お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~

日向 葵

第十話『地下神殿の亡霊神父』

「ここが亡霊神父さまがいる地下神殿ですよ、お姉さま!」

 二号が案内した場所は薄暗い地下神殿。クモの巣が張っていたりして、いかにもなにか出そうな雰囲気があった。
 ザブリェットはあたりを見回すと、フッと青い火の玉が通り過ぎて、パッと消える。

「……糸どこ?」

 今ではなかなか見かけない、昔ながらの火の玉なアレだと思ったザブリェットは、気がついたら握らされていた二号の手を近くの壁に叩きつけ、火の玉を追う。

「いったぁ~い。お姉さま、待ってください、ぐへぇ」

「……ぶりっ子うぜぇ」

 可愛らしく媚を売る頭のおかしい女が大っきらいなザブリェットは二号のもとに戻ってきて、顔に蹴りを入れる。
 前世の記憶。天恋が歩いている時によそ見をしていたぶりっ子と肩をぶつけたことがあった。今の二号と同じよに「いったぁ~い」とかなめくさったことを言っていたので「……ちょっとぶつかっただけじゃない。気持ち悪い」と言って、ぶつかった肩を手で払った。すると、ブロッコリー女子……じゃなくって、ぶりっ子な女の子は天恋の興味のないものに向ける冷めた目にビビリ、泣きながら逃げてしまう。

 次の日、ぶりっ子が女子のグループから文句を言われた。「あなた、気持ち悪いのよ」、「あんたがこの子を泣かせたんでしょ。謝りなさいよ」などと誹謗中傷をたくさん言われる。
 イラッときた天恋は、ぶりっ子女子の襟首を掴みとり、その時ハマっていたスライム(食用)を口の中に流し込んだ。泣きながら「ごぼごぼ」言っていたぶりっ子な女の子は、次第に動きが弱くなり、ぐったりとしてしまう。
 それを見たほかの女子たちは「人殺し~」と叫んで出て行ってしまったけど、ぶっちゃけ、このぶりっ子は気絶もなんにもしていない。
 口元をもごもごさせて、何やら輝いた目で天恋を見つめている。
 もう一つの食用スライムを出してやると、ぶりっ子な女の子はスライムに釘付け。相当美味しかったようで、ペットに餌を与える感覚で、プレゼントした。
 そしたらなんと、ぶりっ子な女の子は天恋のストーカーになってしまったのだ。蹴っても嬲っても、全裸でトイレに放置しても、炙っても、ミミズのツボに浸からせても、恥ずかしい写真を晒しても、まるで気にしない。最終的には警察が出てくる始末。
 どうやら天恋が作った食用スライムは依存性みたいなのがあったようで、大変な事件となった。

 つまり、その記憶を持つザブリェットはぶりっ子が大っきらいなのだ。イケメンと次に嫌いなものといえば、絶対にぶりっ子と言うぐらいに嫌い。だから蹴りを入れる。
 それでもめげない二号は、痛みに軋む体を動かして、なんとかザブリェットのそばに行こうとする。

「ねぇ、なんでこんなところにいるの? 案内が終わったんだから、一号を手伝ったら?」

「え、なんでですか! 僕をそばに置いてくれるんじゃ……」

「嫌だ! お前気持ち悪い!」

「ガーン……、僕の……どこがいけないのでしょうか、お姉さま」

「うーん、存在?」

「うわ~ん、僕は善良になって、サキュバスを卒業してやるぅぅうぅぅうううぅぅぅ」

 二号は涙を流し、逃げるようにして走っていった。それにしても、善良になってサキュバスを卒業とはなんなのか。悪魔ってそういうもなのかと、謎をたくさん残してくれたので、二号の背中を見送っているザブリェットは少しだけ機嫌を治す。
 そんなことはつゆ知らず、腕で涙をぬぐいながら走る二号。この地下神殿には、広い地下空間を支えるための大きな柱がいくつもある。

「ぶへぇ!」

 前を見ていなかった二号は、その一つに顔からぶつかった。あまりの勢いにぶつけた顔を抑えて転げまわる。

「ねぇ、二号……大丈夫?」

 流石に見かねたザブリェット。雑には扱うものの、まだ利用価値があるために、優しい一面も見せないと思い、近くによって声をかけた。
 それに感激した二号は目を輝かせながら「お姉さま……」などとつぶやいた。

(この子……本当に気持ち悪いな。あれかな、サキュバスだから?)

 サキュバスに偏見を持ち始めたザブリェット。冷めた目だとまた逃げられるので、慈悲深い雰囲気を意識して優しく微笑んだ。

「私は亡霊神父に話を通しておくわ。だから貴方は一号のもとに行って頂戴。別にあなたが嫌いじゃないの。でも、一号だけに押し付けるのはかわいそうでしょう?」

 優しげな声に二号は感動する。そして、自分勝手だったことを悔やんで涙を流す。

「ごめんなさい、お姉さま。僕は本当に自分勝手でダメなサキュバスですね。
 でも、お姉さまの言葉で目が覚めました。一号も僕と同じ、お姉様を愛する者。互いに協力して支えてこそなのですね」

「あ、うん……」

 予想外に感動されてしまったザブリェットの額に汗が垂れる。
 どうしてこんなに感動しているんだろうと、心の中で問い続けるが、答えがでない。
 きっと二号には二号なりの考えがあるんだろうと、ザブリェットは納得する。
 そして、微笑んで地下神殿の入口を指さした。

「さぁ行ってらっしゃい。一号が待っているわ」

「あいあいさー」

 二号は脱兎の如く言ってしまう。姿が見えなくなると、ザブリェットは再び火の玉をさがす。
 正直、あれで遊びたい衝動のせいか、右腕が若干疼いている。だけど、今日寝るためのベッドをどうにかするために、ザブリェットは動かなければいけないのだ。そう……カビの生えたベッドで寝ないために!

 だけど欲望には抗えないザブリェット。亡霊神父に会うことを忘れて、火の玉探しに没頭する。
 キョロキョロと探し回っても、火の玉などどこにもない、寂しい空間が広がるだけ。

「もう! どこいったのよ。あのひ……のた…………ま?」

 目の前をふよふよと浮かぶ火の玉が目の前を通り過ぎる。そして、ちょっと距離が離れたところで止まった。まるであとについて来いと言っているかのようで……。

「……捕まえる?」

 やっぱりザブリェットは馬鹿だった。この地下神殿を維持するための柱に手を当てて、『創造クリエイト』を発動する。ちなみに、余ってしまうほど大量のテディベアの毛皮の一枚も材料に使用する。
 完成したのは虫取り網。取っ手部分は柱を材料に石造り。テディベアのふわふわの毛皮から網を作成した、鈍器のような虫取り網。
 ザブリェットはそれを振り回しながら火の玉を追いかける。ちなみにいらないものは『時空庫ウムツァイト・ラーガー』にぶち込んであるので問題ない。

 まるでおいしいお菓子でも見つけたかのような笑顔になりながら、火の玉を追いかける。
 当然火の玉は逃げるわけだが、地下神殿の一番奥に到着したところで、スーっと消えてしまった。

「おもしろどこ!」

 ザブリェットはキョロキョロとあたりを見渡す。だけど不気味な雰囲気を漂わせた地下神殿の中には誰もいない。ただ、よくわからない祭壇がポツンとるだけの静かな場所。一人、取り残されたようで、少しばかし寂しくなる。

 ザブリェトは虫取り網を女神の祝福で唯一使えるかもしれない能力『時空庫ウムツァイト・ラーガー』に放り込んで、その場で体育座りをした。

「はぁ……一号と二号……まだかな……」

 多分熊肉じゃなくて、テディベアに苦戦しているであろう二人。早く来てとザブリェットは心の中で願う。

〈ふふふ、可愛らしいお嬢さんですね〉

「……ん?」

 突然、頭の中に直接声が響いてくる感じがした。びっくりしたザブリェットは立ち上がり、周りを見渡すが誰もいない。
 気のせいかと思い、「はぁ」とため息を吐いて、再び座り込もうとした次の瞬間、突然祭壇が光りだした。

 まるで、祝福がそこに降り注いでいるようで、あたりを照らし光が踊る。目を凝らしてみると、ほとんどが火の玉……ではなく、ゴースト系の魔物だった。
 その魔物たちはまるで王様がきたかのように頭を下げる。ザブリェットはその中心となっている場所に視線を向けた。

 すると、そこから一人の青年が現れる。姿はうっすらと透けており、ゴーストっぽい雰囲気。しかし注目すべきはそこではない。とてつもないイケメンなのだ。イケてる面の方のイケメンだ。雰囲気だけなら、心も素晴らしいだろうと思わせる。

 スラっとした背丈と体格、髪はちょっと短めな黒髪だけど、某ゲームの神父がかぶっているような長い帽子をかぶっている。
 ちょっとかわいい系の顔立ちだが、きっと普通の女性なら一目惚れするだろう。
 そんなゴーストっぽい超イケメンは、ザブリェットに優しく声をかけた。

「私はこの神殿のエリアボス、魔国領では魔王様直属の幹部を努めております、亡霊神父と申します。お嬢さん、どうしましたか」



「お姫様は自由気ままに過ごしたい ~理想的な異世界ライフを送るための能力活用法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く