お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~

日向 葵

第二十話『やってきましたウラウスの森……じゃないってどういうこと』

「というわけで、ウラウスの森にやっていました!」

「「わ~」」パチパチパチ~

 静けさのだたよう森の中。うるさい感じのザブリェットの声と一号と二号の拍手が、森全体に向けて騒音を奏でる。

 あのあと、ポチを起こしたザブリェットは、とりあえず森っぽい場所に向かって歩き続けた。攻撃しすぎたせいか、まともに受け答えができなくなってしまった、半分以上意識がないポチ。これではまともに案内もできない。だけど、このままポチの回復を待っていたら日が暮れてしまう。そうなってしまえば、今日中に木材を手に入れられないだろう。だからこそ、まずはそれっぽいところを目指して歩いた。

 そして、十分そこらで森についてしまったのだ。どうやら結界でもあったようで、魔王城あたりから見た時は何もなかったが、広大がる緑の木々達を見つけた時は心踊りそうになった。
 静かで、心が洗われるように落ち着ける素晴らしい場所だ。それが、あと数分で火の海に変わると考えると、とっても悲しくなる。

 ああ、一体誰がそんなひどいことを……。そう思ったザブリェットの瞳からホロリと涙が流れる。

「どどど、どうしましたの、お姉さま!」

「いいい、いきなり泣いて。痛いところが、ゲフーー」

 泣きながらも二号を殴り飛ばすお姫様。この悲しみは誰にもとめられない。
 八つ当たり気味に二号を殴り続ける。一号が止めようとも無駄だ。こうなったザブリェットを止められるはずがあろうか。いや、そんなこと誰にもできるはずがない。自由気ままに振舞う、それがザブリェットだからだ。

「もうやめてください、ご主人様! 二号が戻れなく快楽に溺れてなりますしまいます!」

「畜生! 誰が森を燃やそうと……それ私だ……畜生!」

「ぐえへぇえぇぇぇぇっぇ」

「二号、しっかりしなさい。ご主人様、そんな理不尽なことでご褒美をあげないでください!」

「この変態、嬉しんだろ、これが欲しかったんだろ!」

「しあわせぇぇぇぇぇえええええ」

 どんどんとカオスな方向に進んでいく三人。二号を殴りつける拳が、次第にリズミカルになっていく。この感じがだんだん楽しいと思えるようになってきたザブリェットは、殴る音でベートーヴェン交響曲第9番の第4楽章で歌われる『歓喜の歌』を再現する。

「あ、なんでしょう。この心から歌いたくなるリズムは……」

 そう言った一号は、手の指を交互に組み、まるで祈るように瞳を閉じる。

Oオー Freundeフローインデ nichtニヒト dieseディーゼ Toneテーネ
 Sondernゾンデルン lastラスト unsウンス angenehmereアーンゲネメレ anstimmenアンシュティメン
 undウント freudenvollereフローイデンフォレレーーーー」

 ハーピィ特有の歌声なのだろうか。ザブリェットの心を揺さぶるほど上手な歌声を一号が見せつける。
 それに対抗するように、それは見事な殴打音を奏でる。腕にスナップを聞かせ、時折ビンタを混ぜる。そうすることで奏でる音に工夫が加えらえれ、より一層表現豊かな演奏になる。
 まぁ、音はバッシーンだとか、ドカ! だが、よく聞くとなんとなく打楽器を思い出させる音だ。
 そんなひどい音なのに、一号の歌声とマッチして、聞き入ってしまうほど素晴らしいものに変わる。

 森に住まう小鳥たちは、木々に止まって演奏を聞いている。
 それだけにとどまらず、狐のような動物、狼のような魔物、様々な生き物たちが集まりだす。
 あまりにも美しい二人に魅了され、気が付けばオーケストラの演奏会だ。
 もう気を失っているポチなんか、動物たちの椅子にされている。
 全ての動物が心安らぐ空間。ただ一つ、この素晴らしい空間を台無しにしているものがあるとすれば……。

「えっへえええええぇっぇぇぇぇぇっぇええ」

 二号の醜い声だろう。
 殴られているのに恍惚とした顔。若干頬を赤く染めて、えへえへと笑っている。誰が見ても変態だと言い切れるだろう。
 それはこの場にいる様々な生き物たちも感じている事。
 だからこそ、瞳を閉じて、一号の声とザブリェットの演奏に集中する。
 二号の声を雑音ノイズだと思えば、なんとなく我慢できる。
 二号なんていないもの、そう考えながらこの美しい演奏を聞き入った。

「う、ううん……」

 椅子ポチが目を覚まし、のそっと起き上がる。上に座っていた生き物たちは、突然動き出した椅子ポチに驚いて、一号の近くに寄った。
 頭に直接響いてくるかのような歌声を間近に聞いてしまった生き物たちは、自身も歌いたくなり、声をあげた。

 謎の音に耳を傾けて、一体何をしているのか確認しようとしたポチ。
 最初に目についたのは、ザブリェットが二号をリズムよく殴りつける姿。
 咄嗟に止めようとすると、次に聞こえてきた一号の歌声。思わず体を硬直させる。美しいは人に大きな影響を与えるものなのだ。

 んで、最後に聞こえてきたのが二号の喘ぎ声。これには歌声に見とれていたポチも興ざめしたように顔を顰める。

「……コイツ、黙らねぇかな」

 そんな願いは叶うはずもなく、演奏は続いていった。


***


「あ、おはよう。ポチ。ウラウスついたよ?」

 演奏が終わったザブリェットは、ポチに『よっ』と手をあげてそう言った。
 その態度に思わず「はぁ」とため息を付くポチ。頭をクシャリとさせて、あたりをもう一度見渡した。

「なぁ姫。ウラウスの森に行きたかったんだよな?」

「うん、そうだけど、ポチが寝てばっかりだから」

「「私たちがいますのに!」」

「一号と二号は頼りないから」

「「いやん……」」

 馬鹿げたことを言う二人をジトーとした目で見つめながら、ザブリェットはポチに愚痴を言う。そんな罵りが嬉しいのか、身を震わせる一号と二号。顔は満面の笑みを浮かべていた。

「ほんと、一号と二号はダメだな」

「何を言うですか!」

「僕たちだって、やればできる子です!」

「はぁ、だったら俺なんかに頼らず、ウラウスの森に行けばいいだろう。そんなこともできねぇのかよ」

「私、方向音痴!」

「僕、亜空間音痴」

「二号、亜空間音痴ってなに?」

「よくぞ聞いてくれました、お姉さま。亜空間音痴っていうのは、僕みたいな亜空間能力者と言われる存在なのに、亜空間に潜ったら道に迷ってしまう事を言うのです」

「あ、方向音痴の亜空間版ね」

「そうとも言います!」

「はぁ、この三人は問題児ばっかりだ!」

 ポチの一言に一斉に振り向く三人。
 こいつは何を言っているんだとう目で睨みつけた。
 この視線だけで人を殺してしまいそうなほどだ。それをなんともないように受け流し、ポチはこう言った。

「ここ、ウラウスの森じゃねぇぞ」

「「「……えっ」」」

 固まる三人。どう見たって森。他にそれっぽいところはない。だったらここがウラウスの森だと思うはず。なのに、ポチはここが違うという。納得がいかない。
 そんな三人に、ポチは丁寧に説明してやる。

「この森は、魔王様の趣味で作られた畑だ。森じゃない。ウラウスの森は、歩いて三日かかる場所にあるんだぞ」

「え、でも、どう見たって森……」

「これ、全部ブロッコリーだ」

「…………」

 ザブリェットは無言で上を見上げた。ぱっと見木に見えるが、よく見るとブロッコリー特有のフラクタル構造をしている。
 いや、別にブロッコリー特有じゃないけど、巨大なブロッコリーを下から見上げるのは始めてなので、そんな感想しか思いつかないザブリェットだった。

「ま、間違いは誰にでもあることだしな。ただ、今日はもう無理」

「……もう一度」

「えっと、今日は無理」

「ちっくしょうぅぅっぅぅぅぅ」

 ザブリェットの悲しい叫びがブロッコリー畑に響き渡るのだった。

「お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く