蒼炎の魔術士

ibis

4話

 ソファーに座り、手紙に目を通す。

「……………」
「レテくーん?どうしたのー?」
「……んや、何でもない」

 ビートに渡された手紙を握り潰し、ポケットに突っ込んだ。

『久しぶりだな……『第13代 国王側近魔術士』、『蒼炎の魔術士 レテイン・エクスプロード』君。
 『炎帝』の事について話がある。王宮に来てほしい』

 と、手紙に書いてあった。

「……『炎帝』……か」
「レテ君?」
「何でもないよ」

 『炎帝』―――『魔王』を守る『四天王』の1人だ。
 『炎帝』『氷帝』『雷帝』『風帝』……この4人で『四天王』と呼ばれている。

 今の手紙に書いてあった『炎帝』は―――『鬼族』の暮らす国を、ソフィアの故郷を滅ぼしたやつだ。
 ……これをソフィアに見せるわけにはいかない。

「……明日また『ヘヴァーナ』に行かなきゃならねえ」
「えー?なんで?」
「ベルガドール様から呼ばれた……ソフィアは留守番しててくれ」
「嫌だよ?」

 真顔で返事をするソフィア……まあ、そう言うと思ったけど。

「嫌だよって……なんでだよ?」
「だってレテ君、何か隠してるでしょー?」
「……別に隠してねぇよ」
「嘘」

 隣に座り、俺の顔を真正面から覗き込んでくる。

「私を誰だと思ってるの?未来のお嫁さんだよ?旦那さんが嘘を吐いてるか吐いていないかなんて、すぐわかるんだからね?」
「……………」
「もう一度聞くよ?何か隠してるでしょ」

 ……これだ。
 ソフィアに嘘を吐くと……すぐに見抜いて、別人のように問い詰めてくる。

 前にも何度か同じような事があった。
 最後には俺が折れて、真実を話すのだが……
『なーんだ、そんな事だったんだね。てっきり私以外に女を作ったのかと思っちゃった』
 と、安心したように笑うのだ。

「……その……『炎帝』について、話があるって」
「『炎帝』……それで、なんでレテ君はそれを隠そうとしたの?」
「いや……お前の故郷を滅ぼしたやつだし……嫌な気持ちになるかなーって……」
「……もう!」

 ギュッと抱き締められる感覚に、場違いな安心感を覚える。

「もしも……もしも、だよ?ベルガドール様から『炎帝』を倒せって言われたら、レテ君は行かないといけないでしょ?」
「……まあ、そうだろうな」
「行くとしたら、私に黙って行っちゃうでしょ?」
「……ああ」
「レテ君が『炎帝』の所に行って、怪我でもしたら……もし死んじゃったら、どうするつもりなの?私を置いて逝くの?私を1人ぼっちにするの?……1人に、しないでよ」

 ……そうだった。
 こいつは、1人なんだ。
 親も友だちも、全員『炎帝』に殺されて、1人ぼっちなんだ。
 そこで俺もいなくなったら……本当に1人になってしまう。

「……悪い。ソフィアの気持ち、全然考えてなかっ―――」
「許さない」
「えぇ……?」
「……さっき邪魔された続きをしてくれるなら、許してあげる」

 邪魔された……続き?

「……はあ。しょうがねぇな……」
「んー!」

 目を閉じ、顔を突き出してくる。
 俺は、その綺麗な顔に手を添えて―――

「……ん」
「んっ……」

 優しく、柔らかくキスをした。

「えへへ……久しぶりにしたね?」
「ああ……そういやそうだな」
「……もう一回、する?」
「……次はキスじゃ済まさねぇぞ?」
「きゃははー!レテ君のエッチー!」

 バタバタと寝室に駆け上がるソフィア……もちろん、手を出すつもりは無い。

「……はあ……俺が死ぬ、か……」

 ソフィアは言った。『私を誰だと思ってるの?未来のお嫁さんだよ?』と。
 ソフィアは言った。『死んじゃったら、どうするつもりなの?』と。
 ソフィアは言った。『1人に、しないでよ』と。

 俺は、ソフィアと結婚する。これは俺の中で、決定している事だ。
 俺は、ソフィアを置いて死ぬつもりは毛頭ない。嫁を置いて死ねるかっての。
 俺は、ソフィアを1人にする事は、絶対にしない。あいつの隣は、俺の場所だ。

「……2年前に、約束したんだ」

『俺は絶対にいなくならない!俺がお前の隣にいる!お前を1人になんてさせない!』
『どう……して……そこまで……?』
『お前が、好きだからに決まってんだろ!』

 ……そうだ、約束したんだ。

 あいつの隣には、俺が立つ。
 俺以外の誰かを立たせるつもりはないし、俺があいつの隣ならいなくなるつもりもない。

「レテくーん?キスの続きしないのー?」
「……しない」
「えぇー?!」

 そうだ……決めたんだ。
 あの日、2年前に。

「蒼炎の魔術士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く