お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~

日向 葵

第十五話『王国の動き』

 ザブリェットが誘拐された次の日。ウンゲテューム王国では大きな騒ぎとなっていた。
 国王が愛してやまない娘のひとりが突然いなくなったのだ。


「まだか、まだ見つからないのか!」

 国王でありザブリェットの父であるヴォルガー・フォン・ウンゲテュームは声を荒げて怒鳴り散らしていた。
 その声に従い、兵士たちが慌ただしく動き出す。
 ヴォルガーも内心焦っていた。大切にしている娘がまたいなくなったのだ。もう二度と家出なんてしないように、危険な目に合わないように祝福を与えたというのに。
 疲れきってしまったヴォルガーはゆっくりと玉座に座る。

「はぁ、何故じゃ。なぜまたいなくなる……」

 深くため息をついて項垂れる国王。もしその姿を国民が見たら不安がってしまうだろう。

 ザブリェットの父親であるヴォルガーは、別にザブリェットを嫌っているわけではない。むしろ娘の中で一番気に入っているのはザブリェットなのだ。ただ、ほかの者達から見れば、無理やり監禁して仕事を与え続け姿が嫌っているようにしか見えない。大臣以外のほかの貴族たちはそう思っている。
 でも、本当は娘を愛していた。だったらなぜ厳しくするのか。それはヴォルガーがいち早くザブリェットの才能を見抜いたことが原因である。
 幼少期から子供とは思えない言動が見られた娘にとてつもない才能があると感じたヴォルガーは、いつしか国をザブリェットに任せたいと思うようになった。そのための教育の一環として仕事を与えて見たのだ。するとどうだろうか。思ったとおりに素早く仕事をこなし、みるみる国が豊かになっていくではないか。
 やはり、間違いじゃなかったと感心したヴォルガーは多大な期待をザブリェットに向けるようになる。だが、親として、国王として、国を任せられるように育てるには厳しくしなければならない。だからこそ、ザブリェットには優しさを見せず、自分の背中を見て欲しいという一心でやってきた。

 その時に起こった家出事件。

 ヴォルガーはとてつもない取り乱し方をした。そして、大臣に相談したのだ。
 もしかしたら教育の仕方が間違っていたのかと。その時、大臣はこう言った。

「国王様、貴方は間違っておりません。ザブリェット姫が逃げたのは、子供特有のものでしょう。ですから、逃げられないように祝福を与えるといいでしょう。そうすれば、きっとわかってくれますよ」

 その言葉を信じた国王は、帰ってきザブリェットに祝福をかける。いつかわかってくれると、この国のために尽くしてくれるようになると信じて。
 だけどまたいなくなった。心に大きな穴が開いた気分になる。
 逃げられないようにしたのに、一体どうしてと。

「大臣、どうして……どうしてザブリェットはいなくなってしまったのだ」

「まだわかりません。ですが、祝福がある以上、普通に逃げられるわけがありません。きっと何者かの陰謀があるのでしょう」

「……ザブリェットは、わしが嫌いになって家出したわけではないのだな。期待をかけすぎて、厳しくしてしまったせいで逃げたわけでは……ないのだな」

「それは当たり前にございます。あの幼さで公務に触れるなど普通ありません。国王様が期待している事は伝わっています。子が親を嫌うなどあるはずがありませんじゃないですか」

 そう、にこやかに宣言する大臣。実は内心慌てていた。
 国王の教育方針は間違っている。そのことをわかった上で、国王に間違っていないと言い続けるには理由があった。

 それは豊かに素晴らしい人生を送ること。

 そのために人脈を広げ、国に尽くすような振る舞いをし、大臣という座に付いた。だけどまだ足りない。もっと豊かに、もっと自由に、素晴らしい人生を送りたい。
 そのためには国自体を豊かにしなければならない。そこで目に付いたのがザブリェットだった。
 大臣もザブリェットの才能に惹かれた一人だ。
 でも、まだ幼いザブリェット。一体どうやって利用すればいいか考えていたときに、国王や周りが才能に気がついたことを知る。
 国王の、ザブリェットに国を任せたい……その想いを利用したのだ。

 だが、家出したのは誤算だった。幼い少女がそこまでの行動力を持っているなど、思いもしない。仮にも一国のお姫様だ。それでもザブリェットは家出した。二度とそうさせないための祝福だった。なのにまた……。
 これで本当に逃げられてしまったら、そうなると計画が全てダメになる。

 想いは違えど、国王も大臣も慌てていること違いはない。
 一刻も早く、いなくなった原因を突き止めないと……。二人して暗い顔をしながら話していると、ひとりの若い兵士がやってくる。

「しつれいします、ご報告に参りました」

「わかった、話せ」

 ヴォルガーがそう言うと、緊張した表情をしながらザブリェットに関する調査報告をし始めた。

「国家魔導師による部屋の調査を行ったところ、魔導師の方でも解析不能な強力な魔法の痕跡を見つけました。また、一通の手紙を部屋から発見。内容は『姫は我らがいただいた。我ら魔国の大地を踏みにじった代償だと思え』とのことです」

 その言葉に、ヴォルガーと大臣が唖然とする。ザブリェットがいなくなった原因は魔国領のものが誘拐したからだ。
 しかも誰にもばれずに行うなど只者ではない。それこそ魔王と呼ばれるような強力なものでないと不可能だ。

 そして、現在は人間領と魔国領は対立している。人間以外を認めない人間領と人外が多く生息する魔国領では馬が合わない。

 だからお互い干渉せずにいた。だけど状況が変わる。日々魔物に怯える国民。その魔物たちは意思を持たないが大抵魔国領から流れて来ている。野生の動物のようなものであるが、それで苦しんでいるものがいるのは事実。
 国のためにと思い、魔国領の襲撃を命じたのだが、まさかこのような形で襲って来るとは思わなかった。

「……人外どもめ。わしの可愛いザブリェットを誘拐するなど……許せん……」

「国王様、わたしも同じ想いです。これはゆるされる事態ではありません。我々に魔物を嗾けて、その上ザブリェット姫を人質に取るなど、許せるものではありません」

「そうだな、よし、そこの兵士よ」

「はっ」

「教会に行き、勇者を呼んで参れ。わが娘、ザブリェットが魔王に誘拐されたとなれば、人間領の守り手である勇者も動いてくれるはずだ」

「了解しました。直ぐに連れてまいります」

 そして、兵士は駆け出した。それを見送る国王と大臣は、ザブリェットの安否を祈りつつ、勇者が来るのを待つのであった。


***


 兵士が勇者を呼びに行って三時間ぐらいがたっただろうか。
 兵士は勇者ザブルグを連れてきた。かつてザブリェット姫家出騒動の時、聖剣で地龍からザブリェットを守った少年。キラリとした輝かしいオーラを放ちながら、ゆっくりと国王に近づき、頭を下げる。

「教会より勇者の称号を頂いております、ザブルグと申します。緊急事態ということでこの場に馳せ参じました。国王様、魔王が姫様を誘拐したとは本当なのでしょうか」

 爽やかな表情の裏に何かが潜んでいそうな雰囲気が漂う。絶対的自信、そこからでる自分ならなんでも許されてしまうという感じがヴォルガーの不安を駆り立てる。だが、魔国領、しかも魔王に対抗できるものなど勇者と呼ばれる者以外にいない。
 本当に任せていいのかという不安を振りほどき、ヴォルガーは勇者ザブルグを見つめてこう言った。

「ああ、わしの可愛い娘、ザブリェットが魔王に誘拐されてしまった。お主にはザブリェットを助けてやってほしい」

 ヴォルガーの言葉にザブルグがニヤリと笑う。こんなところでチャンスが来たのだと心の中で悪徳笑っていた。
 ザブルグは勇者になる前からちやほやとされていた。そのかっこいい外見から女は自然と寄り付き、力強さから周りの人にしたわれる。それに加えて教会から勇者と呼ばれる存在であると言われたことで、全てが思い通りに動く世界になった。だけどただ一つ、思い通りにならないものがある。それがザブリェットだった。初めて出会った時、いきなり嫌悪感丸出しな接し方をされたのは初めてだった。自分によってこない女がいるのかと内心驚いていたほど。
 それからザブリェットが気になって仕方がなかった。ヴォルガーに監禁されて、なかなか会うことができない。初めて、手の届かない存在に出会った気がした。
 半ば諦めかけていた時、魔王に誘拐された事件が起こったのだ。
 きっと救い出せる。そう信じてヴォルガーの言葉に頷いた。

「この勇者ザブルグが悪しき魔王から必ず救ってみせましょう。ただ……」

「ただ、どうしたのかね」

「一つお願いがございます。僕とザブリェット姫の出会いの場を設けていただけないでしょうか」

 ヴォルガーの額に青筋が浮かぶ。ブチギレる寸前。娘を愛してやまない父親に言ってはいけない言葉を言ってしまったのだ。それが分かっても尚、ザブルグは止まらない。

「僕はずっと気になっていたんです。ザブリェット姫は素晴らしい才能があり、素敵な方なんだろうと、ずっと思っておりました。でも、僕には手が届かないどころか会うことすらできない高嶺の花。しかし僕にもチャンスがやってきました。憧れのザブリェット姫にお会いして、知り合いになるチャンスなんです。お願いします」

「う、うむ……」

 さて、どうしたものかとヴォルガーは頭を悩ませた。でも、娘を救う手段としてはこれしかない。それに、結婚を申し込まれたわけではないのだと言い聞かせ、勇者の言ったことを了承する。

「よかろう、無事に連れ帰った暁には、ザブリェットとの茶会の用意をしよう」

「あ、ありがとうございます。では、私は魔国領に行ってまいります」

 こうして、勇者ザブルグは魔国領に向かう。
 去っていく後ろ姿を見つめながら、ヴォルガーは「たのむ」と小さくつぶやくのだった。

「お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く