お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~

日向 葵

第二十六話『セクハラ犬にはキツイ罰を』

「この変態犬。さっさと荷物を運びなさい」

「っく……なんて理不尽な」

 あのあと、ザブリェットの『瞬間移動テレポート』によって魔王城の外まで戻ってきた。
 そこからザブリェットの部屋となる汚い牢屋に木材を運ばなければいけないのだが、ザブリェットはもちろん、一号も二号も手ぶらだ。
 大きな荷馬車のようなもの(ザブリェット作成)に大量の木材を積み、それをポチがひとりで運んでいた。
 エリアボスであるポチでもなんとか運べるほどの重量。それをひーこら言いながら、運んでいる。
 まぁ当然と言えば当然かも知れない。魔物と化した人形たちにセクハラした駄犬にはちょうどいい罰になっているのだろう。

 ところで人形たちはどうなったこと言うと、あのウラウスの森においてきたようだ。
 なんでも、『この森は我々に任せて』と目で語っていたので、「しかたないな~」ぐらいな感じでザブリェットが置いてきたようだ。

 当然ポチは文句を言うが、変態のいうことなど聞く耳持たない。平手打ちをされて、ポチの意見は一蹴される。

「ほら、駄犬。ちゃっちゃと運びなさい。早くしないと日が落ちちゃう」

「くっ……殺せ」

「犬のくっ殺はどうでもいいから、びしばし働きなさい」

 夕方、日が傾いて空が夕焼け色に染まる。これから部屋を改装するのに、日が落ちてからだと余計な魔力を使ってしまう。別にザブリェット的にはどうでもいいのだが、寝る時間が遅くなってしまうのはちょっと嫌だ。
 だってお肌が……。

 そんなわけで急いでいるザブリェットたち。ポチの歩くスピードに合わせながら、ゆっくりと魔王城の中に入っていく。

「お、姫さん。おかえり……って、ポチは何をやっているんだぁ?」

 ちょっと泥だらけな畑仕事大好きヘルトさんとばったりあった。
 奴隷のように働いているポチを見て、ちょっと驚いたような顔をする。

「ポチには罰を与えているの。犯罪者なんだから当然でしょう」

「はぁ、一体ポチがなにしたんだべさ」

「セクハラ」

「……オラはなんも言えねぇ」

 ジト目でポチを睨むヘルト。その顔が心に刺さったのか、ポチの精神に大ダメージ。今にも泣きそうな顔になる。
 そのせいか、動きがゆったりし始めたので、一号と二号がムチを打った。

「ほら、ポチ様。ご主人様が与えた罰なのです。しっかりこなしなさい!」

「そうですよ、お姉さまにセクハラなんて……なんてうらやま……じゃなくてけしからんことを!」

「オメェら……あとで覚えておけよ」

「ポチ、ふたりにセクハラしたら土の下に送ってあげる」

「姫はいちいち言うことが怖いんだよ。なに、土の下って、俺殺されるの?」

「いや、生き埋めだけど。だってこの世界は死者が簡単に復活できるし」

「あーうん、そう。なんとなくわかっていたよ。なんもしねぇよ。女はなんて怖いんだ」

「えっと、姫さん?」

「なに、ヘルト」

「ほどほどで許してやってぐんねぇかな。その、ポチも悪気はなかったと…………思うんだぁ。そのへん考慮して、ほどほどで許してやってほしいっぺ」

「うん、そのつもりだけど。この大量の荷物を運んでもらって、雑巾元いい、部屋の改装を手伝ってもらう予定だから」

「ちょ、雑巾ってなんだよ!」

「ポチうっさい」

 ポチは「一体何だよぉぉぉぉ」とか叫んだけど、まぁ自業自得だよなとだれもが思ったので、それ以上何も言わなかった。
 ただ、ポチの罰を見て、だれもが思ったことがある。ザブリェットは怒ったらかなり怖いというか、えげつないことを要求してくると。
 それに合わせて、一号と二号の評価が上がった。
 あんなおてんば鬼畜姫のそばにいて、何度も死んでいるにも関わらず愛を叫ぶ二人に。
 でもまぁ、このことについて、ザブリェットとお供のふたりが知ることもなかったが。


******


「さて、到着したけど、やっぱり臭いわね、ここ」

 ザブリェットのお部屋に到着した頃、完全に日が落ちてしまった。あまりにもポチの歩くスピードが遅いためである。
 そんなわけで、魔法で明かりを灯すザブリェット。ちゃんと完成させたベッド意外、とっても汚いお部屋が目に映る。

「さて、ポチ。もうひとつ仕事をしてもらうわよ」

「一体何をさせようとしているんだよ」

「え、地面に寝っ転がってもらうだけだけど」

「なんてえげつねぇことを言い出すんだよ。嘘だよな、嘘だと言ってくれ」

「いや、ほんとにやってもらうけど。じゃなきゃ罰にならないじゃない」

「ち、ちくしょおおおおおおおお」

 ポチは泣きながら、滑りの多い、汚い部屋を転げまわる。
 ふわふわな毛並みは雑巾のように汚れを拭き取って、多少なりと床が綺麗になっていく。

「あ、そこの壁あたりもかなり汚いからよろ」

「う、ううう」

 なんか汚された乙女のような虚ろな目をしながら、自分の体で汚れを拭き取っていくポチ。
 かなり可哀想だけど、これぐらいで許してあげるのだから、優しい方じゃないとザブリェットは思っていた。
 前世では、男が痴漢してもセクハラしても、社会的地位がどん底に落ちてしまい、生きてはいけない。
 女性差別いけないとか、もっと平等にとか言っている女性がいたりいなかったりするが、もうすでに女尊男卑では? と言えるほど、女性が優遇されているような気がする日本という国で生きていたことがあるのだ。

 男性から女性へのセクハラはかなり大きな事件になっているにも関わらず、女性から男性へのセクハラはあまり大きな事件にならない。実際に女性側からのセクハラが実在しているにも関わらずに、だ。

 女性優先や女性専用車両など、女性が優遇されているあれやこれやがあったりするのに対し、男性は特にない。
 男性は女性にお金を握られて、馬車馬の如く働いているのに、ちょっと家族に対してサービスが足りないんじゃない? とか言われる始末。家族のために働いて、家族のために遊んであげて、ひーこらいいながら頑張っているのに、稼ぎが少ない、もっと働け、おこずかいはこれだけね、とか言われる悲しい男の運命。

 男性は結婚したら女性の奴隷になるのと変わらない。だからこそ『結婚は人生の墓場』なんて言われているのだが。実際は、安定した幸せな場所にたどり着いたとかそんな意味合いがあるかもしれないのだが、家族ごとに感じ方が違うため、人によっては本当の墓場かもしれない。

 来栖天恋として生きていた時はすでに、共働きしないと生活出来ないし、大手にでも就職しないと、まともな生活ができない国と呼ばれていた時代で、文句を言う余裕がないというか、養っていかなければいけないので我慢しなきゃと、ストレスを抱えながら生活する人が多かったのだが。

 そんな世界の記憶を持つザブリェットだからこそ、この程度の罰は生易しいと思うのだが……。
 いい年した大人が、泣き喚きながら、汚い床に体をこすりつけて掃除をさせるのは、この世界にとってかなりの極刑だと感じさせるものがある。
 大体、ポチはワーウルフだ。嗅覚がかなりいい。そんなポチに汚く、臭い部屋で、体を使った掃除なんてものをさせたら、下手すれば死んでしまう。
 まぁ、あまりにも酷いものだと、脳内リミッターが発動して、匂いをシャットダウンさせるのだが、それでもある程度苦しいのは変わらない。

「こ、これでいいだろうぅぅぅぅぅ」

「うん、もうちょっとやってもらいたかったんだけど」

「もう勘弁してくれぇぇぇぇ」

「しょうがないな。後は私が勝手に部屋を改装するから。今回はこれで許してあげる」

「うう、ううううう」

「ほら、体を洗ってきなさい。せっかくのふわふわが台無しよ?」

「ちっくしょーーーーーー」

 ポチは臭い匂いを漂わせながら、風呂場に一直線に走っていった。
 ザブリェットはポチの背中を目で追っていき、見えなくなったところで一号と二号に指示を出す。

「さて、二人共、この部屋を改装するわよ」

「「あいあいさーー」」

 元気よく返事をする二人に、うんうんと頷き、ザブリェットは部屋を見渡す。
 さて、この汚い部屋とおさらばする時が来たようだ。

「お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く