お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~

日向 葵

第二十八話『今更やってくるあいつ』

 目を覚ますと、木材の優しい香りが漂う素敵な空間だった。この展開は何度目だろう。

 部屋を作成し終わたザブリェットは、疲れと嬉しさから寝てしまったようだ。そして日は上り、朝の陽ざしで目を覚ます。
 でも、いきなり真新しい部屋にいたためか、状況が把握できず、拉致されたのだと勘違い。

 能力を使って逃げようとしたところで、自分が作ったお部屋であることに気が付いた。

「あ、疲れて寝ちゃったんだ。なんか忘れているような気がするけど……まぁいいや。もうひと眠りしよう」

 そして、ザブリェットは再びベッドにダイブする。ふわっとしたベッドに新しい木材の香りが漂って、心地よい眠りを誘う。
 ふわぁとあくびをしながら、寝っ転がり、枕を自分の元に引き寄せる。寝る準備万端。

「もう、こんな素敵空間を用意してくれたヘルトには感謝しないとね。今頃どうしている……あ」

 ここでザブリェットは思い出した。作ったお部屋をヘルトにお披露目しようとしていたことを。

「大変、ヘルトを探して拉致らないと。この時間なら畑にいるかもしれない」

 ザブリェットは急いで部屋を……飛び出さず、ちょっとだけ片付けて、見栄えをよくしてから部屋を出た。


******


 さて、ヘルトを探しに外に飛び出したザブリェットはというと、迷子になっていた。
 魔王が畑として活用している土地は83450平方キロメートルぐらい。日本で考えると、北海道と同じぐらいの広さだ。
 そんな馬鹿広い畑からヘルト一人を探すなど、ほとんど不可能に近い。
 こんな時こそ能力だ。ヘルトを思い浮かべて『瞬間移動テレポート』を使えば一瞬でたどり着くだろう。
 下手したら岩の中ではなくヘルトの中に転移してしまい、肉体的に合体する危険性もあるのだが。
 そんなことはお構いなしにザブリェットは能力を使った。
 『瞬間移動テレポート』を使うのはこれが最初ではない。だからだったのか、能力を発動するタイミングでザブリェットは違和感を感じた。
 だけど早くヘルトにお部屋を披露したい。その思いが強かったため、違和感など気にしない。
 だけどそれがいけなかった。

 本当ならヘルトの近くにいけるはずなのに、たどり着いたのは、膝よりちょっとだけ高い緑色の植物が植えられた畑。どうやらヘルトが育てている小麦畑に『瞬間移動テレポート』してしまったようだ。ザブリェットは近く誰かいないかキョロキョロし始める。だけどヘルトどころは、誰ひとりとして人がいない。

「なんで私はこんなところにいる? はっ! まさか天使の能力がダメだったのか!」

 天使のダメさに地面に八つ当たりしそうになるザブリェットだが、なんとか踏みとどまる。ここは畑大好きヘルトの畑。それを少しでも台無しにしたら、きっとブチギレるだろう。そうなると誰もとめられない。きっと酷いお仕置きが待っていることだろう。
 そう考えたザブリェットはゾッとして、周りを気にし始めた。

「うう、何もないよね。ヘルトが怒りそうなことをやったりしていないよね」

 不安になってあっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロ。畑を確認し始める。
 そんなザブリェットに赤い閃光が襲いかかる。
 熱くて骨まで溶けそうな灼熱の光は、小麦どころか地面を削り、畑を台無しにしながらザブリェットの目の前を通り過ぎた。
 余波でダメージがありそうな状況だったが、天使に祝福されているザブリェットにダメージはない。
 ただ呆然と、目の前で燃え上がる小麦畑を見ることしかできない。

「いいい、一体誰が!」

 我に帰ったザブリェットが閃光が放たれたであろう方向に振り向くと、金髪で爽やかなイケメンがあちこちにキスマークを付けながら立っていた。

「やあ、お姫様。迎えに来たよ」

 ザブリェットは背筋に冷たいものを感じた。
 このイケメンはザブリェットが幼い時に地龍から助け出し、数多の危機から国を救った英雄で、人間領では勇者と呼ばれている奴だった。

 その名はザブルグ。ウンゲティウム王国が誇る最強の人間。
 しかしその姿は勇者と呼べるようなものではなかった。鎧というか、服というか、そういうものを脱がされて、ほとんど裸同然の姿。
 簡単に言うと、パンツ一丁というやつである。
 だけど勇者だからか、剣を肌身離さず抱えて、勇者の証っぽい頭の守れそうにない、きらびやかな宝玉が額の中央ぐらいにくる謎兜を装備している。それだけにとどまらず、体中には大量のキスマーク。体はじっとりと汗ばんでいて、どっからどう見ても変態だ。

「ひぃ、近づかないで……」

「ちょっと待ってくれ、私はあなたを助けに来ただけなんだ」

「へ、変態。一号! 二号!」

「「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン」」

 ザブリェットの呼びかけに応じて一号と二号が地面から生えてくる。『瞬間移動テレポート』で移動したはずなのにここに現れる、ある意味このふたりはすごいかもしれない。

「呼び出しておいてなんだけど、一体何故ここにいる」

「僕の魔法! サキュバスは気に入った相手を付き回す魔法が得意だったりするの」

「そして私が地面を掘ってきたのです! ハーピィなので!」

「そこは空を飛んでくるんじゃないの、一号?」

「え、私はハーピィなので、空を飛ぶよりも穴掘る方が早いですよ。当たり前じゃないですか!」

 ハーピィの知られざる事実。空を飛ぶより穴を掘る方がはやいって、その羽は一体何のためにあるんだろうと勇者ザブルグですら疑問に思った。

「ところでどうしたんですか、僕とイチャイチャしたくなりましたか?」

「きっと広くて見晴らしの良いこの場所でお茶をするんですよね。いま用意します」

 そう言って、てきぱきと作業を始めるふたり。穴掘りハーピィにびっくりして固まってしまったザブルグは、我に帰ると二人に対して剣を抜いた。

「魔国領だから直ぐに敵が出てくると知っていたが、ままま、まさかまたサキュバスが来るなんて……。さぁ、痛い目を見たくなかったらザブリェット姫を返してもらおう」

「え、誰ですかこの変態」

「き、気持ち悪い、僕のお母さんが口では言えないことをしている時と同じ匂いがする」

「ここで成敗ですね」

「うん、一号。やったるよ」

「「ご主人様(お姉さま)の愛ゆえに、この変態を成敗をしてあげましょう」」

「っく、ハーピィならともかく、サキュバスはやりにくいが……。姫をさらっていくだけなら容易い。行くぞ!」

 ザブルグが剣を構えて走り出した。ザブリェットに向かって。
 鍛えられたムキムキの肉体。パンツ一丁の勇者ザブルグが両腕を広げて、変質者の如く走り出す。
 その姿を見たザブリェットの肌に鳥肌が立つ。激しく気持ち悪いと思ったザブリェットは一号を盾にした。

「うをぉ、汗ばんだ肉体が気持ち悪い。変態、変態、変態。だけどご主人様が強要する、ああああ、ご主人様のお望みのままにぃぃぃぃ」

「あああ、や、やめろぉぉぉぉ、俺に抱きつくなぁぁぁ」

「ここか、ここがいいのか。ファァアアアアック」

 抱きつきながら放った一号の強烈な蹴りが勇者を襲う。
 問答無用に金的を狙ったので、ザブルグは地面をのたうち回ることになる。折角のイケメンが台無しな、歪んだ表情を見せながら、一号を睨みつけた。

「きさまぁぁあああああ」

 金的をくらって怒り狂うイケメンは一号に向けて大きく剣を振りかぶった。
 このまま直撃すれば、確実に死んでしまう。
 この世界では寿命で死ぬ以外は生き返ることができる。だから死ぬ危険に対して無頓着なところがあった。
 だからだろうか、本当の危険に気が付くのが遅すぎた。

 勇者が持つ剣が怪しげな紫色の光を放ち始める。その光から感じられる死を目の当たりにした一号は「ああ、こりゃダメだ」と呟いた。
 結構お気楽である。
 本人的にはザブリェットのためなら本当に死んでも構わないとすら思っている。だけど、ザブリェットがどう感じているかは別の話。
 色々と酷いことをしていても、一号と二号を気に入いている。だからこそ、変態的な行動を取ってしまうこのふたりを遠ざけたり、消し去ったりしない。短い期間ではあったものの、ザブリェットの中では最も信頼できる、大切な親友とまで思っているほどに、だ。
 だからザブリェットは……。

「危ない、一号!」

 必死に走って、一号を突き飛ばす。転げまわって、起き上がると、一号の目の前に最悪の光景が映った。
 それは勇者ザブルグの剣がザブリェットに襲いかかろうしていたからだ。
 勇者自身、まずいと感じ取ったのだが、車と一緒で急に勢いを殺すことは難しい。
 止まらない剣がザブリェットに襲いかかろうとした、その時、漆黒のマントをなびかせて、あいつが現れる。

「……遅れてすまない」

 禍々しい杖に魔力を纏い、剣を受け止めたのは魔国領の王、ヘルト。いつもは畑大好き自由人だが、この時は違った。完全に魔王モードで、さらに怒りに満ちたその表情。血のように赤く染まった瞳が勇者を睨みつける。

「勇者よ、貴様は触れてはならぬものに手を出した。蘇りも叶わぬ死をくれてやる」

 魔王ヘルトは勇者に向かって大きく叫んだ。

「お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く