お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~

日向 葵

第十七話『お部屋改装会議』

「くちゃいのもなくなったので、ちきちき、お部屋改装会議!」

「「「……えっと、どういうこと(だっぺ)」」」

 突然、ザブリェットが宣言した意味不明な会議。それに三人は困惑する。言っている意味は分かる。要はザブリェットの部屋となるこの場所を改装するための計画を練ろうということだ。だが、何故三人も含めて会議する必要があるのかと。そこがわからない。

 ザブリェットの部屋になるのだから好きにすればいいとヘルトは思う。それに一号も二号も、ザブリェットがやると言ったら手伝うのだ。会議をする理由がないのではと三人は思う。

「……なんで変な顔するの。私はただ、魔国領の知識が足りないから、これからしたい改装内容に無理があったら教えて欲しいだけなんだけど」

「え、それだけだっぺか?」

「うん、そう。それに材料の調達ならヘルトに聞けば早いだろうし」

 ザブリェットの言葉を聞いた三人はなぜか安心した。自由を愛するザブリェットが自分の意思を遠ざけて部屋を改装するわけがないと安心する。

「さて、会議を始めるんだけど、私は寝た状態のままでいいよね。動くと体が痛いの」

「そ、それはしょうがないですよ、お姉様」

「そうですよ、ご主人様。ご主人様が元気にならないと部屋はこのままなんですから」

「二人共……ありがと!」

 一号と二号の優しい言葉にちょっぴり嬉しい気持ちになるザブリェット。ひこやかに笑いながらお礼を言う。すると、一号と二号はボンッと顔を赤くさせて固まってしまった。そんな様子を見たヘルトは呆れた。それはザブリェットの笑があまりにもあくどい感じがしたからだ。ニヤリと笑うその顔はどこぞのボスのような雰囲気があり、それに喜ぶ一号と二号は実は相当な大物じゃないかとヘルトは思う。
 こんなジメジメとした汚い牢屋を掃除させられ、何度魔法で攻撃されて、この部屋で倒れてもくじけないその心。将来、きっと大物になるだろうとヘルトは期待し始める。

「お姉様~ぐへへへへへ」

「ご主人様、私は、私ふあぁあぁぁぁぁあ」

 二号はザブリェットの手に頬をこすりつけながら、怪しげな笑みを浮かべていた。その笑顔は女の子が浮かべていいものじゃない、どこぞのやばいストーカーのような笑い方。かなり混沌カオスである。

 それに一号もかなりやばい。手は握っていないが、ザブリェットが寝ている布団に顔を突っ込んでもじもじとしている。「ふわぁ、ふわぁ」と怪しい声を上げるあたり、もうダメなんじゃないのだろうかとヘルトは思う。
 呆れた目で見ていると、ザブリェットに声をかけられた。

「ねえヘルト。この二人……ちょっとどけてくれる?」

「あ、ああ、そうだっぺ。流石に体が痛いちゅうやつにそげなことしたらいかんっぺ。ほれ、一号、二号」

「い、嫌です。お姉様ぁぁぁ」

「ご主人様が遠くに、いや、いやぁぁっぁぁぁ」

 まるで親の離婚が原因で、引き裂かれた姉妹のように泣く一号と二号。どっちかっていうと、車に乗せられて去っていくときに、窓から顔を出して、「やだ~行きたくない、離れたくないよ」と言っている奴だ。でもこれはドラマや漫画の中だけの話で、実際にはあまりいないのが事実なのだが。

 それほど喚く一号と二号をヘルトが抱っこして、少し離れた場所に置く。そして「これでいっぺか?」とザブリェットに聞いたヘルト。コクっと頷いたので、元いた場所に戻る。
 ザブリェットは人差し指をまた向けて、こう言った。

「『ちゃんだ~ぼりゅと』」

「「ぎゃぁぁぁあああっぁああぁぁぁあ」

 ああ、またか。そんな風に思いながら今の光景を眺めるヘルト。こんなにされてもくじけない一号と二号の打たれ強さに感心しながら、早速本題に入る。

「さて、姫さん。一体どんな部屋をすくりたいんだっぺ?」

「う~んとね。超ハイテクなやつ」

「よくわからん。もう少し詳しく教えてくでねぇとわからんだな」

「詳しく……えっと、木造チックな内装で、私はベッドに寝ているだけでご飯の用意とお水を持ってきてくれる機械が存在していてね。いつどこでも好きなときに食べられるように空間系魔法を完備。一日座っていても家のことを全てやってくれる最高の部屋を作りたい……」

「……そで、無理じゃねぇでか」

「……ふぇ」

 満面の笑みで夢を語っていたザブリェット。今世界は科学と魔法の二つが発展したおかしな世界。これぐらいありえるだろうと思っていた。ずっと、中世ヨーロッパ的な雰囲気はデザイン性を注視しているだけで、ハイテクな家なんだろうと思っている。
 現にザブリェットが人間領にいた時の部屋がそういう感じだった。

 食事は決まったもの以外、空間魔法と転移魔法の組み合わせ技術によって作られた魔法陣に一声かけると出てきた。
 体が疲れたが誰もいないとき、「マッサージ」のいうだけで、謎の機械的で触手のような腕があわられ、いい感じに揉んでもらった。一日中座って仕事をしていても大丈夫な環境がそこにはあった。

 きっと技師の人たちと国家魔導師の人たちが共同開発を進めてできたものだとザブリェットは思っている。
 つまりそれと同じレベルのものを作りたい。慣れ親しんだ機能を持つ素晴らしい部屋にしたいとザブリェットは思っていた。

 しかしここは魔国領。そんな都会と一緒にしないで欲しいとヘルトは思う。膨大な畑。豊かな自然。機械的文化はあまり発展せず、自然由来の魔法が主流。農業主体とした生活がここにある。確かに、機械は便利かもしれない。それを発展させてしまうと、せっかくの自然が壊れてしまうことがある。それを恐れた歴代の魔王たちは、魔法を主流として広めたらしい。

 そんな話はどうでもよくて、魔法でできる範囲ならどうにかなるが、機械が関わってくると魔国領での作成は困難である。
 それに、自然を壊しかねないものを作って欲しくないと言う想いがヘルトにはあった。

「姫さん……できれば、機械はやめてほしっぺ。こんな綺麗な自然があるっちゅうのに、それを壊してしまうかもしれないものを、俺たちは受け入れられんだよ」

「そ、それもそうね……でも、あのレベルの快適空間は欲しい……」

 相手の主張を無理やり押し通したいところだが、魔王に救ってもらった恩義がある以上、特攻することはできない。なんだかんだ言ってヘルトのことを気に入っているザブリェットは、どうすればヘルトの要望に応えつつ、自分の理想を叶えられるか考える。

「う~ん、全て魔法でできたらいいんだけど……」

「出来るっぺ」

「……う~ん、魔法でできたらいいな~」

「いや、だからできるっぺよ」

「……えっ」

「だ~か~た、できるっていってるだよ!」

 ヘルトに怒鳴られてちょっぴり凹むザブリェット。やりすぎたかも……と少し俯く。
 そんなザブリェットに対してオロオロするヘルト。
 そんな時に目が覚める一号と二号。

 二人から見た光景は俯いて泣いているザブリェットとやっちまった~的な表情をしているヘルトだった。

「「魔王様のばかやろぉぉぉぉぉぉぉ」」

 自分が部下であることをわすれ、主に手を出す一号と二号。それは愛ゆえの行動。
 心から愛している人が泣かされているのだ。これで動かなければ愛しているとは言えないとでも言うような迫力である。
 直撃したヘルトは三回転半回って綺麗に着地した。
 ザブリェットは「すごい……」と声を漏らし拍手を送る。

「何すんだっぺ。オラが魔王っちゅうことを忘れたんか!」

「そんなのは関係ありません! 大切なご主人様が泣いているんです」

「愛する人のためならば、僕は主でも殴ります。そう……決めたんです」

「かっこよく決めているところ悪いけど、ヘルトは何もしていないよ」

「「……えっ」」

 ザブリェットの言葉にふたりは固まる。「う、嘘ですよね」などと言って来たんので、哀れんだ瞳を向けながら首を横に振った。

「……覚悟は決まったっぺか?」

 深く重たいヘルトの言葉に、錆びた人形のようにぎこちない動きをしながら振り返る一号と二号。激怒魔王を前にして、ふたりは漏らし出す。

「…………くちゃい」

 そんなことをいながら、二人の行く末をザブリェットはニヤリと笑いながら見つめる。

「お仕置きだべ~」

「「ぎゃぁあぁぁああぁぁぁぁぁ」」

 どっかで聞いたことがあるセリフをいうヘルトとヘルトの魔法によって黒い煙を吐きながら崩れ落ちる一号と二号を見ながら「会議が全然進まない……」と愚痴をこぼすのであった。

「お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く