お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~

日向 葵

第二十二話『気が付くと、真っ暗な場所だった』

 気が付くと、そこは真っ暗な場所だった。
 上も下も右も左も黒一色。まるでぺちょと初めてあった場所の黒バージョンのようだ。
 ザブリェットは手探りであたりを確認しようとする。下の感触は草のようなさわっとした感触と、柔らかい土の香りがした。
 だけど周りは何も見えない。もしかしたら……失敗した? そんな考えが浮かんでくる。

「一号、二号、ポチ……どこ?」

 真っ暗な空間をひたすらに歩き続けてみるザブリェット。今どっちに向かっているのかわからず、適当に進んでいると、なにか柔らかいものを踏みつけた。
 その時「ぐぇ」とか聞こえたので、もう一度踏みつけてみる。すると、また声が聞こえた。

「ぐぉおお、一体なんですか。痛いです、めちゃくちゃ痛いです!」

「……この声、一号?」

「は! もしかして、ご主人様ですか。助けてください、なにか変なものが私を押しつぶそうとし……」

 そこまで言った一号に対して、ザブリェットはもう一度、思いっきり踏み抜いた。

「ぐぉおおお、お腹がぁぁぁぁ。でもこの感触は、ご主人様!」

「よかった、そこにいたのね」

「は、はい。ご主人様にグリグリされて、私はしあわせですぅぅぅ」

 どうしようもない変態の一号は、踏みつけているのがザブリェットだということに気がついて、悶え、喜び始める。
 そんな一号を気持ち悪いと思いながら、他に誰かいないか見渡すが、やっぱり暗くて何も見えない。
 さて、ここは一体どこだろう。そう考えても、行き着く先は『瞬間移動テレポート』に失敗したという事だった。

 あの能力は、イメージがしっかりしていないと必ず失敗する。行ったことない場所に使う能力ではない。きっと、某ゲームの○ーラとかいう魔法も、同じような原理であり、だからこそ一度行かないと使えないんだろうな、とか思った。

 さて、失敗してしまったものは仕方がない。一体どうすればいいのやら。首をかしげながら、一号をグリグリと踏みつけるザブリェットは、目をつむり、熟考する。謎の場所からの脱出。二号……はどうでもいいとして、ポチは回収しなければならないこと。ヘルトのもとに帰るのはどうすればいいのか。

 三つの中で一番大事なのは、ヘルトのもとに帰ることだ。なんだかんだ言って、ザブリェットはヘルトのことを気に入っている。
 自分を助けてくれた、好きなものに真剣で、自分と同じようなヘルト。
 気が付くと、ヘルトのことばっかり考え始めてしまう。

 思考がズレた、そう思ったザブリェットは首を振り、もう一度考え始める。
 今は集中しよう、そう思って一号を踏みつける力を強める。「あ、それ、いいですよ、ご主人様ぁぁぁぁ」とか、変な叫び声がザブリェトを邪魔するが、そこであることに気がついた。
 この真っ暗な空間に、一号の喘ぎ声の他に、ギチギチとした異音が聞こえるのだ。
 この音は一体……そう思ったザブリェットだが、突然肩を掴まれて叫んでしまう。

「うひゃあああああああああ」

「うお、びっくりした。突然叫ぶんじゃねぇ、クソ姫」

「ぁぁぁぁぁ…………って、ポチ?」

「ああ、俺だが、なんだお前、俺のことが見えて……って当たり前か。俺も暗くてよく見えねぇ」

「だったらなんで私のことが分かるの?」

「んなの当たり前だろう。俺はワーウルフだ。嗅覚には自信がある。つまりそういうこと」

「どういうこと?」

「あったまかてぇな。全てのものには多少なりとも匂いがある。無臭なんてものはこの世に存在しないんだよ」

「え、でも無臭のものってあるよね……色々と……」

「それは人間が認識できる匂いの範疇から外れているからだろ。匂いっていうのは、揮発性の高い物質が鼻に付着、それが刺激となり、電気信号に変換されて俺たちは認識できるんだよ」

「あ、そういうことね。私たちにはその物質が付着しても何も感じないぐらいの物質だから匂いを感じられないわけだ」

「まぁそういうこった。んで、俺は種族的にも嗅覚がいいほうだから、そこらへんは敏感なわけ。匂いがあれば視覚が使えなくても、ある程度は分かる」

「よくわかったわ。それで、今いるのはポチだけ?」

「んや、二号も引きずってきたぞ」

「…………最低」

「おい、待てコラ!」

 ザブリェットの一言にすごく引っかかるポチ。それも当然だろう。なにせ、ザブリェットの方が殴ったり、蹴っ飛ばしたり、ひどいことをたくさんしているのだ。それなのに、ポチは引きずっただけで最低呼ばわり。ちょっとばかし理不尽だと思ってしまうのも仕方がない。
 まぁでも、ザブリェットが言いたいことはなんとなくわかっている。お前は男なんだからしっかりしろっ的なことだろう、ポチはそう思ったのだが、ザブリェットは全然違うことで「最低」という言葉を口にしたのだ。

「まさか……少女を引きずって喜ぶ趣味があるなんて……まさに狼!」

「ちげぇよ。なに考えているんだよお前は!」

「だって、二号を引きずって、痛みで悶えている姿を見……匂いで感じて喜んでいるんでしょ?」

「あーなるほど、お前が俺をどういうふうに見ているのかわかったよ」

「かわいいペット?」

「俺はペットじゃねぇ!」

「ワンワン」

「くぅ~ん」

「お手」

「ワン! って何やらせやがる!」

「案外ノリがいいわね」

「っけ……んで、これからどうするんだよ」

 そういったポチは二号をザブリェットの近くに投げ捨てた。「痛気持い」とか言っているあたり、二号もこの場所では役にたたないだろう。ザブリェットはなんとなく踏みつけた。一号と二号の悶える声が、真っ暗な場所で響き渡る。その声に合わせるかのように、ギチギチという音が大きくなっていく。

「ねぇ、ポチはここがどこだか分かる?」

「あーそれなら分かるぞ。微かだが、ウラウスの森に生えている月桂樹の匂いとか感じられる。多分、ちゃんと辿りついているぞ」

「え、でもここは真っ暗だよ。なんにも見えないよ。本当にあってんの?」

「そんなの俺にだってわかんねぇよ。それに、この異音、ここで一体何が起こっているんだ」

「うーん、明かりがあれば……あ、そうだ。私には能力があった!」

 ザブリェットはどこからともなく能力ガイドを取り出した。ぶっ飛んだ残念能力がたくさんあるのだ。明かりをつけるの能力の一つぐらいあるだろう、そう思ったのだが……。

「真っ暗だ、全然読めないよ~」

「当たり前だろう、馬鹿かお前は」

「……っけ!」

「うわぁ、感じわる!」

「ポチ、あんたはなんかできないの?」

「俺は元々肉弾戦を得意とする魔族だからな。魔法はあんまり得意じゃない。魔法が得意だって言うなら……二号じゃねぇか?」

「……二号? だれ、それ」

「あんまりですよ、お姉さま!」

 踏みつけられながら怒る二号。でも、声は怒りよりも構ってもらえる嬉しさの方が優っており、なんだかピンク色の危ない何かを感じさせられる。

「まぁでも、お姉さまに頼られることなんてほとんどないので頑張りますよ」

「……そんなことない。私は一号も二号も頼りにしているよ」

「お姉さま……頑張りますよ、一号なんかに負けません」

「わ、私だってなにかできる……」

「一号、黙る!」

「ぐへぇ」

 なにか言いそうになった一号をかなり強めに踏みつけて、二号にお願いという視線を向ける。
 真っ暗な場所であったため、ザブリェットはまったく違う場所を向いていたのだが、それをなぜか期待の眼差しを感じ取れた二号は、張り切って魔法と唱えた。

「いっきますよ~ ぴっかぴっか光れ! 明るいライト!」

 意味不明な呪文? 的なにかを唱え、二号は光の魔法を使った。
 光と言ったら聖なるもの的イメージがあるので、なぜ二号が使えるのか疑問に思うザブリェット。ふと思ったのは、二号がサキュバスであり、性なるものだからなのかもしれない……という馬鹿なことを思いついたが、別に使えるのだから、そういう仕様なのだろうと、ザブリェットは考えるのをやめた。

 二号の手からふわりとした小さな光がたくさん出現する。まるで夜の水辺に蛍が舞っているような、幻想的な光景。
 つい、光を追って、上を見上げたザブリェットとポチ。二号は自慢げに「どうですか!」と言ったが、あまりに綺麗だったため、ザブリェットもポチもうまく感想が出てこない。
 つい「綺麗……」とつぶやくザブリェット。その言葉だけで、二号の喜びは最高潮に達する。
 その光と共に、大きく鳴り響くギチギチとした異音。
 だけど、そんなことは関係ないとばかりに見つめていると、あることに気がついてしまった。
 そう、この音の原因。光が空高く登った先にあったもの。音の原因となるそれを見て、全員が青ざめる。
 激しく気持ち悪いそれは…………真っ暗な空間を埋め尽くすほど大量にある、目。
 ギチギチと密集した何かの目が、一斉にザブリェットたちを睨みつける。

「「「「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」」」」

 ある意味ホラー映像的なそれを見て、ザブリェットたちは思わず叫んでしまうのだった。

「お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く