、見て見ぬふりをして、自分には関係ないと簡単に思えてしまうような、社会のゴミだと思っていたのですが....」

このガキどうしてくれよう。

 つまりこいつは、俺を社会のゴミだと思って接してたのか、おい。

 というか平凡な高校生を、そういう奴だと思ってるならなんで、そんな奴の手が必要なんだよ....

 まぁ見たところ、中学生みたいだし、色々思い悩む時期なのかもな。俺もそれに関してはよく理解できる。こういうのはそっとしてあげるのが1番なのだ。

「あの、どうしてそんな暖かい目で見てるのですか?気持ち悪いですよ?」 

おい、何だこのガキは....怒っていい?

それでも中学生を怒鳴りつけるなど、プライドが許さずに、結局俺が折れた。

「はぁ...分かったから....早く何に困っているのか教えてくれ....」

「それについては、もうちょっと貴方に質問をしなければなりません」

「....質問? どういうことだ?信用が無いとダメな事とかか?警察沙汰なら流石に勘弁なんだけど....」

そもそも早く家に帰りたいのだ。またいつ倒れるか分からないのだから。

「警察...?ちょっと待ってくださいね」

「ん?」

なんだ警察の何に疑問を持ったんだ。

「あぁ分かりました警察ですね。はい大丈夫です。特にその警察という組織は、関係ありませんので。」

さっきから何を言ってるのだろうかこの子は。

「では質問を始めますね」

「結局やるのかそれ....」

「貴方はこれまでに他人と違うと思ったことがありますか?」

 思っていたよりちんぷんかんぷんな質問だ。まぁいいか。

「ないな」

「では自分が誰にも負けないと思ったような時期はありましたか?」

「....ないな」

「本当ですか?」

「ねぇよ....」

中学の頃のあれは違う。絶対違う。

「そうですか?...まぁいいです。では質問を続けます」

「なあ、あと何問あるんだ?」

「.....貴方は友達はいますかまたその友達は普通の友達ですか?」

おい無視かよ....

「友達くらい誰でもいるだろうに。普通の友達だ」

「では貴方の住所、出身地、身長体重、テストの点数、体力テストの結果を教えてください」

「おい、いきなり個人情報すぎだろ!しかも絶対それ関係ないだろ!」

「あります」

「何にだよ!」

「まだ言えません」

「.....はぁ......どうやら俺は詐欺にあったようだな....じゃあな」

流石に付き合いきれない。と、俺はその場を後にする。


追って来ると思ったが、意外とすんなり諦めたな。やっぱり詐欺で、それがバレたから諦めたのかな。どうでもいいけど。

 一応、最後まで話くらい聞くべきだったか....







 家に着いたが、もしかしたらストーキングしてるかもしれないと思い、変な道を1周してから戻ってきた。

やっぱり追ってきてる感じはなかったな。なんだったんだか。

 その日は結局、ベットに入って、すぐに寝た。もしかしたらあの夢を見るかと思っていたけど、全く見ることは無かった。


.......あ、愛先生との補修..............

「異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く