蒼炎の魔術士

ibis

C話

「なあ、ソニアは『死霊アンデッド』についてどう思う?」
「……別に、どうも思わないわ」

 いつも通り、森の中でアグニがソニアに話し掛ける。

「……それに、本当に死霊アンデッドになった人がいるとも思えない」
「んー……まあ、確かにあんまり聞かないよな」
「あんまりって……聞いたことあるの?」
「まあな……『国王側近魔術士』にもなると、色んな情報が入ってくるんだよ」

 死霊アンデッドとは何か。
 あくまで噂だが……強い感情を持って死んだ者は、死霊アンデッドとして生き返る事があるらしい。
 死霊アンデッドは不老だが……もちろん死ぬ。
 肉体損傷による死か……もしくは、強い感情の原因―――つまり、未練を晴らすか。このどちらかで死んでしまう……らしい。

 アグニが気になっているのは―――死霊アンデッドとなった時、魂はどうなるのか、だ。
 魂は生まれ変わる。死んだ者の魂は、新しい命となる。
 だが……死霊アンデッドは?
 一度死んだら、やっぱり魂は抜けるのか?それとも肉体に留まるのか?
 そんな哲学的な事を考えていた。

「へぇ……でも、死霊アンデッドになってまで生きようとは思わないわ」
「ソニアは、何かやりたい事とかないのか?」
「ないわね……そんなの、私には必要ないわ」

 木に体を預けるソニアが、素っ気なく返す。
 予想通りの返事に、アグニはやっぱりかとため息をく。
 故に―――直後放たれたソニアの言葉は、自分の耳を疑わざるを得なかった。

「まあ言うなら………………あなたと遊びに行きたい、とかかしら」
「………………………………今なんて?」
「とっとと帰れって言ったわ」
「嘘言うなよ!お前、遊び行きたいって言ったな?俺と遊びに行きたいって言ったよな?」
「うるさいわね……私が何を思おうと、私の勝手でしょ?」

 ソニアが見せる表情は……真顔、苦笑、めんどくさそうな顔……あと、筋肉を見た時の恍惚とした表情の4つ……アグニが知ってるのは、この4つだ。
 だから……今みたいに、少し頬を赤くして顔をうつむかせるソニアを見るのは初めてで―――

「……女の子じゃん」
「女よ!どこからどう見ても女でしょ!」
「いや待てよ。そんな顔……だってお前……いつもはだって……」
「うるさいうるさいうるさいっ!もう帰って!早く!早くっ!」

 体育座りで、膝に顔を埋める。
 ……見れば、耳まで真っ赤だ。

 ちなみに、アグニもソニアも、恋愛経験なんてない。
 ソニアは性格がキツいし、アグニは女性との関係がないからだ。

「……ソニア」
「……………………………………………………なによ」
「……はぁ~……こりゃ、早く世界を変えないといけなくなったな」
「…………急にどうしたの?」
「お前と俺が愛し合う事は、まだできない……全ては、世界を変えた後だな」

 そう、この世界は『戦争時代』……今みたいに、アグニとソニアが仲良く話している事も禁止で、他種族同士どうしが恋愛をするなんて論外だ。
 さらに言えば、『吸血族』と『鬼族』は完全な敵同士……『吸血族』はアグニ以外ほとんど死んだが。
 もしも今、他の『鬼族』にこの状況を見られれば、アグニは絶対に殺されるだろうし、ソニアも裏切者として殺されるだろう。

 だからこそ、アグニは決意した。
 この素直じゃない女……必ず、その隣に座ってやろうと。

「……死んだら魂は生まれ変わる」
「え……何よ急に……?」
「死んで、生まれ変わって、時代が変わって……そこでお前と再会するってのも……悪くない」
「……………」
「でも、それじゃダメだ……俺は、今のソニアがいい」

 まだ体育座りをしているソニアの前に座り、アグニはニカッと笑った。

「俺が必ず世界を変える……それが何年後になるかはわからない……だけど、約束する。時代を変えて、他種族でも仲良くできる時代にできたら―――お前を、俺のものにする」

 小指を差し出し、断言した。

「…………………………ん………………待ってる」

 アグニの小指に小指を絡め、ソニアが幸せそうに笑った。

―――――――――――――――――――――――――

 ―――その日は、唐突にやって来た。

「……これ、は……」
「来たぞ!『紅眼吸血族ヴァンパイアロード』だ!」

 いつも通り森にやって来たアグニは……眼前の光景に、目を疑った。

「………………ソニ、ア……?」

 目の前に並び立つ『鬼族』……その前に、ソニアが倒れていた。
 ―――足が曲がり、腕はズタズタに斬られ、頭から血を流す……ソニアだった。

「……ソニア…………ソニア……ソニア、ソニア……」

 フラフラと、アグニがソニアに近づく。
 その動作に、『鬼族』が警戒を深めるが……そんなのは、アグニの眼に入らない。

「…………おい……どうしたんだよ……ほら、いつもみたいに……なあ、あのキツい言葉は、どうしたんだよ……?」

 ソニアを抱き抱え、アグニが立ち上がる―――

「―――死ねッ!」

 と、背後から1人の『鬼族』が、槍でアグニの胸部を貫いた。
 槍は貫通し―――心臓を的確に破壊した。
 『紅眼吸血族ヴァンパイアロード』の弱点……それを『鬼族』が知らないはずがない。

「ゴフッ……なあ、ソニア……ソニア…………」
「…………………………あぐ、にぃ……」
「ソニア……!」

 目を覚ましたが……死ぬのは、時間の問題だった。

「……ふふ……アグニ、酷い顔……」
「何笑ってんだよ……笑えねぇよ……!」
「ね、え……アグニ……」

 震える右手が、アグニの頬に触れた。
 ―――冷たく、死人のような手だった。

「……ゴメンね……もっと、素直になりたかったけど……どう、しても……素直になれなく、て……」
「ソニ―――ガフッ!……ソニアぁ……!」

 口から血を吐くアグニが、頬に当てられた右手を強く握る。

「……ゴメンね、あなたが時代を変える所、見たかった、けど……もう、無理、みたい……」
「ふざ、けんなよ……!そんなの、絶対に許さねえぞ……!」
「……生まれ変わっても、あなたを見つける……ね、その時は、もっと、素直に……あなたを愛して……」

 ふっと、ソニアの手から力が抜ける。

「……生まれ変わるなら、こんな時代じゃなくて……みんな仲良く、幸せな時代がいいなぁ……」
「ソニア……!ダメだ、ソニアッ!」
「愛してるわ……アグ…………」

 最後まで言い終わらず、ソニアの眼から光が消えた。
 ……死んだ。

「ソニ―――」
「殺せ!」

 全方向から、攻撃が放たれる。
 武器が、魔法が、容赦なくアグニを襲った。

「………………殺してやる……」

 すでに心臓を貫かれ、死ぬ寸前。
 それでも、アグニの眼には光があった。

―――――――――――――――――――――――――

 地面に流れる、凄まじい量の血。
 そこに横たわる男が―――起き上がった。

 死霊アンデッド―――アグニは、死霊アンデッドとして生まれ変わったのだ。

「…………………………ソニア」
「……………」

 眠る女から、返事はない。
 ……なぜ、俺だけ生き返った。
 なぜ、ソニアは死んでしまった。
 なぜ?何が悪かった?
 俺か?ソニアか?『吸血族』か?『鬼族』か?それとも時代か?

 いや……どれも違う。

「悪いのは………………全部だ」

 人が悪い。時代が悪い―――世界が悪い。

「……壊す……殺す………………全部、滅ぼしてやる」

 アグニの魂は、すでに肉体には無い。
 じゃあ、なぜアグニは自分で考え、行動できているのか?
 それはただ、生前の記憶に従った構成された意識プログラムなのだ。

 そうしていつしか、アグニはとある人物に出会う。
 禍々しい野望を持つ男に。

 その男と行動をしていく内に、いつしかアグニはこう呼ばれるようになった。


































 ―――『炎帝』と。








 相手にも、設定を付けてみました。
 アグニとソニアの魂は……まあ、みなさんの想像通りの人に生まれ変わりました、という感じです。

「蒼炎の魔術士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く