JAPAN OF THE DEAD

ノベルバユーザー227164

第1章 始まりの日

それは昨日の出来事だった弟が謎の伝染病にかかってしまった。
この伝染病は先週から突然と日本に現れたウィルスだ。
救急車は何回呼んでも来ないから弟を車に乗せ近くの病院に行くことにした。
周りを見ると今日はやけに人が少ない。
俺は弟は助からないかもしれないと思いながら弟を見ていた。
その時だ前にいた男に気づかずに引いてしまった。
車から出て男見てみるととてもひどい状態になっているだがその男は立ち上がり俺に襲いかかって来た。
それはまるでゾンビのようだった。
俺はすぐに車に乗りこみ逃げた。
ふと弟を見ると明らかに様子がおかしい映画が好きな俺はこの伝染病はゾンビになる伝染病でわないかと思い始めていた。
もしもゾンビだとしたらこのまま弟だったものに食われてしまうそんな考えが頭から離れない。
その考えは本当になってしまったいきなり弟は奇声をあげ噛もうとして来た。
俺はすぐに車から降り泣いた。
俺と弟はいつも一緒だったのにこんな形で弟が消えるなんてとても悲しかった。
だがいつまでも泣いていてもどうしよもないから俺はどこか安全なところを目指す事にした。
安全な所なんてないのかもしれないだけど探すしか他に道が無かった。
俺は近くにある家に入り武器になりそうなものを探した。
そして2分くらい探した時だったやっと良さそうなものを見つけた。
スレッジハンマーだった。
俺はそれを持ち取りあえずホームセンターに向かう事にしたゾンビ映画の王道だ。
そして俺はホームセンターを目指し歩いた。


「JAPAN OF THE DEAD」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く