お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~

日向 葵

第十六話『筋肉痛は地味に辛い』

 王国が騒ぎになっていたその頃、囚われの姫、ザブリェットは自分で作ったベッドに横になりながらしくしくと泣いていた。

「……くちゃい」

 そう、ザブリェットの部屋になる予定の牢屋はとっても臭かったのだ。ろくに管理もされてなく、放置されていたのだから当然であろう。そんな部屋を自分で改装できるからという理由で選んだザブリェットもあれかもしれないが……。

 ザブリェットの見立てでは、掃除をすれば筋肉痛で寝込んでいる時は我慢できるだろうと思っていた。それに『破壊デリート』を使えばごみは掃除できる。そのために一号と二号に掃除をさせ、さらに能力を使ったのに、それでも匂いだけは落なかった。鼻をえぐるような気持ち悪い匂いに吐き気がする。

「……くちゃいよ。いちごう……にごう……」

「「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん」」

 ザブリェットの一言で唐突にあわられた一号と二号。その手にはモップとバケツを掴んでおり、鼻は鼻栓をしている。どうやら掃除で呼ばれたと思い込み、急いで駆けつけたようだ。

「さて、どこから掃除をすればいいですか、ご主人様」

「いちごう……きょうはそうじいい」


「ふえ?」

「ばっかだな、一号は。僕はわかっているさ。お姉様は別の要件があって僕らを呼んだんだ」

「その要件てなに?」

「そ、それは……」

 そんなことを言いながら騒ぎ出す二人と匂いにイラっと来たザブリェットは人差し指を二人に向ける。そして、こっそり窓から見ていた国家魔導師達による汎用魔法開発の実験現場で覚えたビリっと来る魔法を唱える。

「『ちゃんだ~ぼりゅと』」

「「ぎゃあああぁぁぁぁぁぁぁっぁぁ」」

 人差し指から放たれた雷は一号に直撃。当然、近くにいた二号も雷に巻き込まれ、体をビクンビクンさせながら不思議な踊りを踊った。
 そして、二人は崩れ落ちる。そう、とっても臭い地面に……。
 イケメンと女の子に厳しいザブリェットは「ざまぁ」とケタケタ笑うのだが、やぱり匂いがきついようで、直ぐに表情が歪む。
 これは、一刻も早くこの部屋をどうにかしなければいけないが、筋肉痛で動けない。仕方ないから今のうちにどうやって改装するべきか考えることにした。

「一号、木材まだある?」

「えっと、木材ですか? すいません。このベッドのために渡した分で尽きてしまいました」

 ザブリェットは「ふむ」といって頷く。木材がなくなったということは取りに行かなければならない。そういえば、ヘルトがウラウスの森に行けば木材が手に入ると言っていたな~と思い出す。とりあえず、情報収集か……と考えたところで誰かがやってきた。

「お~姫さん。大丈夫だっぺか。果物持ってきたど」

 ヘルトがカゴにいっぱいの果物を入れてやってきた。正直、この匂いのせいで食欲がないザブリェットは渋い顔をする。ヘルトもこの匂いが相当なものだとわかったらしく、入って来てすぐに固まった。

「こ、これは相当な匂いだっぺ。こりゃ魔法でも使わんときついんだな」

 ヘルトの手元に魔法陣が構築される。その上にりんごのような果物を乗っけると、サラサラっした感じに消えていった。するとどうだろうか。今まできつかった匂いがりんごのような匂いに書き変わっていくではないか。
 思わずほころんでしまうザブリェット。
 そして、『ちゃんだ~ぼりゅと』のダメージから回復した一号と二号は、いい香りにほころんだあと、魔王に気がついて土下座した。

「ままま、魔王様! 申し訳ございません!」

「ぼ、僕たちが不甲斐ないばかりにお手数おかけして……」

 おそらくぬめりがひどいであろう地面に額をこすりつけるふたりを見て、ザブリェットはよくやるとっといった感じで見つめていた。ヘルトもまさか土下座されるとは思っていなく、オロオロとうろたえる。
 「とりあえず、みんなで果物食べるっぺ」と言って、ヘルトはナイフを取り出した。
 それを一号と二号はつかさず奪う。

「皮むきぐらい私たちがやります。ご主人様のために、ご主人様のために!
 大事なことなのでもう一度言います。ご主人様のために!」

「一号、しつこい。それに僕だってそれぐらいできる。お姉さまのために、魔王様のために!」

 一本のナイフを取り合うふたり。正直危ない。
 見かねたザブリェットは人差し指をまた向ける。

「『ちゃんだ~ぼりゅと』」

「「ご褒美!」」

 この二人は真正の変態のようだ。ザブリェットの攻撃を受けて、嬉しそうに笑いながら崩れる二人。そんな光景にヘルトは「はぁ」とため息を吐く。

「姫さん。このふたりをあんまりいじめんでくれ」

「でも、この二人喜んでいるよ?」

「え、そんなわけなか!」

 そう言って、視線を一号と二号に向けるヘルト。その目に写ったのは「うへうへ」と笑いながら地面で悶えているハーピィとサキュバスの姿。あまりにもひどい。

「ま、まあ見なかったことにするっぺ。それよりほれ、いいから食ってみ」

 ヘルトが投げたリンゴのようなものをキャッチしたザブリェット。体を動かしたことで体に痛みが駆け巡る。全身筋肉痛のものに果物キャッチはメチャ辛い。
 うう、ヘルトは私をいじめる気なんだ。
 そう思ったザブリェットの瞳に涙が浮かぶ。
 でも、貰い物だから食べないとという気持ちで、痛みを我慢してリンゴのような果物に口をつけた。

 一口かじっただけで溢れる果汁。熟した桃のように柔らかいのにリンゴのようなさっぱりとした甘さが口いっぱいに広がる。
 体の痛みなんか忘れ、一心不乱に食べるザブリェットは食べながら「うまい」とつい言ってしまった。その言葉を聞いたヘルトが嬉しそうに頬を緩める。

 ヘルトが農業にはまった理由、それは誰かに食べてもらい、喜んでもらえるからだ。「美味しい」といって食べる姿、それが農業を営むものにとって最高の幸せ。本当に美味しそうに食べるザブリェットを見たら、嬉しさが顔に出てしまうのも無理はないだろう。

「そっかそっか、そんなにうまいっぺか。オラが作った果物をたくさん持ってきたっぺ。ゆっくり食べや。逃げたりせんから」

「うん……ところで、この果物はなんて名前なの?」

「おお、それはすまんかったな。それを説明するん忘れてたな。それは『モモリン』っちゅうオラが作った果物だっぺ。リンゴのようなさっぱりした感じと桃のようなやわらかさが特徴の一品ださ。リンゴが硬い、桃は甘すぎっちゅう要望に応えて作ってみたさ。うんめぇだろ?」

「うん、美味しい! まだいっぱいあるんでしょ。私、いろいろ食べてみたい!」

 この時、ザブリェットの中にひとつの感情が湧き上がった。農業いいなと。
 農業のスペシャリストである魔王ヘルトに教えてもらいながら、自分の好きな味を追求するのも面白そうだと思った。だけど、それよりも前に、この部屋をどうにかしなければならない。くっさいこの部屋のまま異世界を自由に生きるなど不可能なのだ。まずは自分が住む場所をしっかりさせる、それができて初めて自由気ままに異世界生活を送ることが出来るのだとザブリェットは思った。
 だからこそ、即効で部屋をきれいにしよう。そして、ヘルトのように、自分の好きに正直に生きて人生を謳歌するんだとザブリェットは心に決めるのだった。

「お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く