お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~

日向 葵

第十一話『イケメンには鉄槌を』

 ザブリェットはすぐさま立ち上がり、亡霊神父に殴りかかる。
 ザブリェットはイケメンである亡霊神父を敵視していた。どう見たってちゃらそう。絶対遊んでいる。女の敵。コイツは殺すべし。

 なぜか脳内に流れる謎のアナウンス。ザブリェットはそれに従い、勢いよく拳を振りかぶった。
 そして、当たるはずだった拳は亡霊神父の体を通り過ぎ、殺しきれなかった勢いに引っ張られてザブリェットは地面を転げまわる。

「うう……擦りむいた」

 たらりと流れる血。ひどくはないが、ちょっとした痛みを感じる。目頭に涙が溜まってしまうのは、条件反射なんだからね、と一体誰に言っているのかわからない言い訳を心の中でして、その場でうずくまる。

「ちくしょう! 全部イケメンのせいだ!」

「えぇ! 私のせいですか!」

 突然睨まれたイケメンの亡霊神父はうろたえながらも、そっと、ザブリェットの傷口に手を翳す。

「ヒール」

「……っち」

「なんで舌打ち!」

 突然、回復魔法を唱えた亡霊神父。人間領からわざわざやってきたお姫様が怪我をしたのだ。当然の対応だといえよう。
 ただ、イケメンを毛嫌いするザブリェトだったのがいけなかった。

「神聖な私の体に汚れたイケメンの回復魔法をかけるなんて……。私を呪うつもりね!」

「な、何を言っているんですか、あなた!」

「私は亡霊神父にテディベアを復活してもらわなければいけないの。イケメンは死すべし」

 このイケメンが亡霊神父であることに気がついていないザブリェットは、イケメンを消し去ることで頭がいっぱいだった。
 だが、先ほど殴った時は、体を通り抜けている。その原因について、ザブリェットは直感的に理解していた。先ほど通り過ぎてしまったのは、生身で殴ったからだと。だからザブリェットは拳に魔力を貯めた。
 姿勢を低く構え、獲物を見つけたチーターの如く狙いを定めて走った。
 目指すはイケメン野郎。クソッタレな男を無に帰すために。

「必殺、ゴォォォォットブローォォォォォォォォォ」

「わわわ、私が亡霊神父ですぅぅぅぅぅぅぅ」

 ザブリェットが全体重を乗せながら、『強化ブースト』にものをいわせて放った必殺技、ゴットブローは亡霊神父の顔一ミクロン手前で止まる。今の叫びでこのイケメンが亡霊神父であることに気がついたザブリェットは、顔を消し去る一歩手前でとどまることができたのだ。これから大量の仕事を押し付けるつもりの人物を殺してしまっては本末転倒だろう。だからこそ、ギリギリで止めることが出来たが、魔力と風圧は止まらずに亡霊神父に襲いかかる。
 直撃した亡霊神父は三回転半宙を舞い、顔から地面に激突した。
 本来ならゴースト系である亡霊神父は壁抜けができるであろう。だが、襲った魔力が床の通り抜けを邪魔した。
 亡霊神父はかっこいい顔を鼻から出た赤い血で染めた。
 それを見たザブリェットはピクっと反応する。

 疼くカラダを抑えようとしたが、別に自由気ままにすればいいと思い直したので、ザブリェットは亡霊神父に近寄る。

「わ、私を助けぐげぇえええ」

「うわ、本当に血だ。幽霊みたいなのに、どうなっているんだろう」

「痛いから、ちょ、そこさわ、ぐげぇぇえええぇえ」

 亡霊神父の鼻をいじくりまわすと、ブシュっと音を立てて血が溢れる。
 おそらく折れているであろう鼻だが、幽霊なんだから、骨があるはずない。だけど魔力をまとって触った感じ、しっかりと骨があるような感触があった。
 幽霊とは一体何だろうか。
 ザブリェットは頭を悩ませる。

「うーん、君の体はどうなっているの」

「その前に痛いからやめてくれぇぇぇぇぇ」

「嫌だ。君の体に興味がある」

 鼻息を荒くして少し興奮気味、頬を赤くしながら亡霊神父に馬乗り状態のお姫様は、幽霊の不思議に興味を持った。
 体のあちこちを魔力の有り無しを切り替えながら触っていく。
 楽しげに、幽霊とは何かを考察しているとボトリと何かが落ちる音がした。

「ん、なにってあー、やっと来たよ」

「「ななな、何をやっているんですか! 亡霊神父様!」」

 熊肉もといいテディベアを運んできた一号と二号はザブリェットに馬乗りにされている亡霊神父の姿をみて驚愕した。愛しの人が男になにかしているのだ。
 ザブリェットから何かするはずがないと言う謎の確信を持っている一号と二号は、亡霊神父がいけないと言う結論に至った。
 きっと亡霊神父が、そのイケメン力でザブリェットをそそのかして、馬乗りをさせているに違いない。とんだ変態野郎だ。ぶちのめそう。
 そうと決まったら行動は早かった。魔力をまとった一号のカギ爪が亡霊神父のカラダを切り裂く。血しぶきが馬乗り状態のザブリェットにかからないのは、愛ゆえのなにかだろう。
 痛みで悶えている隙を見て、二号がザブリェットを回収。

「変態、変態、変態! エリアボスだからって、何をやってもいいってわけじゃないんですからね」

「そうですよ、イケメンだからって、お姉様を汚そうとするなんて……」

「ちょ、お前たち、一体何を……」

「「汚らわしい変態が近寄るんじゃねぇ!」」

 女の敵認定された亡霊神父は一号と二号に責められる。確かに、傍から見たらいかがわしいことをしていそうだったが、それは違うと弁解しようにも、話を聞いてくれない。
 このままでは変態神父にジョブチェンチしてしまうと恐れた亡霊神父は、とても綺麗な土下座を披露した。この時、亡霊神父の頭が見えたのだが、サラサラっと髪が飛んでいき、十円ハゲが突如として現れる。きっと、この状況に過度なストレスを感じ、心優しい亡霊神父が耐えられなくなっているのだ。
 それがチャンスだと思ったザブリェットは、ニヤリと笑ってこう言った。

「ねぇ……このこと……黙っていて欲しいでしょう?」

「黙っていてくれるんですか!」

 まるで痴漢の冤罪をかけられた弱気な男の子状態の亡霊神父をあくどい顔で見つめ、ほくそ笑んでいるザブリェット。でも、ストレスから禿げ始めている亡霊神父からしてみれば、女神のような人に見えたのだろう。
 ザブリェットはそんな亡霊神父の心境を計算に入れているのだ。知恵が回るバカほどめんどくさいものはいない、というのはこのことだろう。
 ザブリェットは大量に山積みされている熊肉もといいテディベアの死体を指さした。

「これ……お願いできるかしら」

「これは一体……」

「テディベア。呪っ……、鋏で殺されたい病に犯されたの。私が近くにいるとメンドくさいから、復活しておいて」

「呪っ……? まぁいいでしょう。それなら、この私に任せてくれ!
 地下神殿のエリアボスにして、魔国領の回復マスターであるこの私に任せてくれたらすぐ終わるよ。
 どれどれ……なんと、綺麗に殺されているじゃないか!」

 一応復活のことを考えて綺麗に殺してある。人間領の常識から考えれば、綺麗に殺さないと復活できない。まぁ、ザブリェットの見知らぬ能力を活用すればなんとかなる気はするが。だけど、めんどくさがりなザブリェットがそんなことをするはずがない。
 そんなやる気のないザブリェットも、亡霊神父の物言いにちょっとだけ気になることがあった。

「ねぇ、亡霊神父」

「どうしたんですか、姫!」

「姫……あんたが言うと気持ち悪い。でもまあいいや。死者蘇生ってどのぐらいの損傷まで許されるの?」

「関係ないですよ」

「……はぁ?」

「なんとなくわかりますよ。人間領では損傷が少なくないと蘇生できないんですよね?」

「うん、そうだよ」

「それは初級のリザレクションです。比較的簡単で、制限が強く、効率の悪い復活魔法ですね。人間でしたらここが限界かもしれませんが、私はその先を行ったものですので。ヨタリザレクションなら制限関係なく復活できますよ」

「お~すごい。制限って本当にないの?」

「実は……少しありますね。大量の死体を一変に蘇生させると、時々混ざります。それぐらいでしょうか」

「いや……混ぜちゃダメだと思うんだけど……」

「大丈夫です、戻せますから」

 キリッと決め顔をする亡霊神父。ちょっとうざいと思いながらも、ザブリェットは亡霊神父にテディベアの蘇生をお願いした。

 地下神殿での要件を済ませたザブリェットは一号と二号を引き連れて、その場を出ようとする。
 出口に向かって3歩ほど歩いたところで、もう一つ聞きたいことがあったのを思い出した。

「ねぇ、亡霊神父」

「あれ、まだ行っていなかったのか。どうしたんですか、姫」

「布リアンってどこにいるか知っている?」

「ああ、それなら、固有結界『布の世界』にいるよ」

「それってどこにあるの?」

「さあ、あれは移動する結界だから。長年魔国領に住まう謎結界だからね。私の考えでは、いまは魔王城の入口付近にいるんじゃないかな?」

「どうしてそんなことが分かるの?」

「行動パターンの予測……って言えたらかっこよかったんだけどね。姫が魔王城に来るからってことで、掃除をしているんだよ。布が大量にあったほうがいいでしょう?」

「確かに……情報提供感謝」

 ザブリェットは亡霊神父に敬礼をして、地下神殿を後にした。目指す場所は『布の世界』。筋肉痛でも安眠できる新品ベッドを作るために、ザブリェットは布を目指す。

「お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く